広田しげる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「広田稹」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

広田 稹(ひろた しげる、1913年 - 1987年1月5日[1])は、日本の外交官

来歴・人物[編集]

新潟県出身。1937年外交官試験に合格後、38年3月東京帝国大学法学部政治学科を卒業し、外務省入省。アジア局第4課長、同第2課長、バンクーバー領事、大臣官房人事課長、経済局外務参事官、アラブ連合共和国大使館参事官等を歴任。1961年9月ハンブルグ総領事、65年5月より中南米移住局長、翌年11月経済協力局長、68年1月より大臣官房審議官を務めた。

その後、ベネズエラ、マレーシア、オランダ駐在大使を歴任した。1975年12月退官。翌年、熊谷組顧問に就任。

1982年退社後、83年11月勲二等旭日重光章を受ける。1987年死去。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『新版 日本外交史辞典』871頁。

参考文献[編集]

  • 外務省外交史料館日本外交史辞典編纂委員会『新版 日本外交史辞典』山川出版社、1992年。