広瀬慶輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
広瀬 慶輔
ひろせ けいすけ
生年月日 (1970-08-31) 1970年8月31日(48歳)[1]
出生地 大阪府寝屋川市
出身校 明治大学大学院政治経済学研究科博士前期課程修了
前職 寝屋川市議会議員
大阪府議会議員北川法夫事務所スタッフ
所属政党自由民主党→)
無所属
公式サイト 広瀬けいすけ事務所

Flag of Neyagawa, Osaka.svg 大阪府寝屋川市長
当選回数 1回
在任期間 2019年5月29日 - 現職

Flag of Neyagawa, Osaka.svg 寝屋川市議会議員
当選回数 3回
在任期間 1999年 - 2011年
テンプレートを表示

広瀬 慶輔(ひろせ けいすけ、1970年昭和45年)8月31日[1] - )は、日本政治家大阪府寝屋川市長(1期)[2]。元寝屋川市議会議員(3期)。

来歴・人物[編集]

大阪府寝屋川市生まれ、寝屋川市立成美小学校寝屋川市立第九中学校上宮高等学校明治大学政治経済学部卒業。明治大学大学院政治経済学研究科博士前期課程修了[3]大阪府議会議員の北川法夫(後の第8代寝屋川市長)事務所に務める。

政治の世界について「高校時代から10年計画」で準備[4]し、1999年平成11年)春の統一地方選挙に初出馬、寝屋川市議会議員に「史上最年少・最高得票」で当選。以後、3期連続でトップ当選。2010年には史上最年少で副議長に就任[5]

2011年(平成23年)4月24日の寝屋川市長選挙に出馬。4選を目指す現職の馬場好弘(連合大阪推薦[6])に敗れた[7][8]2015年には大阪府議会議員選挙に自由民主党公認で出馬するが約1,500票差で次点[9]

2019年(平成31年)4月22日の寝屋川市長挙に、現職の北川法夫市長の後継として[10]自由民主党推薦[11]で再び出馬、元市議長の南部創を破り初当選した[12]。5月29日に就任。

脚注[編集]

  1. ^ a b 広瀬けいすけ事務所 > 広瀬けいすけのプロフィール
  2. ^ 歴代市長・助役(副市長)の紹介/寝屋川市ホームページ
  3. ^ 広瀬けいすけ事務所 > 広瀬けいすけのプロフィール
  4. ^ ひろせけいすけ > ひろせけいすけはなぜ議員を目指したの?
  5. ^ 広瀬けいすけ事務所 広瀬けいすけ図鑑
  6. ^ 2011年統一地方選挙〜推薦予定候補者一覧 連合大阪
  7. ^ 開票結果/寝屋川市ホームページ
  8. ^ 朝日新聞デジタルasahi.com(朝日新聞社):大阪府(一般 市長) - 候補者・開票情報 - 2011
  9. ^ 開票結果-道府県議選・大阪府【統一地方選2015】:読売新聞”. 読売新聞 (2015年4月13日). 2019年5月11日閲覧。
  10. ^ 産経新聞産経ニュース2019年4月14日大阪・寝屋川市長選に2氏が立候補 大阪12区補選に影響か
  11. ^ 寝屋川市 | 自民党大阪府連統一地方選挙
  12. ^ 寝屋川市長選 | 統一地方選挙 2019 | NHK選挙WEB - NHK オンライン
[ヘルプ]
先代:
北川法夫
Flag of Neyagawa, Osaka.svg 大阪府寝屋川市長
2019年 -
次代:
(現職)