出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
十干
十二支

(こう、かのえ)は、十干の7番目である。陰陽五行説では性の陽に割り当てられており、ここから日本では「かのえ」(金の兄)ともいう。

庚の字は同音の「更」につながり、植物の生長が止まって新たな形に変化しようとする状態として、7番目に宛てられた。

西暦皇紀では、10の倍数の年が庚のとなる。

中国語化合物命名法では、ヘプタン、ヘプチル基など、炭素を7つ含む化合物や官能基に付けられる。

「火剋金」と言って、金は火に伏せられるとされることから、火性の最も盛んな夏の時期の庚の日は凶であるとされる。そこで、夏の間の3回の庚の日を三伏という。

庚を含む干支

ウィクショナリー
ウィクショナリーの項目があります。

過去1時間の間にもっとも読まれた記事
篠めぐみ フィリッピの戦い 本庄優花 平塚らいてう 黒澤ゆりか 明治 日本の慰安婦 成田空港問題の年表 元号 伊集院静 吉澤ひとみ 村上麗奈 中村倫也 沢田研二 中田敦彦 滝藤賢一 柚餅子 西郷隆盛 坂下麻衣 永井智美
「庚」のQ&A
1  庚韻=こういん?
2  最古の暦刻んだ大刀出土、元岡古墳「庚寅」の文…
3  四柱推命で庚乙の干合は仁義の合というようです…
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について