廣瀬洋一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
廣瀬 洋一
HEESEY
Hirose Yoichi (THE YELLOW MONKEY) from "Ototoki" at Opening Ceremony of the Tokyo International Film Festival 2017 (25330614247).jpg
第30回東京国際映画祭にて(2017年10月)
基本情報
出生名 廣瀬 洋一
別名 HEESEY
生誕 (1963-04-19) 1963年4月19日(55歳)
出身地 日本の旗 日本東京都足立区
学歴 日本大学経済学部中退
ジャンル ロック
ポップス
職業 ロックミュージシャンベーシスト
担当楽器 ベース
活動期間 1980年 -
事務所 BAJ INC.
共同作業者 THE YELLOW MONKEY
HEESEY WITH DUDES
TYO
公式サイト 広瀬"HEESEY"洋一

広瀬 洋一(ひろせ よういち、1963年4月19日 - )は、日本ベーシストロックミュージシャン

ロックバンド「THE YELLOW MONKEY」のベーシスト東京都足立区出身。ステージネームはHEESEY(ヒーセ)[1]血液型O型。所属事務所はBAJ INC.(旧BOWINMAN ARTISTS)。既婚。

来歴[編集]

中学生時代にバンド活動を開始。当初ベースを所持していなかったためギターの下4弦を使用していたが、3年生の時に高校生と偽ってバイトをしベースを購入した。アンプも所持していなかったためラジカセに繋いで練習し、3台ほど故障させたという[2]

1980年代にはヘヴィメタルバンド『ムルバス』や『16LEGS』のベーシストとして活動、解散後の1988年から2004年7月までTHE YELLOW MONKEYのベーシストとして活動。

2003年から2005年12月までHEESEY WITH DUDESのボーカル&ベースとして活動。

解散後は2005年11月発売の森重樹一ZIGGY)のソロアルバム『CHRONIC LAY ABOUT』にベーシストとして参加、同時に森重樹一のソロツアーに参加している。

2007年1月KISSCheap Trick限定のカヴァーバンドCheaSS(チーッス)を結成、渋谷LA MAMAをはじめ各所のイベントに参加。

2009年、前田“TONY”敏仁(Vo)、岡田“OKAHIRO”弘(G)、大内“MAD”貴雅(Dr)らと共にTYOを結成。

2016年1月8日、THE YELLOW MONKEY再集結に参加。

HEESEY WITH DUDES[編集]

2003年のTHE YELLOW MONKEYの活動休止中にロックバンド、HEESEY WITH DUDES(ヒーセ・ウィズ・デューズ)を結成。同年にBMG JAPANよりデビューし、2005年12月に解散。バンド名の「HEESEY」は広瀬のニックネーム、「DUDES」は「洒落た男たち」を意味する。

メンバー[編集]

  • 廣瀬HEESEY洋一
    • Vocal・Bass・作詞・作曲・プロデュース
  • MAD大内(マッド大内)
    • Drums(アルバム『H・O・O・O!』収録曲「CALL ME NOW」「CHERRY」「NYMPHOMANIA」では作詞も担当。)
  • 小野寺ONOCHIN智(おのでらさとし)
    • Guitar(ライヴではBassも)

元メンバー[編集]

  • 大山Senor英寿(おおやまひでとし):Guitar
ファーストライヴ「HEESEY WITH DUDES FIRST APPEARANCE」よりサポートメンバーとして参加。2004年、アルバム『H・O・O・O!』ツアー『野郎共のケモノ道』よりギタリストとして正式加入。アルバム『H・O・O・O!』内の「CALL ME NOW」「CHERRY」でVOCAL及び作詞も担当。2005年に開催されたバンド最後のツアー『THE FAREWELL TOUR』直前に脱退。

サポート・メンバー[編集]

  • 近江谷OMMY創一朗(おおみやそういちろう):Guitar
大山脱退後、サポートギタリストとして『THE FAREWELL TOUR』に参加。1stAlbum『OBSTINATE ROCKAHOLIC』の9曲目「LADY BLACK STOCKIN'」にも参加。『ムルバス』時代からの盟友でもある。

ディスコグラフィ[編集]

特に表記のない限り作詞・作曲・編曲:HEESEY

シングル[編集]

  1. NAMELESS LOVER(2003年2月5日)オリコン27位
    1. NAMELESS LOVER[4:49]
    2. TIME FOR ROMANCE[3:13]
    3. EVERLASTING ROAD[4:38]

アルバム[編集]

  1. OBSTINATE ROCKAHOLIC(2003年3月5日)オリコン44位
    1. SPIRIT FREE[3:51]
    2. HUSKY STREET[3:48]
    3. OLD CHILD[3:57]
    4. NAMELESS LOVER[4:49]
    5. ならず者アイムソーリー[4:46]
      作詞:吉井和哉/作曲・編曲:HEESEY
    6. BEAUTIFUL ANIMALS[4:12]
    7. NO HEARTS[4:43]
    8. CAMDEN TOWN[5:10]
    9. LADY BLACK STOCKIN'[4:22]
    10. カリスマ (STRONGMAN IS CRYIN')[5:32]
    11. ベイサイドメランコリー[3:57]
    12. ケセラセラ[4:47]
    13. DOWNTOWN TOKYO[4:55]

ミニアルバム[編集]

  1. H・O・O・O!(2004年11月3日)
    ※ツアー「野郎共のケモノ道」会場のみでの限定発売。
    1. YEAR 7(IT'S OUR ROCK'N ROLL)
    2. CALL ME NOW(Vo.Senor)
    3. HEAVY ME-N-TAL MAN
    4. CHERRY(Vo.Senor)
    5. SOUL MATE
    6. NYMPHOMANIA

DVD[編集]

  • HEESEY WITH DUDES THE FAREWELL TOUR LOVE,LIFE,LIVE(2006年3月8日)オリコン63位
Disc-1
LIVE DVD:2005年12月7日に恵比寿Liquid Roomで行われたラストライヴの模様を全曲収録したライヴDVD。元THE YELLOW MONKEYのヴォーカル吉井和哉がアンコールでステージに飛び入り参加し、自身が作詞した「ならず者アイムソーリー」を歌った模様も収録されている。
Disc-2:UNRELEASED SONGS CD

ライヴでは披露されていたが、CDには収録されていなかった楽曲を収録した5曲入りCD。

  • ROLLER COASTER
  • SHAKE OUR SOULS
  • LONELY RUNNER
  • 50/50
  • BRANDNEW SEASON

使用楽器[編集]

  • フェンダー
    • プレシジョンベース 1972年製 ブロンド
    • プレシジョンベース 1961年製 サンバースト
    • ジャズベース 1962年製 ブロンド
    • ジャズベース 1965年製 サンバースト
    • ジャズベース 1965年製 ブラック
    • プレシジョンベース 1965年製 ブラック
  • ギブソン
    • サンダーバード 1964年製 サンバースト(ホワイトにリフィニッシュ)
    • サンダーバード 2000年製 ブラック(シルバースパークルにリフィニッシュ)
    • サンダーバード・カスタムショップ 1990年製 ホワイト
    • サンダーバードIV ノン・リバース 1966年製 サンバースト(ブラックにリフィニッシュ)
    • サンダーバードIV ノン・リバース 1966年製 カージナルレッド
    • サンダーバードIV 1963年製 ブラック
    • サンダーバードIV 1965年製 サンバースト
    • サンダーバード アメリカ建国200周年記念モデル 1976年製 ホワイト
    • サンダーバード アメリカ建国200周年記念モデル 1976年製 ブラック
    • グラバーベース 1970年製 ブラウン
  • グレコ・リベレーターベース 2004年製 シルバースパークル
  • B.C.リッチ・ウェーブベース 1985年製 ブラック
  • ミュージックマン・スティングレイベース 1999年製 ブラックスパークル
  • スペクター NS-2 1980年製 オイル
  • DIPINTO BELVEDERE BASS 2001年製? ブラック&パール

書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 由来は小学校時代に担任につけられたあだ名
  2. ^ Fender Frontline Japan 4号

関連項目[編集]

  • ジーン・シモンズ
    少年時代より『師匠』として崇拝しており、ライヴパフォーマンスなどに影響を与えた人物。
    THE YELLOW MONKEY時代に対談し、またHEESEY WITH DUDESのアルバムを送るなどしている。