度会大国玉比賣神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
度会大国玉比賣神社
Watarai Okunitamahime Shrine.jpg
所在地 三重県伊勢市豊川町
位置 北緯34度29分6.2秒
東経136度42分28.89秒
座標: 北緯34度29分6.2秒 東経136度42分28.89秒
主祭神 大国玉命
弥豆佐佐良比賣命
社格 式内社
豊受大神宮摂社
創建 雄略天皇22年以前
本殿の様式 神明造
別名 度会之大国玉姫の社
例祭 神嘗祭10月20日
地図
度会大国玉比賣神社の位置(三重県内)
度会大国玉比賣神社
度会大国玉比賣神社
テンプレートを表示

度会大国玉比賣神社(わたらいおおくにたまひめじんじゃ)は、伊勢神宮豊受大神宮(外宮)の摂社旧豊宮崎文庫の西南西の外宮宮域林の山間に鎮座する。

概要[編集]

三重県伊勢市豊川町の伊勢神宮外宮の宮域林(神宮林)に鎮座するが、境内の参道とは直接つながっておらず、外宮の宮域に沿って進むと参道口が現れる。外宮の摂社としては、草奈伎神社、大間国生神社度会国御神社に次ぐ第4位に位置する[1]

祭神は、大国玉命(おおくにたまのみこと)と弥豆佐佐良比賣命(みずささらひめのみこと)の2柱[2]。 。両神とも鎮座地の度会地方の地主の神である[2]神武天皇の代に天日別命(あめのひわけのみこと)が伊勢平定のために訪れ、両神が持っていたをかけてを作って出迎えたという[2]

境内は、昼間でも暗いほどの鬱蒼(うっそう)とした大木に囲まれている[2]社殿は、写真にあるように玉垣に囲まれている。賽銭箱は置かれていない。度会大国玉比賣神社の更に先には、外宮末社の伊我理神社と井中神社が鎮座する。

歴史[編集]

度会之大国玉姫の社(わたらいのおおくにたまひめのやしろ)と称していたが、現在は『延喜式神名帳』に記載されている名称に従い、度会大国玉比賣神社と表記される[1]櫻井勝之進は度会大国玉比賣神社に関連して、以下のように記述している。

一つの社会が中央の政権のもとに統合されその国家の組織の中に組み込まれるならば、そこで祭っていた神々もまた国家至上の大神と何らかの神系あるいは神縁の神々として組織化されることは、たとえば出雲と中央の関係を描いた神話にも示されている。 — 櫻井勝之進『伊勢神宮』35ページ

すなわち、磯部の有力者であった度会氏に豊受大御神の祭祀をゆだねた際に、度会氏が祭っていた氏神も伊勢神宮の中に組み込まれたものと考えられる[3]。櫻井は、度会大国玉比賣神社の社名からも氏神であったことが推察できると述べている[3]

創建年代は明らかではない[4]が、上述の通り伊勢神宮外宮に組み込まれる以前、すなわち雄略天皇22年以前から存在したと考えられる。中世にはほとんどの摂末社の祭祀が断絶した中で、度会大国玉比賣神社は祭祀が途絶えることも、鎮座地が移動することもなく、現代まで受け継がれてきたと考えられている[4]

社地からは陶器の残欠が見つかっている[5]。見つかった陶器は、ほとんどが須恵器である[6]

交通[編集]

外宮前まで
外宮前から神社まで
外宮前より宮域に沿って御木本道路を志摩市方面へ進み、旧豊宮崎文庫跡の西南西方向へ道を挟んだ場所に参道口があり、苔むした石段を上ると社殿に到達する[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 櫻井(1998):85ページ
  2. ^ a b c d e 伊勢文化舎(2008):37ページ
  3. ^ a b 櫻井(1998):35ページ
  4. ^ a b 阜嵐健"度会大国玉比売神社"<ウェブ魚拓>(2012年9月22日閲覧。)
  5. ^ 伊勢市 編(2011):364ページ
  6. ^ 伊勢市 編(2011):370ページ
  7. ^ 神宮司庁"駐車場案内[リンク切れ]"(2012年9月22日閲覧。)

参考文献[編集]

  • 伊勢市 編『伊勢市史 第六巻 考古編』伊勢市、平成23年3月31日、821p.
  • 櫻井勝之進『伊勢神宮 <改訂新版>』学生社、1998年4月25日、237p. ISBN 4-31140714-9
  • 『お伊勢さん125社めぐり』別冊『伊勢人』、伊勢文化舎、平成20年12月23日、151p. ISBN 978-4-900759-37-4

関連項目[編集]