広瀬哲朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
広瀬 哲朗
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県静岡市清水区(旧:蒲原町
生年月日 (1961-01-23) 1961年1月23日(57歳)
身長
体重
176 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手二塁手三塁手
プロ入り 1985年 ドラフト1位
初出場 1986年4月9日
最終出場 1997年10月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

広瀬 哲朗(ひろせ てつろう、1961年1月23日 - )は、静岡県出身の元プロ野球選手内野手)。野球解説者タレント野球日本女子代表の監督、顧問も務める。

経歴[ソースを編集]

静岡県立富士宮北高校から駒澤大学に進学。同野球部では東都大学リーグ1980年春季リーグに優勝。同年の全日本大学野球選手権大会では決勝で明治大に敗れ準優勝。1982年日米大学野球選手権大会日本代表にも選ばれる。リーグ通算99試合出場、352打数100安打、打率.284、2本塁打、32打点。ベストナイン(遊撃手)4回。大学同期に近藤満、1年下に二遊間を組んだ白井一幸がいる。

1982年のプロ野球ドラフト会議ヤクルトスワローズから4位で指名されたが拒否。本田技研工業に就職し同野球部で活動。1984年から2年連続で都市対抗に出場。1985年社会人野球日本選手権大会では伊東昭光の好投もあって初優勝、同大会の優秀選手賞を獲得する。同年の第7回IBAFインターコンチネンタルカップ日本代表となり、社会人ベストナイン(遊撃手)にも選出されている。なお駒大から本田技研に移る段階では卒業単位を満たしていなかったが、本田技研時代に単位を取得し、卒業している。

その後、1985年のプロ野球ドラフト会議日本ハムファイターズに1位指名[注 1]され入団した。

入団当初から守備力があり、1986年ジュニアオールスターゲームMVPを獲得したが、打撃が弱く、一軍への定着は遅かった。1989年近藤貞雄が監督に就任すると重宝され、バント要員、守備固め、代走での出場を主として頻繁に起用されるようになった。1993年大沢啓二監督に闘志を買われ主将に就任[1]、32歳にして遊撃手のレギュラーに定着した。

1993年と1994年には2年連続でベストナインゴールデングラブ賞(遊撃手部門)を受賞した。[注 2]

1995年からは、田中の遊撃手再コンバートに伴い三塁手として出場。同年のパシフィック・リーグ東西対抗でマウンドに上がったイチローと対戦し、投手ゴロに打ち取られた。

1997年は、落合博満の加入により一塁手の片岡篤史が三塁コンバートとなったため、広瀬の出番は大きく減る。

1998年は故障のためシーズン序盤で戦線離脱。復帰後は出番が一・二軍共に殆ど無く、チームは一時快進撃を見せながらも終盤失速して2位止まり。故障により「納得がいくプレーができなくなった」、「最後は一軍で終わらせたかった」と語り、一度も優勝を味わうことなく現役を引退した。同期生で仲が良かった田中幸雄からは「どうにか故障を完治させてもう一年やったら」と提案もされたという。

現役時代の応援歌冒頭のファンファーレは映画『男はつらいよ』のテーマ音楽だった[1]。実際に『男はつらいよ』の大ファンで、移動のバスの中でもビデオで鑑賞していたという[1]

引退と同時に1999年から2001年までテレビ朝日文化放送解説者に就任。タレントとしても活動する(2000年から2001年には、文化放送でワイド番組のパーソナリティも務めた)。2001年には「広瀬哲朗&紫艶」名義のシングルCD『ジェラシー☆ゲーム』で歌手デビューもしている。そのかたわら、2001年から2005年まで野球日本女子代表監督を務め、2003年2004年には女子野球世界大会で優勝する。2002年に日本ハムの北海道移転構想が発表された頃から北海道での活動が多くなり、後に北海道に住居を移している。2003年には北海道放送の野球解説者、日本ハムが移転した翌2004年にはSTVラジオ北海道文化放送の野球解説者に就任。同年4月からは同局の『YASUのえき☆スタ@noon』(現:『土曜えき☆スタUP』)にレギュラー出演した。2005年3月からは『スポーツワイド Fの炎〜SPORT HOKKAIDO〜』のコメンテーターを担当した。

北海道ではSTVラジオ・北海道文化放送以外の放送局でのプロ野球中継でも解説を担当することがある。中継では「ファイターズのご意見番」と紹介されることもある。

2005年からは、北海道釧路市で定期的に開催される少年野球教室「広瀬塾(Hirose Baseball Academy)」の塾長として活躍している。当時はファイターズ応援団KUSHIRO代表今井康喜、コーチングスタッフ佐藤亮樹、御厨琢二の4人体制で指導にあたっていた。その後『釧路リトルシニア(廣心球団)』の総監督を務めていたが、2010年4月、広瀬と同じ元日本ハムファイターズ出身選手で現在熊本県熊本市のリトルシニアチーム「熊本南リトルシニア」の総監督を務めている二村忠美から熊本の子供たちに野球を教えて欲しいとの依頼を受け、チームの監督に就任した。

2005年2月12日に自身が総監督を務める社会人野球チーム「サウザンリーフ市原」が千葉県野球連盟に加盟申請。その後サウザンリーフ市原を辞めてCBC北海道(現:TRANSYS)へ転じ、こちらで総監督を務めている。なお、このチームのスーパーアドバイザーには松山千春が就いている。

2009年11月10日、2011年に発足予定の独立リーグベースボール北海道ゼネラルマネージャーに就任することが発表されたが、翌年1月にリーグへの参加を見送ることが明らかになった。

その後福井県で福井嶺北リトルシニアの非常勤講師として活動し、同チーム名誉顧問を務める元読売ジャイアンツ宮本和知と共に「広瀬哲朗宮本和知杯福井嶺北野球大会」を主催していた。

趣味は、落語柳家権太楼のファン。現役時代、テレビ番組の企画で広瀬が権太楼に弟子入りし、短いが寄席(会場も鈴本演芸場)で落語を披露したことがある。また笑点の司会者である春風亭昇太とは同郷である。

歌手の久保田利伸は中学時代および大学時代の2年後輩。後年、日本ハムシャウエッセン、チキチキボーンのCMで共演した。

選手としての特徴[ソースを編集]

打撃は弱かったが遊撃手としての守備力は高く、大学の一年後輩の白井一幸との二遊間の守りは鉄壁と呼ばれた。それ以前の遊撃手のレギュラーだった田中幸雄 (内野手)が外野にコンバートされたのは、田中の肘の故障という理由のほかに、左翼手の守備位置から広瀬の守備を見て勉強させるという首脳陣の意図もあった。

果敢なヘッドスライディングなどの闘志溢れるプレー(内野安打で一塁にヘッドスライディングをし、セーフになって地面を叩くプレーはよくあった)更に自身のスキンヘッド(20代終盤から薄毛進行のため)の風貌と、独特のキャラクターで人気を博し、パシフィック・リーグ有数のガッツマンとして名を残した。独特のタイミングの取り方から右打ちに徹底したバッティングで打撃が開花し、四年連続でシーズン100本以上の安打も記録したが、後に相手チームに研究され、「広瀬シフト」[注 3]と呼ばれる守備シフトを敷かれるようになると、安打数が激減した。

広瀬はショーマンシップ的な部分があり、球場に観戦に来たファンに対してのサービスの一環として自身で考案したパフォーマンスも多く実行した。日本ハムの選手のファンサービスを目的としたパフォーマンスは、今や球団の伝統ともなっており、広瀬の引退後は岩本勉新庄剛志森本稀哲の順に受け継がれて行った。[2]

詳細情報[ソースを編集]

年度別打撃成績[ソースを編集]

















































O
P
S
1986 日本ハム 40 68 62 10 8 2 0 2 16 4 2 1 4 0 2 0 0 9 3 .129 .156 .258 .414
1987 44 35 30 11 6 2 0 0 8 3 3 0 2 0 2 0 1 4 1 .200 .273 .267 .539
1988 32 46 37 8 8 0 0 1 11 2 0 1 2 0 7 0 0 3 0 .216 .341 .297 .638
1989 70 17 16 14 5 2 1 0 9 1 6 5 0 0 1 0 0 5 0 .313 .353 .563 .915
1990 72 142 123 18 29 7 2 1 43 11 8 0 9 0 9 0 1 21 2 .236 .293 .350 .643
1991 94 92 76 8 15 1 1 0 18 5 5 2 10 1 4 0 1 18 1 .197 .244 .237 .481
1992 96 171 146 18 38 6 1 1 49 14 7 0 16 0 8 0 1 19 3 .260 .303 .336 .639
1993 116 470 412 52 115 17 0 0 132 29 21 7 17 0 40 1 1 63 7 .279 .344 .320 .665
1994 124 549 467 52 131 12 3 2 155 29 20 12 12 2 63 0 5 66 5 .281 .371 .332 .702
1995 113 506 442 50 118 11 1 2 137 35 4 4 13 1 49 1 1 59 10 .267 .341 .310 .651
1996 119 446 390 40 100 21 3 3 136 34 8 2 19 3 32 0 2 47 7 .256 .314 .349 .663
1997 46 72 67 4 19 4 0 0 23 6 0 0 0 2 3 0 0 6 4 .284 .306 .343 .649
通算:12年 966 2614 2268 285 592 85 12 12 737 173 84 34 104 9 220 2 13 320 43 .261 .329 .325 .654
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[ソースを編集]

記録[ソースを編集]

初記録
その他の記録

背番号[ソースを編集]

  • 1(1986年 - 1998年)

関連情報[ソースを編集]

出演番組[ソースを編集]

FBCラジオ
  • 情熱Night!(金曜パーソナリティ)
  • 広瀬哲朗の何でも言っちゃうよ!!(毎週火曜日「午後はとことん よろず屋ラジオ」のコーナー)
北海道文化放送
STVラジオ
エフエムくしろ
  • 広瀬哲朗のファイターズ何でも言っちゃうよ
テレビ朝日
文化放送

著書[ソースを編集]

  • ふっざけんな!―やる気しだいで人生なんとでもなる(1999年3月、竹書房 ISBN 4812404797)
  • プロ野球 オレだけが知っているナイショ話(2000年6月、ソニーマガジンズ ISBN 4789715809)

CD[ソースを編集]

カップリング曲として「嘘は罪」(広瀬のソロボーカル)も収録。

Vシネマ[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ 清原和博(当時PL学園高校)の交渉権獲得に失敗したのちに指名された。
  2. ^ 本人によると、両年のゴールデングラブ賞の賞金があったから千葉県内に一戸建ての自宅を建てることが出来たという。
  3. ^ 松井(松井秀喜)シフトや王(王貞治)シフトと同じもの。遊撃手、二塁手、一塁手が一、二塁間に陣取り三塁手は定位置よりやや遊撃寄りに位置する守備隊形。遊撃方向はガラ空きだが、一、二塁間が非常に堅固になる。通常は左打ちの強打者に取られるシフトである。

出典[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]