庵原貢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
庵原 貢
JMSDF Admiral Mitsugu Ihara 庵原貢海将 (NH 62051 Fleet Admiral and Mrs. C.W. Nimitz in Garden).tiff
海上幕僚長当時の庵原(1959年)
生誕 1903年10月3日
日本の旗 日本 兵庫県
死没 (1979-03-31) 1979年3月31日(75歳没)
日本の旗 日本 千葉県千葉市
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 大日本帝国海軍
Flag of Coastal Safety Force of Japan 2012-03-04.jpg 警備隊
Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
軍歴 1924 - 1945(日本海軍)
1953 - 1954(警備隊)
1954 - 1961(海自)
最終階級 OF-5 - Kaigun Taisa (Collar).gif 海軍大佐(日本海軍)
JMSDF Vice Admiral insignia (a).svg 海上幕僚長たる海将(海自)
除隊後 財団法人水交会会長
テンプレートを表示

庵原 貢(いはら みつぐ、1903年明治36年)10月3日 - 1979年昭和54年)3月31日)は、日本海軍軍人及び海上自衛官である。海軍兵学校卒業(第52期)。第3代海上幕僚長

経歴[編集]

兵庫県出身。豊岡中学校(現・兵庫県立豊岡高等学校)を経て海軍兵学校に入校。太平洋戦争中は第三艦隊参謀としてスラバヤ沖海戦などに従軍。1945年(昭和20年)4月、鈴木貫太郎首相秘書官に出向し「日本のいちばん長い日」を体験した。戦後は保安庁警備隊を経て海上自衛隊に入隊。第3代自衛艦隊司令を務めたのち、第3代海上幕僚長に就任。

年譜[編集]

第二船隊群司令当時の庵原

栄典[編集]

  • US Legion of Merit Commander ribbon.png レジオン・オブ・メリット・コマンダー - 1961年(昭和36年)5月29日
  • JPN Zuiho-sho (WW2) 2Class BAR.svg 勲二等瑞宝章 - 1973年(昭和48年)11月3日

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 昭和12年7月31日 海軍辞令公報号外 第17号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072100 
  2. ^ 昭和12年8月23日 海軍辞令公報号外 第34号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072200 
  3. ^ 昭和12年12月1日 海軍辞令公報号外 第99号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072700 
  4. ^ 昭和16年4月10日 海軍辞令公報(部内限) 第614号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072080700 
  5. ^ 昭和16年10月15日 海軍辞令公報(部内限) 第727号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072082700 
  6. ^ 昭和17年4月10日 海軍辞令公報(部内限)第841号(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072085100 
  7. ^ 昭和17年5月5日 海軍辞令公報(部内限) 第854号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072085400 
  8. ^ 昭和18年4月15日 海軍辞令公報(部内限) 第1093号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072090500 
  9. ^ 昭和19年10月15日 海軍辞令公報 甲 第1620号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072101600 
  10. ^ 昭和19年10月20日 海軍辞令公報 甲 第1624号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072101600 
  11. ^ 昭和20年5月10日 海軍辞令公報 甲 第1795号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072104700 
  12. ^ 昭和20年9月26日 海軍辞令公報 甲 第1929号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072134700 
  13. ^ 昭和20年12月21日 第二復員省辞令公報 甲 第18号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072162100 
  14. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年20頁。NDLJP:1276156 
  15. ^ 朝雲新聞昭和36年5月25日
  16. ^ 『官報』本紙第14060号(昭和48年11月7日)
  17. ^ 朝日新聞昭和54年3月31日夕刊・第11面
  18. ^ 『官報』本紙第15670号(昭和54年4月13日)

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 世界の艦船』第591号(2002年1月号) 特集・自衛艦隊 「歴代自衛艦隊司令官人物伝」p150 - p153 (海人社)
  • 世界の艦船』第596号(2002年5月増刊号) 海上自衛隊の50年(海人社)
先代:
溪口泰麿
自衛艦隊司令
第3代:1956年 - 1958年
次代:
福地誠夫