康黙記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

康 黙記(こう もくき、生没年不詳)は、(契丹)の政治家軍人。もとの名は照。

経歴

若くして薊州の衙校となった。耶律阿保機が薊州に侵攻すると、黙記は捕らえられ、その才能を愛されて麾下に加わった。蕃漢のあいだの交渉を任され、耶律阿保機の意にかなった。建国当初で法律も未整備であったが、黙記の裁決は公正なものとみなされ、国人に支持された。まもなく左尚書に任じられた。

神冊3年(918年)、上京臨潢府が建設されるにあたって、黙記は夫役を監督し、工事を急がせて100日で完成させた。神冊5年(920年)、皇都夷離畢となった。耶律阿保機が居庸関に進軍すると、黙記は漢人の部隊を率いて長蘆水寨に進軍して、戦功を挙げた。

天賛4年(925年)、耶律阿保機が渤海に親征すると、黙記は韓知古とともに従軍した。諸将とともに忽汗城を攻撃し、先頭に立って東門に肉薄した。忽汗城が陥落すると、韓延徽とともに長嶺府を下した。耶律阿保機が軍を返すと、降伏した城邑の多くが再び叛いたため、黙記は蕭阿古只とともに諸城を平定してまわった。

回跋城を落として帰還し、耶律阿保機の陵墓の造営が終わると、死去した。

孫に康延寿があった。

伝記資料

  • 遼史』巻74 列伝第4

今日は何の日(10月19日

もっと見る

「康黙記」のQ&A