庭園史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

庭園歴史 (ていえんのれきし、History of gardening)は、芸術や自然による美の美的表現、文明生活における味やスタイルの表示、個人や文化の哲学の表現、そして時には私的地位や公共の景ー国民的誇りの表示として見なされることがあります。

はじめに[編集]

森林庭園は、植物ベースの食品プロシステムである森林園芸は、世界で最も古い園芸の形態で [1] ジャングルに覆われた川岸に沿った先史時代モンスーン地域の湿った丘陵地帯で始まりました。家族が身近な環境を改善する漸進的な過程で、有用な樹種とぶどうの木の種が特定され、保護され、そして改善されながら、望ましくない種は排除されました。最終的には外来種も選択されて庭園に組み込まれました [2]

イギリス、シュロップシャー州のロバート・ハートの森林公園。

屋外スペースの囲い込みは紀元前10,000年に始まりました。誰もが最初の庭の詳細を知る人はいませんが、歴史家は最初の囲いは動物や荒廃者を排除するための一種の障壁であると想像します。庭園の建築とデザインは景観建築の主要な先駆けであり、それは西アジアで始まり、最終的にはギリシャ、スペイン、ドイツ、フランス、そしてイギリスに西方に広がりました。現代の「Garden」と「Yard」という言葉は、古英語の「 ギア 」の子孫であり、フェンスまたは囲いを意味します [3]

文明の出現後に裕福な人々は純粋に審美的な目的のために庭園を作り始めました。紀元前16世紀のエジプトの 墓画は、装飾用の園芸と景観デザインの最も初期の物理的証拠です。彼らは アカシアヤシの木の対称的な列に囲まれた蓮の池を描いています。もう一つの古代の伝統はペルシャのものです: ダライアス大王は「 パラダイスガーデン 」を持っていたと言われ、バビロンハンギングガーデンは古代世界の七不思議の一つとして有名です。ペルシャ庭園は中心対称軸に沿って設計されました。

ペルシャの影響はアレキサンダー大王の後にギリシャにまで及んだ。C.350 BCは、庭園があったアテネのアカデメイア、およびテオフラストスが書いた植物学はおそらく継承したアリストテレスの庭からで、エピクロスは歩を教える庭を持って、彼はそれをハーマーチャスのミチレーンに遺贈。Alciphronはまた執筆で私用の庭を参照していた。

西洋世界で最も影響力のある古代庭園は、エジプトアレクサンドリアプトレマイオス庭園と、ルッカルスローマにもたらした園芸の伝統でした。イタリア ポンペイ 壁画は、後の複雑な開発を証明しています。最も裕福なローマ人は、噴水や小川、トピアリー、バラ、そして日陰のあるアーケードを含む水の機能を備えた広大な別荘庭園を築きました。考古学的証拠はハドリアヌス邸別荘のような遺跡で生き残っています。

ローマの作家でありエンジニアであるウィトルウィウスは、紀元前27年に現存する最も古い設計マニュアルを書きました。その『デ・アーキテクチュラ・ライブラリ・デセム』Ten Books on Architecture )は、デザイン理論、ランドスケープアーキテクチャー、エンジニアリング、給水、そして公園や広場などの公共プロジェクトを扱いました。ウィトルウィウスは、firmitas (堅さ、耐久性、強さ)、utilitas (商品性、便利さ、実用性)およびvenustas (喜び、愛らしさ、美しさ)がデザインの主な目的であると主張しました。ランドスケープの質の高いデザインに欠くことのできないこれらの要素をいまだに念頭に入れる人もいます [4]

ビュザンティオンムーアスペインは西暦4世紀とローマの衰退の後も園芸の伝統を続けました。この時点で、内に形成された別の園芸伝統が中国に伝えられ、日本には池を中心に、小型化しシミュレートされた自然景観を特色に貴族の庭園へと発展、そして厳しい禅の庭フォームは、寺院などでみられる。

ヨーロッパでは、13世紀にラングドックイル=ド=フランスでガーデニングが復活しました。古代ローマ時代の別荘や庭園の説明を再発見することで、15世紀後半から16世紀初頭にかけて、新しいルネサンス様式の庭園が生まれました。スペインの王冠は、ヨーロッパとアメリカの両方で、16世紀にこの時代の最初の公共公園を建設しました。ヴェルサイユ宮殿庭園代表される正式な庭園のアラ・フランセーズは、イギリスの庭園フランスの庭園が優勢になる18世紀半ばまでヨーロッパで優勢な園芸様式となりました。19世紀になると、歴史的な復活とロマンティックなコテージ風のガーデニングのウェルターが生まれました。イギリスでは、ウィリアム・ロビンソン (造園家)ガートルード・ジーキルが、それぞれ野生の庭園と多年生の庭園の有力な支持者でした。アンドリュー・ジャクソン・ダウニングフレデリック・ロー・オルムステッドは、ヨーロッパの形式を北米に適応させました。特に、公共の公園、キャンパス、そして郊外の風景のデザインに影響を与えました。オルムステッドの影響は20世紀にまで及んだ。

20世紀には、庭園におけるモダニズムの影響が明らかになりました。トーマス・チャーチの明確な明瞭さから、ブラジルのロバート・ブール・マルクスの大胆な色と形まで。グリーンルーフや雨水利用などの環境意識や持続可能なデザイン実践は、これらの分野における革新が発展し続けるにつれて広く実践されるようになっています。

庭園スタイルの歴史的発展[編集]

メソポタミアの庭園[編集]

チグリス川とユーフラテス川を示す地図

メソポタミア、「川の間の土地」チグリスとユーフラテスは、丘陵地帯と山岳地帯の北部地域と平らな、沖積南部から成ります。その人々( シュメール人アクカディア人アッシリア人、およびバビロニア人 )は都市部であり、紀元前約3,000人から識字率が高い。彼らの庭の証拠は、書かれたテキスト、絵画、そして考古学から来ています。西洋の伝統ではメソポタミアはエデンの園バビロンのハンギングガーデンの場所でした。寺院庭園は神聖な木立の表現から発展しました。ロイヤルガーデンのいくつかの異なるスタイルも知られています [5]

中庭は宮殿の壁で囲まれていたか、またはより大きな規模では市の壁の内側の耕作地でした。中部ユーフラテスのマリ (西暦前1,800年頃)には、巨大な宮殿の中庭の1つが、現代の書面による記録ではヤシの木の宮殿と呼ばれていました。それは焼き煉瓦の隆起した通路と交差しています。王と彼の側近はそこで食事をするでしょう。Ugarit (紀元前1400年頃)には、後のペルシャの庭園のように中央には配置されていなかった石造りの流域がありました。中央の特徴はおそらく木(ナツメヤシまたはタマリスク)だったからです。紀元前7世紀のアッシリアの王アッスルバニパルは、ミュージシャンが出席したブドウの木の下にあるソファの上で横になっている彼の女王とのごちそう彫刻で上映されています。香り高い松の枝からぶら下がっているエラム王の邪魔された頭を含む征服のトロフィーが展示されています。名前で土壌のベッドを示すかのように同時期からバビロニアのテキストがセクションに分割されている医薬、野菜、及びハーブなど、おそらく表しているのは、各スクエアに植え込まれた植物花壇のデザインである。

大規模には、王が彼の外国のキャンペーンで取得したエキゾチックな動物や植物を保持するために王室の狩猟公園が設立されました。ティグラト・ピレセル1世の王朝 (西暦前1000年頃)には、ガゼルとアイベックスの2種類の鹿、牛、ロバ、鹿がリストされています [6]

紀元前1000年頃から、アッシリアの王たちは自然なレイアウト、河川水からの水の供給、そして彼らの外国のキャンペーンからのエキゾチックな植物を取り入れたシティガーデンのスタイルを開発しました。Assurnasirpal II (883–859 BCE)には、種類の異なるマツ、糸杉、種類の異なるマツ、アーモンド、ナツメヤシ、黒檀、ローズウッド、オリーブ、オーク、タマリスク、クルミ、テレビンサスと灰、モミのザクロ、ナシ、マルメロ、イチジクブドウの木: "運河の水が上から庭に流れ込み、香りが歩道に広がっています。天国の星ほどの数の水の流れが遊園地に流れています。そしてリスのように、私は喜びの庭で果物を選びます。」 市の庭園は、水道システムが50年間伸びたSennacheribの宮殿デザイン(西暦前704年 - 681年)で天頂に達しました。 その庭園は他のどの庭園よりも高くて華やかで、彼が展開した複雑な技術を誇りにして彼の宮殿と庭園を「すべての人々にとって不思議」であると呼んでいました。

創世記の聖書は、エデンの園を囲む4つの川のうちの2つとしてチグリスとユーフラテスを述べています [7]。多くの理論がありますが、特定の場所は特定されていません。

バビロンハンギングガーデン は、古典的なギリシャの作家によって世界の七不思議の一つとして挙げられています - あなたが死ぬ前に見るべき場所。バビロンの発掘された遺跡はいかなる適切な証拠も明らかにしていないため、一部の学者はそれらが純粋に伝説的であったかもしれないと示唆するようになった [8]。あるいは、物語はニネヴェ (メソポタミア) のSennacheribの庭から始まったのかもしれません [9]

インド亜大陸庭園[編集]

インドの庭園[編集]

スリランカの庭園[編集]

ペルシャ庭園[編集]

エジプトの庭園[編集]

テーベ、ネブアメンの墓からのフレスコ画の中に、アヒルとハスが並ぶ、ナツメヤシと果樹が一面に植えられた長方形の養魚池

庭園は古代エジプト時代に大事にされ、世俗的な目的のためにも寺院の複合物につながれても保存されていました。新王国以前の民家や別荘の庭園は主に野菜の栽培に使用され、運河や川の近くに位置していました。しかし、新王国では、彼らはしばしば壁に囲まれており、その目的は実用性のほかに喜びと美しさを取り入れていました。園芸作物は食料品の重要な部分を作り出しましたが、花はまた花輪での使用のためにお祝いの機会に着用するためと薬用にも栽培されました。貧しい人々は野菜を栽培するためのパッチを用意していましたが、金持ちは木や木や魚や水鳥の入った装飾的なプールが並ぶ庭園を手に入れることができました。レーズンとワインが生産されたブドウのブドウの木を支えるためにパーゴラを形成する木造の構造があるかもしれません。装飾的な彫像で、装飾的な理由で精巧な石造りのキオスクさえあるかもしれません。

エジプト第11王朝にまでさかのぼる庭の葬儀モデル、c。2009〜1998年紀元前。もともとテーベから来た、塗られたそしてジェッソされた木でできています。

寺院庭園には特別な野菜、植物またはハーブを栽培するための区画があり、それはある神聖なものと考えられており、それは儀式やミンへのレタスのような供物で必要とされていました。神聖な果樹園と観賞用の木は、カルト寺院と葬祭殿堂の前または近くに植えられました。寺院は天の表象であり、実際の神の本拠地として建てられたので、庭園は同じ原則に従って配置されました。入り口まで続く道には木が並び、中庭には小さな庭園があり、寺院の間には木、ブドウ畑、花、池のある庭園がありました。

古代エジプトの庭園は、現代の庭園とは違って見えたでしょう。それは、今日の特別に育てられた花を欠いている、ハーブのコレクションまたは野生の花のパッチのようにもっと思われたでしょう。アイリス、キク、ユリ、デルフィニウム(青)のような花は確かに古代人に知られていましたが、庭のシーンではあまり特徴がありません。正式なのは、マンドレーク、ポピー、コーンフラワー、または蓮とパピルスで構成されているようです。

エジプトの乾燥した気候のために、庭を手入れすることは絶えず注意を払っていることを意味して、そして灌漑に依存しました。熟練した庭師は寺院や富裕層の世帯に雇われました。仕事には、植栽、除草、shadoof(撥ね釣瓶)による水やり、果樹の剪定、地面の掘削、そして果物の収穫が含まれていました。

古代ギリシャとローマの庭園[編集]

ヘレニズム庭園[編集]

エジプト人とローマ人の両者とも活気にあふれていたにもかかわらず、ギリシャ人は私用庭園を所有していなかったのは不思議です。彼らは寺院の周りに庭園を置き、彼らは彫像で歩道や道を飾りました、しかし他の共同体の富を示した華やかで喜びのある庭園は一見欠けています。

ポンペイのヴェッティ邸のローマの庭園の再建

ローマの庭園[編集]

ローマの庭園は平和と孤独の場所、都市生活からの避難所でした。装飾用園芸はローマ文明の発展の間に高度に発達しました。ローマ帝国の管理者(紀元前100年 - 西暦500年頃)は、農業、園芸、畜産、水理学、植物学に関する情報を積極的に交換しました。種子と植物は広く共有されていました。ローマの端にあるPincian HillにあるLucullusの庭園(Horti Lucullani)は、紀元前60年頃にヨーロッパにペルシャの庭園を紹介しました。

中国と日本の庭園[編集]

中国蘇州の「残像庭園」からの岩の彫刻

中国と日本の庭園デザインは両社とも伝統的に山や川といった自然の風景を呼び起こすことを意図しています。しかし、庭園の意図された視点は異なります:中国の庭園は庭の中から見られるように意図されていて、日常生活のための設定として意図されています。いくつかの例外を除いて、日本庭園は、まるでジオラマのように家屋の中から見られるように意図されていた。さらに、中国の庭はしばしば水の機能が生じるが、日本庭園はより湿潤な気候にさらされるので、庭の手入れの際にしばしば水文様で見立てる(波パターンに掃き集められた砂や小石などで)。伝統的な中国庭園も植物を自然主義的な方法で扱う傾向がありますが、伝統的な日本庭園は植物を山やの形に剪断することも行われる。これは石の要素の取り扱いとは対照的です。日本の庭園では飛石は景観の一部としてグループ分けされて配置されていますが、中国の庭園では目立つ場所の台座に配置されることもあります。もっと単純に鑑賞できるのかもしれません。

頤和園北京で翡翠ベルト橋

中国庭園の構造は、岩と水に根ざした文化の創造神話に基づいています。長寿を持つということは、山と水の中に住むことです。それは自然と共に生きること、不滅の存在のように生きること(西安)です。この庭園は、文明の問題から解放された、ひとつのものを不滅にする健康的なライフスタイルを呼び起こします。このように、中国の風景はシャン(山)とシュイ(水)として知られています。(ロジャーの引用を追加)

象徴主義は中国の庭園デザインの重要な要素です。中国庭園の素朴な色調には、陰陽のコントラストを引き出すために、赤や金のタッチがしばしば追加されます。赤と金の色も運と富を表しています。木製のドアに刻まれたコウモリ、龍、その他の神秘的な生き物も中国の庭園によく見られます。これらは運と保護のしるしです。

ヨーロッパの庭園史[編集]

ビザンチウムの庭園[編集]

ビザンチン帝国は、1000年以上(西暦330年 - 1453年)にわたり現代のスペイン、イギリスから中東と北アフリカまでの地理的地域にまたがっている。おそらくこの一時的で地理的な広がりとその激動の歴史のため「ビザンチン様式」と名付けられた独特の支配的な庭園様式はありません。公共の、帝国の、そして私有の庭園の考古学的証拠もせいぜいわずかであり、長年にわたる研究者はビザンチン庭園の主な特徴についての手がかりを引き出すために文学的な情報源に頼ってきました。HysmineやHysminias (12世紀)などのロマンス小説には、庭園の詳細な説明が含まれていて、その人気はビザンチンの喜びの庭園に対する熱意(ロクス・アモエヌス)を証明しています。Geoponika (10世紀)のようなより公式の園芸文章には実際にヘーシオドスの時代にさかのぼる蓄積された農業慣行(接ぎ木、散水)および異教徒の慣習(占星術、植物の同情/反情の関係)の百科事典を彼らが繰り返し出版し、16世紀まで他の言語に翻訳したことは、古代の園芸的知識に起因する証拠である。これらの文学的な情報源はタイプ別に並べられた植物を持つ壁のある庭園の概念を宣伝するハンドブックとして機能し、理想はコンスタンティノープルの郊外公園( Philopation、Aretai )と宮殿庭園( Mesokepion、Mangana )で表現がみられた。

ビザンチンの庭園の伝統は、帝国自体がさらされていた歴史に強く影響を受けたが、初期のそして最も重要な影響を及ぼしたのは創設者コンスタンティン大王による帝国の公式の宗教としてのキリスト教の採用でした。新しい宗教は、グレコローマン式ガーデンスタイルにより装飾的な異教の彫刻からの出発で示されました。第二の影響は特に9世紀以降、中東イスラム諸国との接触の増加でした。皇帝の宮殿の贅沢な調度品と宮殿庭園のオートマトンの採用はこの影響の証拠です。3つ目の要因は、7世紀以降、ビザンチンの都市のデザインが根本的に変化したことで、人口が減少し、農村化も進みました。手の込んだ庭園に資金を供給し維持することができる裕福な貴族のクラスはおそらく並行して縮小していった。最後の要因は、より「囲まれた」庭空間( hortus conclusus )への見方の変化でした。その当時ヨーロッパで優勢な傾向であるローマ時代の別荘の造園家たちが好んで開いていた景色と眺望は、庭の壁とこれらの壁の内側に描かれた美しい景色へと置き換えられました。天国の楽園の概念はその間、そして特に象徴的時代(7世紀)後、それが神の罰と悔い改めることに重点を置いた後に人気を博した囲まれた庭園と化した。

ビザンチウムの長い歴史を通して栄えた園芸の分野は修道院によって実践されたものでした。考古学的な証拠は修道院園芸の限られた資料を提供しているが、たくさんのクリスチャン修道院の基礎資料(τυπικόν、typikon )と彼らの園芸活動を説明する聖人の伝記を研究することで多くを学ぶことができます。これらの情報源から、修道院は壁の外側に修道院の庭園を維持し、泉や雨水を供給された複雑な灌漑システムでそれらに水を供給していたことがわかった。これらの庭園には、僧侶や巡礼者のためのブドウ畑、広葉樹野菜、果樹が含まれていました。庭師の役割は謙虚な行為として修道士によって頻繁に想定されていました。当時確立されていた修道院での園芸習慣は、ギリシャと中東の至る所のキリスト教修道院でいまだなされています。

中世の歴史[編集]

ヨーロッパで中世のころに修道院は庭の設計そして高度な園芸の技術の伝統が続いた。特定の園芸技術を採用するのではなく、修道院が自分たちの庭のためのさまざまな目的のために洗練していったことが証明されている。園芸の慣行に関しては記録は限られており、元の形に完全に当てはまる現存の修道院庭園はないとされるが、スイスのサン・ガル(St. Gall)の修道院にあったかもしれない記録があるのは庭のタイプを示す計画であった。

一般的に、修道院の庭のタイプは家庭菜園、診療所の庭、墓地の果樹園、回廊のガースとブドウ畑から成っていました。個々の修道院はまた「緑の裁判所」馬が放牧することができる草や樹木の区画、ならびに僧院内の特定の役職を持つ僧侶のための地下室または私設庭園を持っていたかもしれないという。

編まれたワトルゲートは、15世紀のキャベツパッチから動物を排除

功利主義的な見地から、野菜とハーブの庭は、僧侶と、場合によっては外部のコミュニティも養う、または治療するのにつかえる食事と薬用作物の両方を提供に活用。サン・ガルの計画で詳述されているように、これらの庭園は長方形の区画に配置されていて、収量の収集を容易にするためにそれらの間に狭い道を設けていた。多くの場合、これらのベッドは動物が入らないようにするために防護柵で囲まれていました。家庭菜園では、フェンネル、キャベツ、タマネギ、ニンニク、ネギ、ラディッシュ、パースニップ、さらにはスペースがあればエンドウ豆、レンズ豆、豆が栽培されていたようである。これに診療所の庭園には、Rosa gallica ( "The Apothecary Rose")、香り高い、コストマリー、フェヌグリーク、ローズマリー、ペパーミント、ルー、アイリス、セージ、ベルガモット、ミント、ラバージュ、フェンネル、クミンなどのハーブが含まれています。

ハーブと菜園は生産の目的を超えた目的を果たしていましたが、設置と維持には修道士に対する聖ベネディクトの規則によって規定された宗教的な生活様式の手動労働要素を満たすことを可能にしていた。

果樹園は、食料生産の場として、そして肉体労働の場としても機能し、セントガルの計画で詳述されているような墓地園はさらに多様性を示した。墓地の果樹園は果物を生産するだけでなく、パラダイスの庭の自然の象徴としても現れていた。肉体的および精神的な必要性両方を満たす空間としての庭のこの二重の概念は、回廊ガースに引き継がれました。

回廊のガース、ビザンチウム、ペリスタイルのアーケードに囲まれた草の長方形の区画からなる閉会道は、信徒には禁じられ、主にvitaの熟考者の軌跡である隠れ家としての役割を果たしていました [10]。ビリダリウムはしばしば道に二分されたり、四分の一にされたり、ガースの中央や側面に屋根付きの噴水が設置されていました。いくつかの回廊の庭園には小さな魚の池も含まれていました。これは地域社会のためのもう一つの食料源です。アーケードは、教えること、座って瞑想すること、または悪天候下での運動場に活用されました。

ガースが霊的な援助として役立った方法に関して多くの推測があります。ウンベルト・エーコは、緑の帯を僧侶が疲れた目を休めるかもしれない一種の香油であるとして説明し、それにより活力を取り戻して読書に戻ることができるとした [11]。まばらに植えられているが、回廊のガースで見つけられる植物材料は様々な宗教的なビジョンを刺激したかもしれないと一部の学者は示唆しています [12]。象徴的な価値を庭に吸収するというこの傾向は、宗教的秩序だけに固有のものではありませんが、中世文化全般の特徴でした。ターナーが言うように、四角い回廊のガースは、コンパスの4つの点、つまり宇宙全体を表すことを目的としていました。

瞑想しながら回廊を歩くことは、「人生の道」に献身することでした [13]。実際、それぞれの修道院の庭園には象徴的で触知できる価値が込められており、創作者の創意工夫に裏付けられています。

中世後期には、文章、芸術、文学作品が庭のデザイン発展の絵を提供します。12世紀後半から15世紀にかけて、ヨーロッパの都市は国内の防衛と貿易の管理のために壁に囲まれました。これらの壁の中のスペースは限られていましたが、残った文書は都市の境界内に動物、果樹、そして家庭菜園があったことを示しています。

ボローニャの弁護士であるPietro Crescenziは、13世紀の農業の実践的側面について12巻にわたる文献を執筆し、中世の園芸の実践について説明しています。彼のテキストから庭は石垣、厚いヘッジまたは囲いで囲まれており、トレリスとアーバーが組み込まれていることがわかります。その形を回廊の正方形または長方形の形から借用し、正方形の植栽ベッドを備えていました。

草は中世の庭園でも最初に注目されました。1260年頃に書かれたアルベルトゥス・マグヌスDe Vegetabilibus』では、草地の植栽についての指示が与えられています。「芝座席」と呼ばれる芝で覆われたバンクは庭の座席を提供するために造られた。果樹は一般的であり、新しい品種の果物を生産するために接ぎ木されていました。庭園には観賞用の舞台として機能する盛り上がったマウンドまたはマウントがあり、盛り上がったプラットフォームでベッドを植えるので習慣的に高められていました。

中世後期からの2つの作品が植物栽培について掲載しています。1393年に刊行した一般家庭へのアドバイスガイドのLe Ménagier de Parisおよびイギリスの詩、ジョン・ガードナー「GardinageのFeate」 において、栽培において各種のハーブ、花、果樹、および低木が、手順によってリストされた。

Ménagierでは播種、植栽、接ぎ木について季節ごとにアドバイスを提供しています。

中世で最も洗練された園芸は修道院で行われていました。修道士は園芸技術を発達させて、そしてハーブ、果物と野菜を栽培しました。彼らが育てた薬草を使って、修道士は修道院の中と周辺の地域社会で苦しんでいる人々を治療しました。

中世では、庭園は地上と神とを結びつけると考えられていました。楽園または「失われたエデン」のための寓意として囲まれた庭は、hortus conclususと呼ばれました。宗教的で精神的な意義を帯びた、囲まれた庭園はしばしば視覚芸術に描かれており、囲まれた場所の中に聖母マリア、噴水、ユニコーン、そしてバラを描いていました。

中世の庭園にはそれに続くルネサンスの庭園の特徴の多くが欠けていましたが、これらの庭園の特徴のいくつかは今日も取り入れられ続けています。

メディチのPetraia荘は、ニコロ・トリボロによってフィレンツェの近くでつくられた、16世紀の壮大な建築スキームの前に、初期のルネサンス・イタリア式庭園の縮図

ルネサンス[編集]

イタリアのルネサンスは私立園芸の革命を引き起こしました。ルネッサンスのプライベートガーデンは、古代の神話や他の学んだ暗示からのシーンでいっぱいでした。この時期の水は特に象徴的でした。それは繁殖力と豊かな自然に関連していました。

最初の公共庭園は、16世紀にスペイン王によってヨーロッパとアメリカに建設されました。

フレンチバロック[編集]

ガーデン・ア・ラ・フランセーズ、またはバロック様式のフランス庭園、アンドレ・ル・ノートルの伝統庭園。

Carlo Maratta画、アンドレ・ル・ノートル(1613年3月12日 - 1700年9月15日)の肖像

フランスのルイ14世 (1638年 - 1715年)とヴェルサイユ宮殿宮廷庭師であるアンドレ・ル・ノートル (1613年 - 1700年)の時代に、フランスの古典的な庭園様式、またはフランス式庭園が始まりました。14世紀から15世紀のイタリアのルネサンスの庭園とフランスの哲学者ルネ・デカルト (1576年 - 1650年)のアイデアから、これらの庭園へのインスピレーションが最初に生みだされた。現時点でフランス人はイタリアの前例の割合にと比較して巨大な庭を開くことで権威、富、そして権力を示すために、君主と「人間」が自然を支配し、操作していることを象徴していく[14]

解析幾何学の創始者であるルネ・デカルト は、自然界は客観的に測定可能であり、空間は無限に分割可能であると考えていました。「すべての動きは直線なので、空間は数学座標の普遍的なグリッドであり、すべてが無限に拡張可能な平面上に配置できる」という彼の考え、デカルト数学を与えました。古典的なフランスの庭園を通して、この座標系と哲学は現在も物理的および視覚的表現を与えられています [15]

このフランスの平面幾何学式庭園のスタイルは、主に巨大で平らな土地に邸宅を集中して建てていった。本館から遠くなるほど狭くなる大きな中心軸は、視聴者の視野を水平線に強制しさらに大きく見せます。見る人は、その特性をまとまった全体として見ることになるが、同時に庭のすべての構成要素を見ることはできません。一つは論理的な進行や物語を通して導かれ、近づくまで見えない要素に驚かされることです。神話的な言及を孕む彫像と水景物を通して、寓意的な物語が供えられる。庭の景色を引き伸ばすだけでなく、不意打ちを隠すのに役立っているほど小さくて微細なグレード変化もある[16]

これらの壮大な庭園には、演劇、コンサート、花火大会などで宮廷や客を楽しませるための精巧な舞台となるスペースがあります。そして以下の庭の特徴のリストにある要素が使用されていった。

地中海風の庭園[編集]

地中海沿岸は、西洋社会の初期の拠点であり、何世紀にもわたって使用されてきたため、土壌は脆く、この地域の景観文化は実り性と倹約性の対立であると考えることができます。この地域は主に小規模の農地で構成されていました。その後、第二世界大戦後、地中海の移民がこの農業スタイルをカナダにもたらし、そこで裏庭の果樹と野菜栽培が一般的になっていきました [17]

英オランダ庭園[編集]

ピクチャレスク(絵のように美しい)英国式庭園[編集]

中世のイギリスでは森林地帯が多くの役割を果たしていましたが、そのうちの1つがジェントリのためのゲームを提供することでした。貴重な土地の領主は、王室訪問中に狩猟のためにたくさんの動物を囲うことが期待されていました。森林に覆われた邸宅は自然溢れる場所にあるにもかかわらず、それらがすべての設備が備わっているように見えることで、地位、富と力を象徴することができました。産業革命後、イギリスの森林産業はそれが存在しなくなるまで縮小していった。それに応じて ガーデンシティ運動が台頭し、汚染などの悪影響を相殺するために20世紀初頭に工業化地域に都市計画が導入されていった [18]

18世紀のイギリスの園芸に影響を与えた伝統がいくつかあり、そのうちの1つは家の周りに木を植えることでした。17世紀半ばまでにはコピス植栽は一貫したものとなり、視覚的にも審美的にも楽しいものと考えられていました。中世のイギリスでは森林地帯が狩猟目的に有用でしたが、18世紀では実用性からデザインへの園芸アプローチといったさらなる逸脱を示しはじめ、これが人間の感覚を満足させることを意味していった [19]。同様に、英国の遊園地は中世の畑の影響を受けていましたが、その一部は18世紀イギリスにはまだ存在していました。この影響は低木の形で現れ、時には迷路や迷路のような形で組織されます。また、古くはありましたが、この方法で光が下層に入ることが可能になったため、シュレッディング(剪定手法)はこれらの初期の庭園の共通の特徴となりました。シュレッディングは、果樹、香りのよいハーブや花が咲く果樹園、そして苔で覆われた小道が理想的な庭の畑で作られました [20]

植物園の初期の記述は1543年にピサにあったが、イギリス最初の植物園は1621年にオックスフォードにあった[21]ロンドン近郊に1759年に設立された[22]キューガーデンは、オーガスタ王女プリンセス・オブ・ウェールズが、当時の著名な植物学者、Lord ButeとStephen Halesらと協力して、エキゾチックな植物で庭を大きく満たしていく。[23]すると、1769年までに、キューガーデンには3,400種類以上の植物がありました [22]

シェフィールドパークガーデン、もともとケイパビリティブラウンによって18世紀に作庭された風景式庭園

ピクチャレスク庭園のスタイルは、18世紀にイギリスで生まれました。ロマン主義流れの一つです。ウィリアム・ケントランスロット・ブラウンようなガーデンデザイナーはヨーロッパの芸術家、特にクロード・ロランニコラ・プッサンサルヴァトル・ローザの寓意的な風景画をエミュレートしました。寓意的な寺院が点在する手入れの行き届いた丘、湖や木々が土地に彫刻されていました。

1790年代までに、これらのステレオタイプの構成に対する反論がありました。多くの思想家が絵のように美しい庭園のアイデアを宣伝し始めました。運動のリーダーは、自然の彼の現実的な描写で知られている熟練した芸術家であるランドスケープ理論家ウィリアムギルピンでした。彼は手入れの行き届いたデザイナーよりも自然の風景を好み、与えられた場所の地形に対応するよう促しました。彼はまた、古典的な美しさは滑らかできちんとしたものと関連していましたが、絵のような美しさは荒れた、手付かずの質を持っていたことを指摘しました。絵のようなスタイルには、建築物 - 城、ゴシック遺跡、素朴なコテージ - も含まれています。

絵のような学校と手入れの行き届いた庭園の支持者との間の論争は、19世紀にまでつづいた。 ランドスケープデザイナーのハンフリー・レプトンはギルピンのアイデア、特に周囲の地形と調和させる庭のアイデアを支持しました。彼は2人のライバル理論家、リチャード・ペイン・ナイトとユーヴドール・プライスによって報道された。レプトンは、絵画とランドスケープガーデニングの違いを浮き彫りにして反論しています。ウィリアム・シェンストーン (William Shenstoneが「ランドスケープガーデニング」という用語を造語したとされています [24]が、レプトンは、庭は絵画とは異なり、鑑賞者は庭を通り抜け、常に視点を変えると解説。

フランスの風景式庭園ジャルダン・ホルンジャルダン・ピトレスクと呼ばれるが、英国の庭園に影響を受けました。トルコのテントや中国の橋のようなロココの特徴は、18世紀のフランス庭園で一般的です。こうしたジャルダンはアングロ・シノワと呼ばれ、通常は素朴でエキゾチックかつ劇中などで出てくる風景のように段階的、そして牧歌ロマンスと牧歌的な感情で満たされていった。

フランスのピクチャレスクなガーデンスタイルが影響を受けたものとして、ジャン=ジャック・ルソーが2つのカテゴリに分類している。前者のスタイルは (fr:Désertde Retzモンソー公園、後者はムーラン・ジョリー (fr:Moulin Jolieによって示されているとしている。

フランスの美しい庭園に見られる素朴さは、オランダの17世紀の風景画と、フランスの18世紀の芸術家、クロード・アンリ・ウォレット (fr:Claude-Henri Wateletフランソワ・ブーシェ、ユベール・ロベール (fr:Hubert Robert作品の賞賛にも由来しています[25]

イングリッシュガーデンとは、元来のランドスケープガーデンの例のスタイルでの解釈、派生、および復活を表す、英語圏の世界での一般的な用語です。

19世紀以降[編集]

1789年に起きたフランス革命はそれまでの建築や庭園のスタイルを過去のものとみなした。しかし、亡命していた貴族たちが帰国して造り上げた19世紀前半の庭園の多くは、以前のスタイルの改良版であるより使いやすくされたイギリスの風景式庭園で、レプトンの影響がみられるようになったのだった。そしてガブリエル・トゥアンなどその後の造園家たちはそのデザインを合理的にとらえようと努め始める。

産業革命が進展し、パリの大改造計画が行われた19世紀後半になると、エドゥアール・アンドレが「公園と庭園の構成についての概論」を1879年に著す。彼は庭園の構成を三種類に分けている。幾何学的な構成、風景的な構成、それに両者を取り入れた構成である。彼はその中で第三の案、両者を取り入れた構成を推薦している。

また、19世紀後半にはイギリス風景式庭園に対する反発が表われ、幾何学的なフランス式庭園が見直されたばかりでなく、放置されてきたフランス式庭園を修復する動きが盛んになった。ル・ノートルによる多くの庭園はこの時代に修復されている。

そして、イタリア式についてもチャールズ・プラットが1894年に「イタリア式庭園」を出版。この書にはイタリア式のもつ、屋外と屋内をうまく統合した点や建築と敷地との関係という点に対して、高い評価がみられ、以降新しいスタイルとして、注目を浴びることになる。

20世紀に入ってもこの傾向が続く。公共造図や都市計画の分野で活躍したジャンクロード・ニコラス・フォレステイエは庭園においてもバラ園で有名なバガテル庭園を修復したほか、自ら個人庭園を設計した。それはイタリア式庭園に強く影響を受けた構成であった。

ガーデネスク庭園[編集]

18世紀末からイギリスの社会は大きく変わっていく。産業革命が始まり、工業が発展をとげる。19世紀にはイギリス風景式庭園という大規模な庭園を造り上げてきた大地主である貴族の力が弱まり、工業を中心とする産業を背景にした資本家が力を獲得した。さらに中産階級が興隆してくる。そして彼らによる庭造りが始まる。

こうして1830年頃から生まれてきた新しい庭園はガーデネスクと呼ばれている。

ガーデネスク様式の英国式庭園デザインは、1820年代にハンフリー・レプトンピクチャレスクまたは "Mixed"スタイルから、主にその用語を発明したジョン・ラウドンの努力によって発展しました。その中心人物とみなされた造園家ラウドンは小さいときから庭いじりが好きだった造園家であるとともに、勉強家で学者としての側面ももっていた。1823年に「園芸百科事典」を著したほか、1826年には『ガードナーズ・マガジン』という雑誌を創刊している。そして1832年にガーデネスクという考えを『ガードナーズ・マガジン』誌上に表した。その考えは、一口にいうと、それぞれの植物は庭園の中で可能な限り自然の姿、樹形を見せた方がよいというものだった。

ガーデネスクという名称は、以前の絵画的な効果を考えて植物が配置された庭園の考えであるピクチャレスクと対比させることを意図して名づけられたもので1838年には「郊外の造園家と別荘の友」を出版し、いろいろな庭園を分析している。

ラウドンによる庭園デザインは単純である。芝生の上に曲がったりあるいはまっすぐな園路があり、それが花壇や樹木、石積みといった見所を結んでいるのである。

ガーデネスク計画では、すべての木、低木および他の植物は、各植物の特性が最大限に発揮されるように配置および管理されるが、植物学の普及に賢明な人々のための研究についての適切な主題として、ガーデネスクは植物の珍品性とコレクターの視点を強調する傾向があり、初期の園芸では奇妙で異星人のように見えたであろう新しい植物材料、例えばアルゼンチンからのパンパスグラスやチリからのモンキーパズルの木などを導入していた。曲がりくねった道は点在する植林地を結び、ガーデネスクのアプローチは、細部の美しさ、多様性、そして謎を、時には一貫性を損なうように促進するために、特徴やビネットが点在する小規模の風景の創造を伴った。人工の塚が低木の段階でグループ化するとともに島のベッドが著名な機能になる。 [要出典]

19世紀後半になるとイタリア式庭園の形もよく用いられるようになる。そして植えられた植物がいままでとは異なって外国産の植物が次々とイギリスに集められ、庭園の中に植えられるようになったので最初は温室の中に持ち込まれたのだが、耐寒性のある植物から庭園に配置された。それらの中には派手な色彩をもつものが多く見られた。小さな庭園でもこの影響を受けている。派手な色彩の草花をモザイク状に植え込んだのである。

アメリカ合衆国は1778年にイギリスから独立する。そのころにはすでにいろいろな庭がつくられていたが、北アメリカ原産の珍しい植物を庭園に集めていた植物愛好家の庭園が多かった。そしてまた、これらの植物はヨーロッパへともたらされた。

19世紀に入るとラウドンの考え方をアメリカで応用しようとする造園家が現われる。アンドリュー・ジャクソン・ダウニングであり、ラウドンの美についての考えを母国に適合するように改めた。それをまとめた本として 『造園の理論と実践提案』を1841年に著し、これが アメリカで最初の重要な造園書の一冊とみたなされている。また、アメリカの女性に庭造りをすすめ、ラウドンの妻のジェーン・ラウドンが1841年イギリスで 出版した「女性のための庭造り」を同年にアメリカで出版している。

野生の庭園と草本のボーダー[編集]

19世紀末から20世紀にかけて新たな傾向が生みだされる。

ウィリアム・ロビンソンの本ではサセックスのGravetye荘園の彼自身の「野生の」と、バラ色で理想化されたが歴史的にほとんど存在しなかったケイト・グリーナウェイによるガーデニング、両方ともに「小別荘の庭」についてセンチメンタルな写真を示して説明しているが、これがサリーのMunstead Wood マンステッドウッド である。

1890年代からガートルード・ジーキルにより主張された混合草花植栽は場所の開発にも影響した。エドウィン・ラッチェンスによって設計されたテラスと階段のよりフォーマルな構造内の深いベッドの中で多年生植物と一年生植物および球根と低木を混ぜた彼女のプランテーションは、第二次世界大戦までハイスタイルで高メンテナンスの園芸のモデルを提供していた。ジーキルは画家でもあったが、彼女の興味は植物を形や材質そして色彩に応じて配置することだった。多年生の草花による縁取りを好み、また野草を好んだのである。

造園家ジーキルと建築家ラッチェンズは共同で仕事を行っていた。二人ともウィリアム・モリスアーツ・アンド・クラフツ運動に共鳴し、ラッチェンズは地方色豊かな田舎風の家を設計していた。

マンステッドウッドにある彼女自身の庭園では家の付近は整形的に成され、そこから小径が自然風景の中に延びている。そして植物を花の季節によりまとめ、植栽していた。庭園を連続した絵画として考えていたといわれている。その後ラッチェンズが庭園の構成を受けもつようになり、庭園の構成は整形的な姿になった。ジーキルはそれを和らげるような植栽デザインを行っている。この庭園の形は彼らの出身地の名をとり、サリー派と呼ばれている。

ケントシシングハースト城にあるヴィタ・サックヴィル=ウェストの庭は、オブザーバーの庭師独自の園芸コラムで公開されている、この時期最後のロマンチックスタイルの花の中で最も有名で影響力のある庭です。

現代的な庭園[編集]

20世紀になると、

などがみられたが、一方でモダニズム庭園、そして、建築家がイノベーションを目的とした建物や住宅の設計を始める延長上で、庭園と建築との調和を強調する。

フランスの庭園の特徴は現在に至るまで伝統的に建築と庭園が密接なことである。さらに都市計画が 庭園デザインと結びつけられて考えられることも少なからずある。たとえばルーブル宮殿から凱旋門を結ぶシャンゼリゼの大通りは現在さらに延長され、新題旋門まで延び、ラ・デファンスという副都が造られたが、もとはル・ノートルが仕上げたチュイルリーがその起源なのである。

また都市の公園ではその多くで美しい花壇がみられる。あでやかな花が寄植えされているが、それは19世紀に庭園で流行したモザイク状の植え込みの影響をうけているのである。

ハーバード大学建築学科の教授でローマ大賞をうけたジャン・アフネル(ハフナー、Jean Jacques Haffner)は著書で、「各時代の建築には、その時代の庭がある。私たちには私たちの庭がある。私たちは私たちをブリッジマンやケント、またル・ノートルの芸術のなかにとじこめない」の標語のもとに彼の計画した庭園はまさに近代のあけぼのを告げるものであった。著書にある(パリ?)郊外の小庭園と緩斜地にテラスをきり、水盤と花をテーマにした庭園はいずれもそれまでに類型の見出されない庭園である。 アフネルと同じ主張の庭園家の1人にアルベルト・モムネ(Albert Maumené)がいる。 庭園は住宅と密着し、その延長線上のものであるというが、アフネルが建築家であるに対しモムネは庭園協会のメンバーである。ギ・オタン(Guy A. Otin)が庭園は所有者だけでなく社会的にも効用があるというとき、それは空気の浄化と清い空気が心のやすらぎとなるサロンを意味しているようである。空気が植物でもって浄化されることを否めないが、むしろ心情的な貢献が大きいと解すれば、まさにオタンはそうした主張に先鞭をつけた人であったといえる。

1920年代から30年代にかけて流行した「水と光の庭」(Jardin d'eau et de lumière)がある。 その1例はガブリエル・ゲヴレキアン(G. Guévrékian)設計の代表作にみることができるが、植栽空間と水の戯れにアクセントをつける照明。この頃までは軟らかいボカシとして照らし出される部分と陰の部分とのあいだに、明確な境界をつくることをさけていたが、ゲヴレキアンにおいては逆に特定のもの、とくに水を強調するため大胆に照明が駆使される。庭園芸術におけるシュールレアリズムともいえるこうした庭園はしばらくの後に影をひそめたものの、それが戦後に庭園といわず建造物、遺跡の周辺にまで「音と光」 Son et lumiére を流行させるよすがにならなかったとは断言できない。 またジョセフ・マラスト(Marrast)の代表作「水の道」(Allée d' eau)の発想はフランス式庭園はもとより、ルネサンス庭園にもみられるが、それを庭園の主要テーマとしたのは第2次大戦直前になる。第2次大戦後もひき続き活躍を続けたフランスの造園家リウッス(André Riousse)がいる。「庭園は建築の自然の額縁であり。建築の発展に同伴する」(Le Jardin, cadre naturel de l'architecture, 1'accompagne dans son évolution)の言葉からわかるように、彼も前述したアフネル、モムネと同様理念の造園家とみなされる。リウッスは当時フランスで唯一の造園家養成校ヴェルサイユ国立園芸学校の教授でもあったが、美術と都市計画を専攻してもいる。もっとも近年の小庭園、といっても往時での住宅庭園の概念の小庭園ではなく、過去の諸様式との比較におけるそれとでは庭園と建築との提携が密になるのは必然である。リウッスが1900年のトゥロカデロの改造の責任者となり、また1908年に初版、1925年に再版を出した<Parcs et jardins>の著者ジュリス・ヴァシュロ(Jules Vacherot)と共同設計を行なった中庭があるが、この庭も少なくとも彼が建築と庭園との遮繋を重要視したことは理解できる。

ただし、リウッスの代表的著書「今日の小庭園」に収められている2つの現代庭園、フランスレーシングクラブの花いっぱいのバーや園芸家 エスマン作のミニアチュール庭園など、フランスの庭園は概して開鎖的である。 その点では日本などと似ているが、アメリカ大陸やオセアニアの庭園とは異なり、またヨーロッパのなかでもいかめしい塀に囲まれているのがフランスの個人庭園ではある、というよりはフランスの邸宅では庭園が住宅の奥に静まり返っていることが多く、日本と同じく前庭形式の家が少ないようで、マルリイ・ル・ロワのサルドゥ邸等は、前庭を抱えている珍しい例といえる。岡崎文彬も著書でフランス滞在中に庭づき1戸建ての家に招待されたことが2度あることを紹介しているが、いずれも晩餐であったため、カメラに収めることはできなかったがそれらはまさしくリウッスが「今日の小庭関」に収録しても不当でないほど立派をものであったが、その庭は概して閉鎖的であったという。 ルネ・ペシェール(René Pechère)はよく知られているベルギーの造園家であるが、造園家は建築家と園芸家の、また画家と詩人の雑種であるとしながらも、ぺシェールは「むずかしい技術をこなさなければならない芸術家は幸いである」(Heureux 1'artiste qui doit vainere une matière difficile)とのアランの言葉を引用し、さまざまな素材を活かすことの喜びを述懐している。彼がリウッスとともに編集した「今日の小庭園」も現在の人たちを鼓舞するが、そのなかで彼自ら設計した庭園は現在に見ても斬新であるものが多いほか、ベルギーに造られた庭には芝に代るものとしてツゲで描かれた模様が多くみられ、それは敷地の不整を調整する役日を果たしている。メヘレン郊外にみるベルギーの庭園も、バンガロー風屋根をつけた邸宅と街路とのあいだには直線の舗石道があるだけだが片方を刈込みの生垣とし、他方を樹林としている。造園的技巧としてはとくにみるべきものがなく、庭匠の手をわずらわしていないものの、あきのこない快適な造形をみせている。

ドイツにおいても同様の現象が起きる。19世紀後半イギリス風景式庭園のスタイルは郊外の別荘の庭園で小規模になりながらもまだまだ設計されていた。ベルリンにあるフュルステンベルグ庭園はそのよい例である。やや起伏のある地形に芝生を造り、樹林を配置し、曲線の園路を庭園中にめぐらしている。庭園の片隅にテニスコートが造られていたが、それはこの時代の文化の影響である。

勢いが下火になるのは19世紀末のことで、その後庭園の新しい形態は建築家であるヘルマン・ムテジウスによりもたらされる。彼は他国の建築家同様、家屋と庭園は密接な関係があるので、建築家と造園家により別々に設計されるべきではないと主張した。1906年に建てた彼自身の家では庭園をまるで室内の部屋のように整形的な区画に区分し、パーゴラを用いて家屋とつなげている。

このスタイルはまもなく造園家も用いはじめた。レベレヒト・ミッゲがその中心人物であるが、自らを風景式庭園の伝統と区別するために「造園建築家」と呼んでいる。1913年に著した「20世紀の庭園文化」には、この建築的な庭園の長所について、新しい社会政治経済的特徴が用されるのはこの整形的な形態にあるとの見解が述べられ、新時代に対応した庭と考えられた。ほかに同国でこの時代の重要な造園家としてエルヴィン・バルトがいる。彼が造ったいくつかの個人庭はやがて盛んとなるユーゲントシュティール (ドイツにおけるアール・ヌーボー、植物の曲線を多用した様式)の例をみせる。

同時並行的に、典型的ボザール様式と派生的な初期のルネサンススタイルで庭園を合理化しながら、不要な参照や装飾を排除するようになり、庭園のモダンデザインが重要になりました。

またこの時代には表現主義(表現の強さの中に表象の価値を成り立たせる芸術様式) の庭園も造られた。グスタフ・アリンガーが1926年にドレスデンで開催された庭園博覧会において造った「未来の庭園」 がその例である。あまり実用的ではなかったようである。 その後の庭園において、整形的なデザインがもつ固さは、整形的ながらも不規則にデザインされたり、自然風景の要素が少しながらも取り入れられたり、いろいろな花が咲く多年草が植載されることにより和らげられていった。

現代建築にインスパイアされたガーデンデザインは、当然のことながら、「機能に従う形態」という同じ哲学に従っていたので、植物の成熟度に関する多くの哲学に関しています。

落水荘、ピッツバーグのカーネギー科学センターのスケールモデル

フランク・ロイド・ライトは、自然環境と完全に調和した家を設計することによって、現代の庭園に対する彼の解釈を示しました。タリアセン落水荘はどちらも自然界における建築の慎重な配置の例であるため、住居と周囲の関係はシームレスになります。彼の息子、ロイド・ライトは、父親と建築家アーヴィング・ギルと共に、オルムステッド兄弟事務所で建築と造園の訓練を受けました。彼は自分の作品の中で構造と風景の革新的な有機的統合を実践しました。

20世紀には、あまり構造化されていない野生生物による園芸は、自生植物を使った同様の庭園の生態学的枠組みを強調しました。この形式のアメリカおける主な支持者はランドスケープ・アーキテクトのイェンス・イェンセンで彼の手で設計された地域の公園、審美的な民間農園から自然風の庭園などが、芸術として磨き上げられた。彼の仕事はしばしば「プレーリー・スタイル」と呼ばれている。アメリカ原産の植物の知識を基にして、それらを庭園のデザインの中に取り入れていった。

1880年から1920年頃、富裕な人々は田舎に広々とした土地を買い求め、大邸宅と広い庭園を造りあげた。そこにレイアウトされた庭園はしばしばヨーロッパの庭園スタイルを取り入れている。やがて前述のとおり特にイタリア式庭園がモデルにされるようになる。

しかしながらこのような大庭園の建設は1929年の大恐慌により、終焉を告げた。

この頃、クリストファー・タナードのいう現代造園を鼓舞する源泉の1つに、現代的ハードスケープ技術の導入があり、これはかつて添景にすぎなかったものをテーマの位置にまでおしあげる発想と解することができうる。世界共通現象であるが維持費用はこの後高騰していき、管理しない、あるいはできない家で、庭をつくるに際し工芸品を導入するにはかなりの費用を必要として、あとで管理の必要性の少ない構成が歓迎されるようになることになるというもので、たとえばブラックヒースの現代庭園はその典型であるが、周辺に芝地と低木があり、また後方に高木もみてとれるが、園の本体は後年手入れを必要とする植物を主要構成要素としていない。これはイギリスにかぎったことではなく世界的な種向ではないかと考えられる。

例えば、ヴェネツィアのように、どの家からも舟が出る形態ではないが、アムステルダムを初めとするオランダの水都と化した庭には、しばしば維持に手のかかる噴水や水盤を必要としない。同国のフォッケルの庭園論からもそのことがみてとれるのであるが、モダンな掘割の貫流するアムステルダムには公私の緑地が掘割の水面を水景とみたて、わずかな敷地は花と緑で埋めつくされている。

北欧なども、フィンランドの奥地ともなれば、事情は別だが、へルシンキまたはその周辺に関するかぎりは庭園に池泉はほとんどみない。夏が短く、大きな水面がすぐ近くにあるためともいえる。そしてパターンは、住宅を市街地の中心部を除けば1,000平米単位の庭園がとり巻くが、住家の周りはバラをはじめとする花の低木および草花がいっぱいで、バラ園は整形に、一般の草花は自然風に仕立てる。住居から離れたところには、あるところは整形、あるところは非整形に樹木が植えられ、整形と非整形の扱いが同する例も少なくない。むろんその他にさまざまな形のものがあるに相違ない。

ノルウェーについては、高級住宅に属するペルドンの住宅庭園では斜面をきって造られた3階建ての住宅には中央に噴水をおき、そこに収れんする園路の敷石の目地からは芝が出ている。戦後の庭でしばしばみられるようになった手法であるが、底木を周辺に集中させている点、また街路に面して庭の景観がひらかれているのが多く見られていく。

コルチェスター、イギリスの現代的な庭園

その後、ハーバードに赴任したタナードに触発された ガレット・エクボジェームズ・ローズ、そしてダン・カイリー の 「ハーバードの悪者」として知られている 面々は、伝統的なランドスケープ・アーキテクチャーを研究している間に出会い、モダンな庭園のデザインにおける著名なパイオニアとなりました。

ハーバードが建築学部にモダンデザインを取り入れたので、これらの面々はそれらの新しいアイデアを解釈してランドスケープデザインに取り入れたいと意気込み、自然環境を反映したデザインで屋外生活のための機能的空間を開発することに興味を持つようになりました。

戦後のアメリカの人々の住居と家庭生活は、特に雑誌『サンセット』によって促進された西海岸側で、より屋外指向になり、裏庭はしばしば屋外の部屋に見立てられるようになりました。

モダンな庭園は、曲線と建築のデザインが新鮮に調和しており、その多くには幾何学や彫刻の抽象芸術が含まれていきます。スペースは、木や植樹の慎重な配置で定義されていった。

カリフォルニア でのトーマス・チャーチの仕事は本や他の出版物を通して影響力がありました。

カリフォルニア州ソノマカウンティ では、1948年に竣工したドネルガーデンのスイミングプール で、その中に抽象的な彫刻が描かれた腎臓の形をしており、モダンなアウトドアの象徴となりました。

メキシコでは、ルイス・バラガンがプライベートな国際スタイルとネイティブなメキシコの伝統と、メキシコシティの ハルディネス・デル・ペドレガル (Jardines del PedregalやSan CristobalのLos Clubes Estatesなどの住宅開発プロジェクトを組み合わせた、国際的スタイルのモダニズムの統合を探求していた [26]

都市のデザインにおいて、トレス・デ・サテライト (Torres deSatéliteメキシコのナウカルパンにあるかなりの大きさの都市彫刻です [27] が、彼の家、スタジオ、およびメキシコ市に1948年につくられた庭園は、2004年ユネスコ世界遺産として登録された[28]

ロバート・ブール・マルクスは、モダニストの造園をブラジルに紹介したこと、現代の自然芸術家および公共の都市空間デザイナーとして知られていた [29]。彼はブラジル、アルゼンチンベネズエラクアラルンプール(マレーシア)そして米国フロリダの公園や庭園のデザインを手がけたランドスケープアーキテクト (および 植物学者画家版画家生態学者自然主義者、芸術家、音楽家)でした。そして建築家ルシオ・コスタオスカー・ニーマイヤーらと一緒にブラジルの首都ブラジリアの著名な近代主義政府の建物のランドスケープデザインを手がけました。

第2次世界大戦後になると都市の郊外が住宅地となり、家屋と庭園が造られていく。その庭園はアンス・スコット・ジェイムズが著した「庭の楽しみ」によると5タイプがあるようである。最初にあげられるのは芝生とバラの庭である。次のタイプは北部の都市に多いそうだが、高山植物を集めた庭である。そして低木の庭、温室を中心とした庭、最後にあげられるのは菜園である。このようにいろいろな種類の庭が造られ、それぞれ美しさを誇り、魅力を放っている。

イギリスの農村では石垣で囲んだ広大を敷地に風景庭園を造るほか、一見矛盾にみえるがイギリスの御家芸であるトピアリを誇示した民家も少なくない。日本の信州あたりでみる刈り込み以上にシンボリックである。そして、戦前にはまったくみかけなかった彫刻的な庭園もある。

一方で市街地の住宅庭園、ロンドン市内にはベルリン、パリ、ローマなどに比べ1戸建ての住宅の連なる地区はいまでも多いが、パターンは前庭をおき、そこからやや高い位置に中流家屋が並んでいるという各都市の郊外の大通りにもよくみかける光景である。これはフランク・スコットがアメリカの郊外住宅における理想的な庭園について著し1870年に出版した『小規模の郊外住宅を美化する芸術』という本で、芝生の前庭が隣接して連なる状態を肯定し、維持しようと主張している。道行く人は道路沿いに広がる統一した芝生の広がりを楽しむことができ、住民の個人的な園は住宅の背後に造られていく。前庭は道路と連続の緑地にはなっていないが、簡単な鉄柵をめぐらすか、低い石垣の場合が多いので、歩行者には自ずと緑のローンと花、ときに樹木も目に入ってくることになるというものが主流となる。

庭のモニュメントケア[編集]

今日の庭園アート[編集]

MFOパークエリコン
1975年にオープンしたリチャード・ハーグによるシアトルのガスワークパーク
2006〜2014年のニューヨークのハイラインパーク

21世紀になっても、新しい庭園や公園が設計されていますが、今日では造園という用語は専門家にとって歴史的に重要な意味を持つため、しばしば造園作品と呼ばれています。

前世紀末のランドスケープ・アーキテクチャーに対する重要な衝動は、前衛的な現代性から発せられていた。たとえば、1926年にアルメニアの芸術家ガブリエル・ゲヴレキアン(1900-1970)によって設計されたイエールのノアイユ荘の庭(1925、Villa Noailles)の庭園が、そうした重要なプロジェクトでした。

抽象的現代絵画を彷彿とさせるA.コパカバーナ・ビーチパークを設計した前述のブラジル人ブール・マルクスの作品も現代に影響を与えた。イサム・ノグチのアイデアとアートはバラガンにも期待されていた。デ・ステイル(De Stijl)とバウハウスのデザインコンセプトも多くの影響力を及ぼした。

自然の庭や野生の庭のためのアイデアにはカール・フェルスターミン・ルイス、パイエット・アウドルフ(ニューウェーブの植栽)やウォルガンフ・エーメとジェームズ・バン・スウェーデンイアン・マクハーグ、ルイ・リロイとマーサ・シュワルツなど、現代的な造園や庭園のデザインにも反映されています。この概念をさらに発展させたものとして、例えば、フランスのランドスケープアーキテクト、ジル・クレモンのJardin(庭園)による改良があります。

さらに、ミニマリズムMinimal ArtとポップアートPop Artのアイデアもシュワルツ(Martha Schwartz、アメリカ)に取り上げられました。ラ・ヴィレット公園は、建築家ベルナール・チュミによって、脱構築主義建築のアイディアによって設計されました。このほかに高く評価されているパリの植物公園であるアンドレ・シトロエン公園は、ジル・クレモンとアラン・プロヴォらによる。

1992年のオリンピックでは、バルセロナ市は1980年代に数多くの公園を建設しました。重要なスペインのランドスケープアーキテクトはベト・フィゲラス(Bet Figueras)です。WEST8とアドリアン・フィーゼ(Adriaan Geuze)は、オランダ出身の有名なランドスケープアーキテクトです。ベルギー出身のジャック・ヴィルツ(Jacques Wirtz)は、形をした木を使って革新的な作品を作ります。野心的なヨーロッパの庭園芸術、キャサリン・モスバッハ(Catherine Mosbach)によって設計された新しいボルドーの植物園、ならびにスティッグ・L・アナセン(Stig L. Andersson)によるMalmöのAnkar Parkは、最近の例です。

マルツァーン保養公園にある4つの小川の庭、ベルリン

コーンウォールにあるLost Gardens of Heligan(修復された古い公園)とエデン・プロジェクトはどちらもイギリス人ティム・スミット(Tim Smit)による人気プロジェクトです。Heliganは歴史的な庭園を完全に修復する試みを表していますが、同時に古くて“失われた”という魅力を失わないようにしています。

ランドスケープアーキテクチャーの最近のテーマは、それぞれの場所の重要な歴史的およびアイデンティティー形成物を保存しながら、かつての工業地帯を利用することです。この成功例には、ペーター・ラッツの手掛けたラントシャフトシュパーク・デュイスブルク=ノルド(Landschaftspark Duisburg-Nord)がある。

植物の世話のためにパトリック・ブラン(Patrick Blanc)によって開発されたシステムは、パリのケ・ブランリ美術館(Muséedu quai Branly)のようないわゆる垂直庭園を通してファサードの緑化を可能にしています。

2000年以降、環境保護とリサイクルもますますガーデンデザインの対象となっており[30]、再利用された素材(またはその模倣品)が庭園に組み込まれています。

RHSオータムフェア、Lindley Hall London 2013、Oxo Tower Remix Gardenプロジェクトの一環としてのCloudy Bay Discovery Gardensの一部

レセプション[編集]

  • 2016年4月〜7月:ガーデンアート。科学、利益、そして楽しさの間のデザインされた質。ライプチヒ大学の監護/美術コレクション [31]

脚注[編集]

ノート[編集]

  1. ^ Douglas John McConnell (2003). The Forest Farms of Kandy: And Other Gardens of Complete Design. p. 1. ISBN 9780754609582. https://books.google.com/books?id=QYBSfUJPQXcC&lpg=PP1&dq=the%20forest%20farms%20of%20kandy%20and%20other%20gardens%20of%20complete%20design&pg=PA1#v=onepage&q&f=false 
  2. ^ Douglas John McConnell (1992). The forest-garden farms of Kandy, Sri Lanka. p. 1. ISBN 9789251028988. https://books.google.com/books?id=G3QPo7lThXsC&lpg=PP1&dq=The%20forest-garden%20farms%20of%20Kandy%2C%20Sri%20Lanka.&pg=PA1#v=onepage&q&f=false 
  3. ^ Turner, Tom (2005). Garden history: Philosophy and design 2000 BC–2000 AD.. Routledge. pp. 1–3 
  4. ^ Turner, Tom (2005). Garden history: Philosophy and design 2000 BC–2000 AD.. Routledge. pp. 1–3 
  5. ^ Dalley Stephanie, (1993) "Ancient Mesopotamian Gardens" Garden History, the Journal of the Garden History Society, v21.
  6. ^ Grayson AK, (1991) Assyrian Rulers of the Early First Millennium BC, vol 1, Royal Inscriptions of Mesopotamia, Assyrian Periods 2.
  7. ^ Genesis 2: 10–14
  8. ^ Finkel, Irving (1988) "The Hanging Gardens of Babylon" in The seven Wonders of the Ancient World, ed. Peter Clayton and Martin Price, Routledge ISBN 0-415-05036-7
  9. ^ Dalley, Stephanie, (2013) The Mystery of the Hanging Garden of Babylon: an elusive World Wonder traced, Oxford University Press. ISBN 978-0-19-966226-5.
  10. ^ (Stokstad and Stannard 56)
  11. ^ (Turner 123)
  12. ^ (Hindsley 8)
  13. ^ (Hindsley 8)
  14. ^ (Rogers, 165-167)
  15. ^ (Rogers, 166)
  16. ^ (Rogers, 169-179)
  17. ^ Fraser, E.D.; W. Andrew Kenney (2000). “Cultural background and landscape history as factors affecting perceptions of the urban forest”. Journal of Arboriculture 26 (2): 108. 
  18. ^ Fraser, E.D.; W. Andrew Kenney (2000). “Cultural background and landscape history as factors affecting perceptions of the urban forest”. Journal of Arboriculture 26 (2): 106–107. 
  19. ^ Phibbs, John (2009). “The Persistence of Older Traditions in Eighteenth-Century Gardening”. Garden History 37 (2): 174. 
  20. ^ Phibbs, John (2009). “The Persistence of Older Traditions in Eighteenth-Century Gardening”. Garden History 37 (2): 174. 
  21. ^ Herklots (2016年8月31日). “Gardening”. Encyclopaedia Britannica. 2019年2月14日閲覧。
  22. ^ a b The Editors of Encyclopaedia Britannica (2018年8月7日). “Kew Gardens”. Encyclopaedia Britannica. 2019年2月20日閲覧。
  23. ^ Princess Augusta, Marianne North and Royal Botanic Gardens, Kew”. Historic England. 2019年2月23日閲覧。
  24. ^ http://www.revolutionaryplayers.org.uk/shenstone-and-the-creation-of-the-natural-landscape/
  25. ^ Rogers, Elizabeth Barlow. Landscape Design. New York: Harry N. Abrams, 2001.
  26. ^ photo: Fuente de los Amantes
  27. ^ Photo: Torres de Satélite
  28. ^ casaluisbarragan.org”. casaluisbarragan.org. 2010年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月1日閲覧。
  29. ^ N.Y. Times "A New Look at the Landscaping Artist Roberto Burle Marx"
  30. ^ s. zum Beispiel Stephen Orr, Tomorrow's Garden, Design and inspiration for a new age of sustainable gardening, New York, Rodale 2011150-161
  31. ^ zv.uni-leipzig.de

書誌[編集]

  • Albardonedo Freire, Antonio, El Urbanismo de Sevilla durante el reinado de Felipe II. Sevilla, Guadalquivir Ediciones, 2002, 84-8093-115-9, pp. 191–208.
  • Amirsadeghi, Hossein, editor. The Arts of Persia. New Haven: Yale University Press, 1989.
  • Brooke, Christopher Nugent Lawrence. The Age of the Cloister: The Story of Monastic Life in the Middle Ages. New Jersey: Hidden Spring, 2003.
  • Gerard Ciolek. Ogrody polskie (Gardens of Poland). Revised edition of the 1954 publication under the same title, updated and expanded by Janusz Bogdanowski. Warszawa: Arkady
  • Carroll, Maureen. Earthly Paradises: Ancient Gardens in History and Archaeology. London: British Museum Press, 1986.
  • Fischer, Hubertus; Remmert, Volker R.; Wolschke-Bulmahn, Joachim (2016). Gardens, Knowledge and the Sciences in the Early Modern Period. Birkhäuser. ISBN 978-3-319-26342-7. https://books.google.com/books?id=N5NPDAAAQBAJ 
  • Hindsley, Leonard Patrick. The Mystics of Engelthal: Writings from a Medieval Monastery. New York: St. Martin's Press, 1998.
  • Khansari, Mehdi et al. The Persian Garden, Echoes of Paradise. Washington, D.C.: Mage Publishing, 1998.
  • Lauterbach, Iris. Der europäische Landschaftsgarten, ca. 1710–1800. Mainz: Leibniz Institute of European History, 2012, last retrieved: 20.02.2013.
  • Lawrence, C.H. Medieval Monasticism : Forms of Religious Life in Western Europe in the Middle Ages. New York: Longman, 2001.
  • Littlewood, Anthony, Henry Maguire, and Joachim Wolschke-Bulmahn. Byzantine Garden Culture. Washington, D.C.: Dumbarton Oaks, 2002.
  • Pona, Franceso, Sileno overo Delle Bellezze del Luogo dell'Ill.mo Sig. Co. Gio. Giacomo Giusti, 1620 Angelo Tamo, Verona
  • Pona, Franceso, Il Paradiso de' Fiori overo Lo archetipo de' Giardini, 1622 Angelo Tamo, Verona
  • Rogers, Elizabeth Barlow, Landscape Design: A Cultural and Architectural History. New York: Harry N. Abrams, Inc. 2001.
  • Stockstad, Marilyn and Jerry Stannard. Gardens of the Middle Ages. Kansas: University of Kansas, 1983.
  • Taylor, Patrick, The Oxford Companion to the Garden. Oxford: Oxford University Press, 2006.
  • Thacker, Christopher, The History of Gardens. California, University of California Press, 1979.
  • Threlfall-Homes, Miranda. Monks and Markets: Durham Cathedral Priory 1460–1520, Oxford: Oxford University Press, 2005.
  • Turner, Tom. Garden History, Philosophy and Design, 2000 BC–2000 AD. New York: Spon Press, 2005.
  • Villa, Paolo, Giardino Giusti 1993-94 pdf, with maps and 200 photos.
  • Żukow-Karczewski, Marek. Ogrody i sady w dawnej Polsce (Gardens and orchards in the old Poland), "AURA" (A Monthly for the Protection and Shaping of Human Environment), 11, 1987.
タージマハルに続くムガール風の庭園。