庄司南海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

庄司 南海(しょうじ なんかい、1813年(文化10年)- 1891年(明治24年)2月25日)は、江戸時代後期から明治時代に活躍した儒学者である。名は春行。字は千里。通称は源三郎。

経歴・人物[編集]

西村藐庵の実子で、庄司甚右衛門の子孫。

池守秋水に学び、祖先の姓を名乗って江戸新吉原の名主を務めた。

明治維新後は志善塾を開いて、子弟に教授した。

出典[編集]