廉東均

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
廉 東均
Dong-Kyun Yum.jpg
1976年、世界王座を獲得した日の廉
基本情報
本名 廉 東均
階級 ジュニアフェザー級
国籍 韓国の旗 大韓民国
誕生日 (1950-11-10) 1950年11月10日(66歳)
出身地 忠清北道沃川郡
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 66
勝ち 53
KO勝ち 21
敗け 5
引き分け 8
テンプレートを表示

廉 東均(ヨム・ドンギュン、朝鮮語: 염동균英語: Dong-Kyun Yum1950年11月10日 - )は、大韓民国(韓国)の男子プロボクサー忠清北道沃川郡出身。身長164cm。元世界ボクシング評議会 (WBC)世界ジュニアフェザー級王者。

来歴[編集]

1970年3月7日、韓国でプロデビュー。

1971年10月20日、16戦目で韓国ジュニアフェザー級王座を獲得した。同王座は12度の防衛に成功した。

1974年3月17日、39戦目でOBF東洋ジュニアフェザー級王者張奎喆に挑戦し、12回判定勝ちで王座を獲得した。同王座は4度の防衛に成功した(うち、日本人相手に3度防衛)。

1976年8月1日、54戦目で世界初挑戦。初代WBC世界ジュニアフェザー級王者リゴベルト・リアスコに挑戦し、15回判定負けで王座獲得ならず。

1976年11月24日、リアスコから王座を奪取した王者ロイヤル小林に挑戦し、15回判定勝ちで王座を獲得した。

1977年5月21日、2度目の防衛戦でウイルフレド・ゴメスと対戦し、12回KO負けで王座から陥落した。

1977年6月27日、再起戦で洪秀煥と対戦し、12回判定負け。1980年12月19日、洪秀煥と再戦し、10回判定ドロー。この試合を最後に引退した。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

第10代OPBF東洋太平洋ジュニアフェザー級王者
表示
在位期間
張奎喆 1974年3月17日 - 1976年(返上) 空位
(次タイトル獲得者:リック・キハノ)
WBC世界ジュニアフェザー級王者
表示
在位期間
ロイヤル小林 1976年11月24日 - 1977年5月21日 ウイルフレド・ゴメス