広瀬大志 (詩人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広瀬 大志(ひろせ たいし、1960年3月23日 - )は、日本の詩人。「hotel」「しばりふじ」「漆あるいは金属アレルギー」同人。「詩のモダンホラー」と称される独自の詩境を持つ[1]

熊本県熊本市生まれ。熊本県立済々黌高等学校明治大学文学部文学科フランス文学専攻卒業。1981年井上幸治と「EONTA」創刊。1982年城戸朱理、田野倉康一、高貝弘也等とともに「洗濯船」に参加。1992年個人誌「妖気」創刊。音楽映像ソフト卸商社の取締役の傍ら文筆活動を行う。

著書[編集]

  • 『水階』洗濯船石鹸詩社 1985年3月
  • 『アルパ但しオメガ』洗濯船石鹸詩社 1987年1月
  • 『彩層GIZA』書肆山田 1989年7月
  • 『浄夜』矢立出版 1991年12月
  • 『喉笛城』思潮社 1995年6月 ISBN 9784783705628
  • 『ミステリーズ』思潮社 1998年8月 ISBN 4783710821
  • 『髑髏譜』思潮社 2003年10月 ISBN 9784783713623
  • 『ハード・ポップス』思潮社 2008年8月 ISBN 9784783730149
  • 『長編詩 約束の場所』私家版 2009年1月
  • 『草虫観』思潮社 2010年10月 ISBN 9784783732075
  • 短編集『ぬきてらしる』私家版 2012年7月
  • 『激しい黒』思潮社 2013年3月 ISBN 978-4783733492
  • 現代詩文庫 広瀬大志詩集』思潮社 2016年9月 ISBN 978-4783710080
  • 『魔笛』思潮社 2017年10月 ISBN 978-4-7837-3589-2

脚注[編集]

  1. ^ 『現代詩文庫 広瀬大志詩集』