廉州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

廉州(れんしゅう)は、中国にかつて存在した

河北の廉州[編集]

本節では、隋代から初にかけて、現在の河北省石家荘市藁城区一帯に設置された廉州について述べる。

590年開皇10年)、隋により高城県に廉州が置かれた。605年大業元年)、廉州は廃止されて趙州に編入された。607年大業3年)、趙州は趙郡と改められた[1]617年義寧元年)、趙郡から鉅鹿郡が分置された。

618年武徳元年)、により鉅鹿郡は廉州と改められた。その年のうちに廉州は竇建徳に奪われた。621年(武徳4年)、唐が竇建徳を平定すると、再び廉州が置かれた。627年貞観元年)、廉州は廃止された[2]

広西の廉州[編集]

本節では、唐代から明代にかけて現在の広西チワン族自治区北海市一帯に設置された廉州、および当地に明代から民国初年にかけて設置された廉州府について述べる。

622年(武徳5年)、唐により隋の合浦郡越州と改められた。634年(貞観8年)、越州は廉州と改称された。742年天宝元年)、廉州は合浦郡と改められた。758年乾元元年)、合浦郡は廉州と改称された。廉州は嶺南道に属し、合浦封山蔡龍大廉の4県を管轄した[3]

972年開宝5年)、北宋により封山・蔡龍・大廉の3県が廃止され、長沙場に石康県を置いて、そこに廉州の州治を移した。983年太平興国8年)、廉州は太平軍と改められ、治所が海門鎮に移された。998年咸平元年)、太平軍は廉州の称にもどされた。の廉州は広南西路に属し、合浦・石康の2県を管轄した[4]

1280年至元17年)、により廉州は廉州路と改称された。廉州路は湖広等処行中書省に属し、合浦・石康の2県を管轄した[5]

1368年洪武元年)、により廉州路は廉州府と改められた。1374年(洪武7年)、廉州府は廉州に降格した。1381年(洪武14年)、再び廉州は廉州府に昇格した。廉州府は広東等処承宣布政使司に属し、直属の合浦県と欽州の霊山県の1州2県を管轄した[6]

のとき、廉州府は広東省に属し、合浦・霊山の2県を管轄した[7]

1912年中華民国により廉州府は廃止された。

脚注[編集]

  1. ^ 隋書』地理志中
  2. ^ 旧唐書』地理志二
  3. ^ 『旧唐書』地理志四
  4. ^ 宋史』地理志六
  5. ^ 元史』地理志六
  6. ^ 明史』地理志六
  7. ^ 清史稿』地理志十九