廖健富

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
廖健富 (リャオ・ジェンフー[1]
Lamigoモンキーズ #58
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 台湾嘉義市
生年月日 (1998-09-28) 1998年9月28日(20歳)
身長
体重
178 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 捕手
プロ入り 2017年
初出場 CPBL / 2017年9月28日
年俸 月給18.5万台湾元(2019年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
廖 健富
職業: プロ野球選手捕手
各種表記
繁体字 廖 健富
拼音 liào jiànfù
和名表記: りょう けんふ
発音転記: リャオ・ジェンフー[1]
英語名 Chien-Fu Liao
テンプレートを表示

廖健富(リャオ・ジェンフー[1]、りょう けんふ、 Chien-Fu Liao、1998年9月28日 - )は、台湾中華民国)の嘉義市出身のプロ野球選手捕手)。右投左打。CPBLLamigoモンキーズに所属している。

経歴[編集]

2017年CPBLドラフト会議でLamigoモンキーズから全体1位で指名され、高校生としても、捕手としても、Lamigoモンキーズ選手としても当時CPBL史上最高となる契約金の555万台湾元(プラス出来高払い100万台湾元)で入団した。また、高卒選手がドラフト全体1位で指名されたのは史上初である[3]

2017年9月28日統一戦でプロデビューし[4]、オフの10月11日第1回アジア プロ野球チャンピオンシップチャイニーズタイペイ代表に選出された[5]が怪我で辞退し、代わりにチームメイトの遊撃手林承飛が選出された[1]

2018年3~4月の月間MVPを受賞した後も好調は続き「19歳の四割男[6]と話題を呼んでいながらも規定の372打席に届かないため、MVP[7]・首位打者・最高出塁率・新人王などのタイトルを逃した。この年に、打率.387、10本塁打、69打点、OPS1.037をマーク。

人物[編集]

憧れの打者として、3度もMVPに輝いた林益全選手を挙げている[8]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 Lamigo 6 11 11 2 5 0 0 0 5 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .455 .455 .455 .909
CPBL:1年 6 11 11 2 5 0 0 0 5 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .455 .455 .455 .909
  • 2017年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

CPBL
  • 月間MVP:1回 (野手部門:2018年3~4月)

背番号[編集]

  • 58 (2017年 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」チャイニーズ・タイペイ代表の出場選手変更について”. 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト. 2018年5月6日閲覧。
  2. ^ 中職/廖健富薪水3級跳為父母買房 休季自聘訓練師 ETtoday運動雲 (中国語) (2019年1月13日) 2019年1月13日閲覧
  3. ^ 廖健富簽約金555萬打破3大紀錄!26日加盟記者會 ETtoday運動雲 (中国語) (2017年8月21日) 2018年5月6日閲覧
  4. ^ 廖健富 58,中華職棒大聯盟全球資訊網The Official Site of CPBL,20180506
  5. ^ 洪一中總教練領軍 亞冠賽25人名單出爐 中華職棒大聯盟全球資訊網 The Official Site of CPBL (中国語) (2017年10月11日) 2017年10月22日閲覧
  6. ^ 球星會客室》19歲的四割男 廖健富菜鳥無懼 自由時報 (中国語) (2018年5月9日) 2018年11月6日閲覧
  7. ^ 中職/去年還是高中生 廖健富今年有機會奪MVP 聯合新聞網 (中国語) (2018年7月25日) 2018年12月12日閲覧。
  8. ^ 「小神全」廖健富 不可思議起手式 自由時報 (中国語) (2018年4月7日) 2018年5月6日閲覧