廣田精一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

廣田 精一(ひろた せいいち、広田 精一、明治4年10月20日1871年12月2日) - 昭和6年(1931年1月25日)は工学博士教育者、私立電機学校(現・東京電機大学)、神戸高等工業学校(現・神戸大学工学部[1][2]設立者。出版事業者、オーム社設立者。廣田理太郎の弟。広島県福山市出身。

経歴[編集]

明治29年(1896年東京帝国大学工科大学卒業。高田商会に入社し同社在籍のままドイツシーメンス・ハルスケに入社。帰国後の明治40年(1907年)、まだ工業後進国だった日本の工業の発展を願い 「後世、科学技術の総本山たらん」と電気技術者育成に扇本眞吉と東京神田に夜間学校・私立電機学校(現・東京電機大学)を設立した[3]。同年出版部(現・東京電機大学出版局)も設置し大正3年(1914年)学校の付帯事業として電気工学の専門雑誌「OHM」をオーム社発行として創刊した[3][4]。大正11年(1922年)同社を学校から独立させ株式会社に改組[3]、理工学専門の出版社とした[3]。オーム社が設立された際、オームの法則の「オーム」とともに電機学校の校長扇本真吉(O)、廣田精一(H)、丸山莠三(M)教頭の頭文字を並べ、社名としたという説がある[5][6]

なお秋葉原電気街の発祥は、戦後同校キャンパスに隣接した神田小川町神田須田町に、同校の学生を相手に電機部品を扱う露店が増加した後、秋葉原に移転し誕生したものである。

大正10年(1921年)12月、神戸高等工業学校(現・神戸大学工学部の前身校)の開校にあたり創立委員[2]として開校に関わり初代校長に就任、同校発展の礎を築いた[7]。この他、日本の自動車の歴史にも登場し、明治33年(1900年)、時の皇太子(後の大正天皇)のご成婚に際し、サンフランシスコ在留の日本人が電気自動車を献納したが、充電の方法や運転の仕方についてのノウハウがないため、高田商会の電気部長であった当時29歳の廣田がこれを担当した。さらに機能の検査、前進・後退・停止等の試験を行う。"日本最初の自動車"は、これに二年先立つ明治31年(1898年)、フランス人、M・テブネが持参したフランス製のガソリン車・パナール・ルバソールとされるが(パナール#日本への輸入[8][9]、運転をしたのが外国人で、この後、1900年まで自動車輸入の記録がないため、廣田が「日本の国土の上で最初に自動車を運転した日本人」とされる[10][9]。後の神戸高等工業でも電気自動車の研究を続けた[9]。製作した廣田の電気自動車は、1926年大阪電気博覧会及び、1928年東京・上野公園で開催された産業教育博覧会に出品されたという[出典無効]。現在も同大学工学部内に銅像がある[11]

明治44年(1911年)に神奈川県茅ヶ崎に移り住み、大正年間に茅ヶ崎海岸の松林の植林を行い、エニシダ(金雀枝)やハマエンドウを蒔いた。 湘南でえにしだが有名なのもここに始まるとされる[12]。文献中、エニシダが神奈川県花とあるが、現在の県花はヤマユリ(1951年1月制定)。

座右の銘として stick-to-it-iveness が有名[12][13]

脚注[編集]

  1. ^ 東京電機大学 - ニュースリリース
  2. ^ a b 創立委員は、東京高等工業学校(現・東京工業大学)の中村幸之助、名古屋高等工業学校(現・名古屋工業大学)校長の武田五一と廣田精一の3名(『神戸大学百年史 通史I 前身校史』391-393頁)。
  3. ^ a b c d 『明治大正人物事典II 文学・芸術・学術篇』、日外アソシエーツ、2011年、537頁
  4. ^ 事業沿革|Ohmsha
  5. ^ 廣田精一神戸高工校長、エジソンと会見 - 神戸大学
  6. ^ 『オーム社75年史』オーム社、1992年
  7. ^ 工学部の前身|神戸大学都市の発展は工業の発達に竢つ 広田精一: 神戸高等工業学校長 (大阪朝日新聞 1923.1.2 (大正12))、『神戸大学百年史 通史I 前身校史』391-510頁、『神戸大学百年史 写真集』神戸大学百年史編集委員会、2002年、24-27頁
  8. ^ JAMAGAZINE - JAMA -JAMAGAZINE-
  9. ^ a b c 中部博『自動車伝来物語』集英社、1992年、130-136、152-214頁
  10. ^ 2007年06月のトピックス - kobe-u.com
  11. ^ 『神戸大学百年史 通史I 前身校史』499、500頁
  12. ^ a b 蓮見孝雄『廣田精一先生の思い出』精興社、1973年
  13. ^ 『神戸大学百年史 通史I 前身校史』408、409頁

参考文献[編集]