広開土王碑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広開土王碑

広開土王碑(こうかいどおうひ)は、高句麗の第19代の王である広開土王(好太王)の業績を称えた石碑である。好太王碑とも言われ、また付近には広開土王の陵墓と見られる将軍塚・大王陵があり、合わせて広開土王陵碑とも言われる。

4世紀末から5世紀初の朝鮮半島の歴史、古代日朝関係史を知る上での貴重な一次史料である。

目次

概要

碑文によると、この碑は広開土王の業績を称えるために息子の長寿王414年旧暦9月29日(碑文によれば甲寅年九月廿九日乙酉)に建てたものである。のち1880年明治13年・光緒6年)頃にの集安(現中華人民共和国吉林省通化地級市集安市)の農民により発見され、翌年関月山より拓本が作成された。1884年(明治17年)には陸軍砲兵大尉の酒匂景信(1850年(嘉永3年) - 1891年(明治24年))が参謀本部に持ち帰り解読した(「酒匂本」)。1961年、洞溝古墓群の一部として、全国重点文物保護単位に指定された。

広開土王碑は現在の吉林省集安市の好太王陵の近くに位置している。碑は、高さ約6.3メートル・幅約1.5メートルの角柱状の石碑である。その四面に総計1802文字が刻まれ、碑文は純粋な漢文での記述となっている[1]。碑文は風化によって判読不能な箇所も存在する。なお、2010年現在、この碑文は風化・劣化を防ぐためにガラスケースで保護されている。

碑文

碑文の墨水廓填本 1882年頃作成、東京国立博物館

碑文は三段から構成され、一段目は朱蒙による高句麗の開国伝承・建碑の由来、二段目に広開土王の業績、三段目に広開土王の墓を守る「守墓人烟戸」の規定が記されている。

そのうち、に関する記述としては、いわゆる辛卯年条(後述)の他に、以下がある。

  • 399年百済は先年の誓いを破って倭と和通した。そこで王は百済を討つため平譲に出向いた。ちょうどそのとき新羅からの使いが「多くの倭人が新羅に侵入し、王を倭の臣下としたので高句麗王の救援をお願いしたい」と願い出たので、大王は救援することにした。
  • 400年、5万の大軍を派遣して新羅を救援した。新羅王都にいっぱいいた倭軍が退却したので、これを追って任那加羅に迫った。ところが安羅軍などが逆をついて、新羅の王都を占領した。
  • 404年、倭が帯方地方(現在の黄海道地方)に侵入してきたので、これを討って大敗させた[2]

碑文では広開土王の即位を辛卯年(391年)とするなど、干支年が後世の文献資料(『三国史記』『三国遺事』では壬辰年(392年)とする)の紀年との間に1年のずれがある。また、この碑文から、広開土王の時代に永楽という元号が用いられたことが確認された。

辛卯年条

解釈 

引用される部分

碑文のうち、倭に関する記述のある二段目の部分(「百殘新羅舊是屬民由来朝貢而倭以耒卯年来渡[海]破百殘■■新羅以爲臣民」)の解釈がしばしば議論の対象となっている。

以下、該当部分を通説により校訂し訳す。

百殘新羅舊是屬民由來朝貢而倭以耒卯年來渡[海]破百殘■■新羅以為臣民

〈そもそも新羅・百残(百済の蔑称か?)は(高句麗の)属民であり、朝貢していた。しかし、倭が辛卯年(391年)に[海]を渡り百残・■■(「百残を■■し」と訓む説や、「加羅」(任那)と読む説もある)・新羅を破り、臣民となしてしまった。〉

なお、「[海]を渡り」は残欠の研究から「海を渡り」とされ、通説では以下のように解釈される。

百殘新羅舊是屬民由來朝貢而倭以耒卯年來渡海破百殘加羅新羅以為臣民

〈そもそも新羅・百残(百済)は(高句麗の)属民であり、朝貢していた。しかし、倭が辛卯年(391年)に海を渡り百残・加羅・新羅を破り、臣民となしてしまった。〉

韓国の学会からはこれに対し異論も出ている。


碑文改竄説とその破綻

碑文の一部

辛卯年条に関しては、酒匂本を研究対象にした在日朝鮮人の歴史学者李進熙や、北朝鮮の学者が、大日本帝国陸軍による改竄・捏造説を唱えた[3]。その主張は、「而るに」以降の「倭」や「来渡海」の文字が、5世紀の倭の朝鮮半島進出の根拠とするために日本軍によって改竄されたものであり、本来は

百殘新羅舊是屬民由来朝貢而以耒卯年不貢因破百殘倭寇新羅以為臣民

(百済新羅はそもそも高句麗の属民であり朝貢していたが、やがて辛卯年以降には朝貢しなくなったので、王は百済・倭寇・新羅を破って臣民とした。)

と記されており、「破百殘」の主語を高句麗とみなして、倭が朝鮮半島に渡って百済・新羅を平らげた話ではなく、あくまでも高句麗が百済・新羅を再び支配下に置いた、とするものであった[4]

しかし、百済などを破った主体が高句麗であるとすると、かつて朝貢していた百済・新羅が朝貢しなくなった理由が述べられていないままに再び破ることになるという疑問や、倭寇を破ったとする記述が中国の正史、『三国史記』、日本の『日本書紀』などの記述(高句麗が日本海を渡ったことはない)とも矛盾が生じる。これに対して、高句麗が不利となる状況を強調した上で永楽6年以降の広開土王の華々しい活躍を記す、という碑文の文章全体の構成から、該当の辛卯年条は続く永楽六年条の前置文であって、主語が高句麗になることはありえない、との反論が示された[5]

その後、2005年6月23日に酒匂本以前に作成された墨本が中国で発見され、その内容は酒匂本と同一である旨が報道された。さらに2006年4月には中国社会科学院の徐建新により、1881年に作成された現存最古の拓本と酒匂本とが完全に一致していることが発表され[6]、これにより改竄・捏造説は否定された。しかし韓国ではいまだに主語を高句麗にする説が一般的、かつ支配的である[7]

参考:三国史記の記述

なお、以下に『三国史記』の関連する記述を示す。

八年 夏五月丁卯朔 日有食之 秋七月 <高句麗>王<談德> 帥兵四萬 來攻北鄙 陷<石峴>等十餘城 王聞<談德>能用兵 不得出拒 <漢水>北諸部落 多沒焉 冬十月 <高句麗>攻拔<關彌城> 王田於<狗原> 經旬不返 十一月 薨於<狗原>行宮

『三国史記』「百済本記」391年

脚注

  1. ^ 同じく5世紀の建立の中原高句麗碑においては、征服地である新羅の民衆への理解を考慮し新羅語の制約を受けた表記法になっていると推察される。(→李成市2000)
  2. ^ 訳:井上秀雄『古代朝鮮』〈講談社学術文庫〉、2004年平成16年)、ISBN 4-06-159678-0
  3. ^ 李進熙『広開土王陵碑の研究』吉川弘文館1972年昭和47年)
  4. ^ 朴時亨『広開土王陵碑』1966年
  5. ^ 浜田耕策「高句麗広開土王碑文の研究」(『朝鮮史研究会論文集』11、1974年昭和49年))、武田幸男「広開土王碑文辛卯年条の再吟味」(武田1989年)
  6. ^ 『読売新聞』2006年平成18年)4月14日
  7. ^ 文化日報(韓国語)

関連項目

参考文献

  • 井上秀雄 『古代朝鮮』 日本放送出版協会〈NHKブックス172〉、1972年昭和47年)、ISBN 4140011726
  • 徐建新 『好太王碑拓本の研究』 東京堂書店、2006年平成18年)、ISBN 4490205694
  • 武田幸男 『広開土王碑墨本の研究』 吉川弘文館、2009年平成21年)、ISBN 464208148-8
  • 武田幸男 『広開土王碑との対話』 白帝社〈白帝社アジア史選書〉、2007年平成19年)、ISBN 4891748834
  • 武田幸男 『高句麗史と東アジア―「広開土王碑」研究序説』 岩波書店、1989年昭和64年)、ISBN 400000817X
  • 武田幸男編 『広開土王碑』 天来書院〈知られざる名品シリーズ第二期-4〉、2007年平成19年)、ISBN 4887151969
  • 武田幸男編 『古代を考える 日本と朝鮮』 吉川弘文館、2005年平成17年)、ISBN 4642021930
  • 武田幸男編 『広開土王碑原石拓本集成』 東京大学出版会、1996年平成8年)、ISBN 4130260464
  • 武光誠 『広開土王の素顔 古代朝鮮と日本』 文春文庫、2007年平成19年)
  • 水谷悌二郎 『好太王碑考』 開明書院、1977年昭和52年)
  • 李進熙 『好太王碑の謎―日本古代史を書きかえる』 講談社、1973年昭和48年)、講談社文庫、1985年昭和60年)
  • 李成市 『東アジア文化圏の形成』 山川出版社〈世界史リブレット17〉、2000年平成12年)、ISBN 4-634-34070-4
ウィキソース
ウィキソース広開土王碑の原文があります。

今日は何の日(9月18日

もっと見る

「広開土王碑」のQ&A