廃虚の唇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

廃虚の唇』(はいきょのくちびる)は、黒岩重吾の小説。及びそれを原作とした1964年のテレビドラマ。1963年には『黒の駐車場』のタイトルで映画化されている。

概要・ストーリー[編集]

原作の小説は週刊読売に連載、単行本は光文社から出版された。

製薬会社の若い社長である泉田敬は、自分を見込んで、自分の会社を下請けにしてくれた丸木製薬の営業部長・松崎が謎の死を遂げたのをきっかけに、松崎の死の真相を追うことになる。特務機関CICをバックに、泉田はこの混乱期を背徳と転身で生き抜いて行き、この事件や現代社会に絡む政治家、悪徳弁護士らの衝突、複雑で醜い人間関係を描いていく。

テレビドラマ版[編集]

廃虚の唇
ジャンル テレビドラマ
企画 片岡政義
脚本 今村文人、石郷岡豪
演出 伊賀山正光、鈴木敏郎、今村農夫也
出演者 天知茂、上月佐知子、緑魔子高城丈二野川由美子宮城千賀子加藤治子沢たまき
オープニング 天知茂『廃虚の唇』
製作
制作 NET(現・テレビ朝日)東映
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1964年4月2日 - 9月24日
放送時間 木曜日21:45 - 22:45
木曜日22:00 - 23:00
放送分 60分
回数 26

特記事項:
モノクロームで放送。
テンプレートを表示

1964年4月2日から1964年9月24日まで、NET(現・テレビ朝日)系列にて全26話が放映。放送時間は毎週木曜日21:45 - 22:45(1964年4月30日まで)、毎週木曜日22:00 - 23:00(1964年5月7日から)。放映形式はモノクロ16mmフィルム。

スタッフ[編集]

  • 原作:黒岩重吾(光文社 刊)
  • 企画:片岡政義
  • 脚本:今村文人、石郷岡豪
  • 監督:伊賀山正光、鈴木敏郎、今村農夫也
  • 助監督:田中秀夫坂本太郎、他
  • 音楽:西山登
  • 撮影:土屋俊忠
  • 照明:吉岡伝吉
  • 録音:上出栄二郎
  • 編集:伊吹勝雄
  • 美術:有隅徳重
  • 記録:小橋菜菜 他
  • 進行:奈良場繁
  • 協力:中田プロ
  • 制作:NET、東映テレビプロ

主題歌[編集]

  • オープニングテーマ:『廃虚の唇』 歌:天知茂 (作詞:水木かおる、作曲:藤原秀行、編曲:廣瀬雅一 ポリドール・レコード
  • 挿入歌:『星のない夜のブルース』 歌:天知茂 (作詞:水木かおる、作曲:藤原秀行、編曲:廣瀬雅一 ポリドール・レコード)

キャスト[編集]

ゲスト出演[編集]

脚注[編集]

NET(現・テレビ朝日) 木曜21:45 - 22:45枠
前番組 番組名 次番組
ショック!
火曜20:00へ移動】
廃虚の唇
(1964年4月2日 - 4月30日)
明日の幸福
(21:30 - 22:00)
廃虚の唇
(22:00 - 23:00)
【15分繰下げ】
NET(現:テレビ朝日)系 木曜22時枠
廃虚の唇
(21:45 - 22:45)
夜の喫煙室
(22:45 - 23:00)
廃虚の唇
(1964年5月7日 - 9月24日)