府中駅南口市街地再開発事業計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

府中駅南口市街地再開発事業計画(ふちゅうえきみなみぐちしがいちさいかいはつじぎょうけいかく、Fuchu Station south entrance urban redevelopment business scheme)は、東京都府中市京王線府中駅高架化事業にともなう、南側市街地の第1種市街地再開発事業計画である。

再開発地区はAからFの6つの地区に分けられており、府中駅南口から旧甲州街道大國魂神社付近にかけての木造低層商業地区の防災のための区画整理事業と、大型複合施設の建設が計画の中心である。

けやき並木通り右側が開発地。左側に仮店舗が見える。右手がフォーリス

計画概要[編集]

A地区(第一地区)[編集]

A地区:工事中
A地区:武蔵府中ル・シーニュ プラウド府中ステーションアリーナ
  • 府中駅南口を出てペデストリアンデッキ「府中スカイナード」右側の駅に近接している地区。
  • 2011年に府中駅南口第一地区市街地再開発組合の設立が認可され、2014年度に工事着工。
  • 2017年7月14日(当初計画では2016年度)に「武蔵府中ル・シーニュ」が工事竣工。
  • 参加組合員、特定業務代行者に野村不動産を選定した。
  • 再開発ビルは地下4階、地上15階建で、用途は、共同住宅(140戸)、商業施設公共公益施設、自動車駐車場、公共駐輪場(約550台)が予定されている。また、隣接して交通広場、公共駐輪場(約440台)が設置される。
  • 再開発ビルは、7-15階が共同住宅、5-6階が公共公益施設(府中市が保留床を取得し、市民活動サポートセンター(仮称)、 コミュニティセンター(仮称)、ホワイエ、総合情報センター(仮称)、小ホール(仮称)等の設置を計画)、地上4階が商業施設(元気マルシェとしてクリニック、ビューティー施設等)、地上3階が商業施設(リビング&ジョイマルシェとして生活雑貨玩具等の販売)、地上2階がイベント広場、商業施設(ファッションマルシェ)、地上1階が商業施設(けやきマルシェとして集客的な面も考慮した幅広い多彩な店舗や現在のまちの面影を残した店舗配置を計画)、地下1階が商業施設(グルメマルシェとして食物販売)、地下1階(変則中二階)が公共駐輪場。地下3階が音楽練習室(府中市が保留床を取得)、自動車駐車場(B地区にある府中駅南口市営駐車場との接続を検討中)、地下4階が自動車駐車場と計画されている。
  • 当工事完成後にバス乗り場が変更となる[1]
  • 2017年7月14日武蔵府中 ル・シーニュ (LE SIGNE) がグランドオープン。

B地区(第二地区)[編集]

B地区:KDX府中ビル(旧:府中サウスビル)

C地区(第三地区)[編集]

C地区:くるる
  • 商業住居複合施設のくるる(グランタワー府中)が立地する、府中駅南口を出てペデストリアンデッキ東側の地区。
  • 再開発の計画は早かったものの、準備段階において、開発前に区画内で最大地権者であった西友府中店が撤退したため、計画が遅れた。
  • 府中駅南口第三地区市街地再開発組合による再検討の結果、商業住居複合施設の建設が決定し、キーテナントとして、TOHOシネマズトイザらスの出店が決定され、計画が実行に移された。
  • 2002年に着工し、2005年3月中旬に竣工した。

D、E、F地区[編集]

  • 南口東側のD、E、F地区については、区画整理事業についてはほぼ終了しているものの、高層住宅化が進み、一部を除いてまとまった商業再開発はいまのところ計画されていない。

計画の歴史[編集]

概略[編集]

  • 1974年3月:「府中駅南口再開発基本計画案」策定。
  • 1976年12月:府中駅南口B地区とC地区に再開発準備組合発足。
  • 1977年12月:府中駅南口地区公共施設整備計画の都市計画決定。
  • 1980年2月:京王線府中駅付近連続立体交差事業の事業認可。
  • 1982年12月:A、B、C地区の第1種市街地再開発事業の都市計画が決定される。
  • 1991年4月:京王線高架化工事完了。
  • 1993年12月:府中駅南口B地区施設建築物の着工。
  • 1995年:C地区内から西友が撤退し、再開発計画の見直し始まる。
  • 1996年3月:府中駅南口B地区施設(フォーリス)建設工事竣工。
  • 1998年3月:C地区の都市計画の変更が決定。
  • 2002年:府中駅南口C地区施設建築物の着工。
  • 2005年3月:府中駅南口C地区施設(くるる)建設工事竣工。
  • 2011年5月26日:府中駅南口第一地区市街地再開発組合の設立が認可される。
  • 2014年:府中駅南口A地区(第一地区)既存建物除去工事。
  • 2017年7月:府中駅南口A地区施設(武蔵府中ル・シーニュ)建設工事竣工。

参考文献[編集]

  1. ^ 府中市 府中駅バス乗降場・タクシー乗場の変更 更新日:2017年2月1日

関連項目[編集]