廣川洋一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

廣川 洋一(ひろかわ よういち、1935年1月19日- )は、日本哲学者。専攻は西洋哲学筑波大学名誉教授。

新潟県出身。東京教育大学文学部卒業。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。東海大学助教授、教授、1988年筑波大学教授、1999年定年退官、名誉教授、龍谷大学教授[1]。2005年退任。古代ギリシア哲学が専門。

著作[編集]

共著[編集]

  • 『文明理論への試み:東海大学創立三十周年記念論文集』斎藤博東海大学出版会、1973年
  • 『ヨーロッパにおける人間観の研究』 古田光編 未来社、1982年
  • 『古典・名著の読み方』編著 日本実業出版社 1991

翻訳[編集]

  • 『世界文學大系63 ギリシア思想家集』所収の「ヘシオドス田中美知太郎筑摩書房、1965年
  • 『ベルグソン全集1 時間と自由』所収の「アリストテレスの場所論」 村治能就共訳 白水社、1965年
  • フランシス・コーンフォード『宗教から哲学へ:西欧的思索の起源の研究』 東海大学出版会、1966年
  • 『プラトン著作集1』所収の「クラテュロス」 村治能就共訳 勁草書房、1971年
  • 『プラトン著作集4』所収の「イオン」 勁草書房、1971年
  • パウラ・フィリップソン『ギリシア神話の研究:神話の思考方法と時間様式』 川村宣元共訳 東海大学出版会、1974年
  • パウラ・フィリップソン『ギリシア神話の時間論』 川村宣元共訳 東海大学出版会、1979年
  • フェリックス・ハイニマン『ノモスとピュシス:ギリシア思想におけるその起源と意味』 みすず書房、1983年
  • アリストテレス『哲学のすすめ』講談社学術文庫、2011年。大文字版、訳・解説

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年