広田良吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広田 良吾(ひろた りょうご、1932年2月1日 - 2015年1月17日)は日本の数学者物理学者工学者。専門は非線形波動差分学、離散可積分系非線形偏微分方程式双線形化し直接的に解く独自の手法は非常に有名であり、その名を冠して広田の方法と呼ばれる。

略歴[編集]

      Ph.D(1961年) Ph.D Thesis "Functional Integral Representation of the Grand Partition Function"

  • 1961年10月-1962年3月 湯川記念財団奨学生
  • 1962年 RCA基礎研究所研究員
  • 1974年 立命館大学理工学部助教授
  • 1975年 立命館大学理工学部教授
  • 1977年 広島大学理工学部教授
  • 1991年 早稲田大学理工学部教授
  • 2002年- 早稲田大学理工学部名誉教授、現在に至る

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

  1. ^ AERAムック『早稲田理工 by AERA 2018』、朝日新聞出版、2018年、7頁インタビュー記事。