廣江彰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

廣江 彰(ひろえ あきら、1948年5月12日 - )は、日本経済学者東京家政学院大学学長。

略歴[編集]

東京都出身。東京都立戸山高等学校、1972年早稲田大学第一文学部史学科日本史専修卒業。 1976年慶應義塾大学大学院経済学研究科経済政策専攻修士課程修了、1985年同大学院博士課程単位取得退学。

1985年札幌学院大学商学部助教授。1991年立教大学経済学部教授、1993年教授、2014年名誉教授[1]。2015年東京家政学院大学学長[2]

著書[編集]

共著[編集]

  • (内藤英憲)『中小企業とME革命』(中小企業リサーチセンター, 1989年)
  • (糸園辰雄)『現代資本主義と流通』(ミネルヴァ書房, 1989年)
  • (渡辺睦)『90年代の中小企業』(新評論, 1991年)
  • (陳炳富)『アジアの技術発展と技術移転』(文眞堂, 1995年)
  • (金谷貞夫)『エレメンタル中小企業』(英創社, 1999年)
  • (永山利和)『産業構造転換と日本企業』(ミネルヴァ書房, 1999年)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 廣江 彰 - 立教大学研究者詳細
  2. ^ 東京家政学院大学の学長就任について - 東京家政学院大学