廬陵道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中華民国 江西省 (中華民国)省 廬陵道
1914年 - 1927年
簡体字 庐陵
繁体字 廬陵
拼音 Lúlíng
カタカナ転記 ルーリン
国家 中華民国
江西省 (中華民国)
行政級別
政府所在地 宜春県1914-1915
吉安県1915-1927
建置 1914年
廃止 1927年 
面積
- 総面積({{{area_metro_as_of}}}) km²
人口

廬陵道(ろりょう-どう)は中華民国北京政府により設置された江西省の道。

沿革[編集]

1914年民国3年)に清代の贛西道地区に設置。観察使は宜春県に置かれ、下部に宜春、泰和、吉水、永豊、安福、遂川、万安、永新、寧岡、蓮花、清江、新淦、新喩、峡江、吉安、分宜、萍郷、万載、高安、上高、宜豊の21県を管轄した。1914年(民国4年)5月に観察使は道尹と改められ、同年12月に道尹公署は吉安県に移された。1927年(民国16年)に廃止されている。

行政区画[編集]

廃止直前の下部行政区画は下記の通り。(50音順)

脚注[編集]