康州 (広東省)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

康州(こうしゅう)は、中国にかつて存在した唐代から宋代にかけて、現在の広東省肇慶市南部と雲浮市北部にまたがる地域に設置された。

概要[編集]

621年武徳4年)、蕭銑を滅ぼすと、信安郡端渓県の地に康州が立てられた。626年(武徳9年)、康州は廃止された。627年貞観元年)、南康州が置かれた。637年(貞観11年)、南康州は廃止された。638年(貞観12年)、再び康州が置かれた。742年天宝元年)、康州は晋康郡と改称された。758年乾元元年)、晋康郡は康州の称にもどされた。康州は嶺南道に属し、端渓・悦城晋康都城の4県を管轄した[1]

972年開宝5年)、北宋により康州は廃止され、属県であった悦城・晋康・都城の3県も廃止されて、端渓県に併合された。端渓県は端州に編入された。まもなく再び康州が置かれた。973年(開宝6年)、滝州が廃止されて、滝水県が康州に編入された。康州は広南東路に属し、端渓・滝水の2県を管轄した。1131年紹興元年)、康州は徳慶府と改められた[2]

脚注[編集]

  1. ^ 旧唐書』地理志四
  2. ^ 宋史』地理志六