広田幸一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広田 幸一(ひろた こういち、1915年8月2日[1] - 2013年6月4日[2])は、日本政治家日本社会党参議院議員(1期)。

経歴[編集]

鳥取県鳥取市出身[1]関西大学専門部中退[1]。陸軍に入り、ソ連軍に抑留され、1948年帰国[3]。日本通運に入り、同社の労働組合で活動する。鳥取県議を5期務め[1][3]1977年の参院選鳥取地方区から日本社会党公認で立候補して自民党候補などを破り当選する。国会内では災害対策特別委員長を歴任した。1983年の参院選で落選。 2013年死去。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』523頁。
  2. ^ 死去ネット 広田幸一-元社会党参議院議員 鳥取県
  3. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』393頁。

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』日外アソシエーツ、2005年。