延岡南インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
延岡南インターチェンジ
所属路線 E10 東九州自動車道
Japanese National Route Sign 0010.svg 延岡道路
Japanese National Route Sign 0010.svg 延岡南道路
IC番号 23
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0010.svg 延岡南
起点からの距離 222.8 km(北九州JCT起点)
延岡JCT/IC (7.8 km)
(3.6 km) 門川TB
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0010.svg 国道10号
供用開始日 1990年平成2年)2月21日
通行台数 x台/日
所在地 889-0503
宮崎県延岡市伊形町
備考 (上り線)佐伯ICまで無料
(下り線)有料
テンプレートを表示

延岡南インターチェンジ(のべおかみなみインターチェンジ)は、宮崎県延岡市伊形町にある延岡道路および延岡南道路(両道路とも東九州自動車道に並行する一般国道自動車専用道路であり、国道10号バイパス)のインターチェンジである。

歴史[編集]

周辺[編集]

延岡市街の夜景(愛宕山より)
延岡新港

接続する道路[編集]

料金所[編集]

  • 延岡JCT方面および国道10号交点方面は無料で通行できる。
  • 2020年3月30日より、中型車以上を対象に延岡南道路の通行料金の特例を設定[3][4][5]。延岡南道路を利用しない場合であっても、以下の場合に延岡南道路の通行料金が発生する。
    • 中型車以上の現金車で延岡道路の延岡JCT - 延岡南IC間を利用した場合
    • 中型車以上のETC車で、延岡南道路を避ける形で大分方面から一定時間内に延岡南ICと、門川南SICもしくは日向ICを利用した場合(逆も同様)
  • これに伴い、延岡南ICの大分方面ランプに料金所を設置[4]。ただし、無料のままとなる普通車についても安全対策として、一般ブースでは一旦停止し、領収書発行ボタンを押してゲートを開ける(領収書は発行されない)必要がある[5]
  • 延岡南料金所運用開始後、宮崎方向ランプに設備は設置されず、通過する構造となり、従前どおり門川IC・TBで収受となる[5]

料金所の構造は以下の通り[5]。料金所設置に伴い、大分方面と宮崎方面の分岐地点が変更される[5]

入口

  • ブース:3
    • ETC専用:1
    • 一般専用:1
    • 宮崎方向流入レーン:1

出口

  • ブース数:3
    • ETC専用:1
    • 一般専用:1
    • 宮崎方向流出レーン:1

[編集]

E10 東九州自動車道Japanese National Route Sign 0010.svg 延岡道路延岡南道路
(22) 延岡IC/JCT - (23) 延岡南IC - (24) 門川IC/TB

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 九州支社の歴史(あゆみ)”. 西日本高速道路. 2016年9月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年4月10日閲覧。
  2. ^ 再評価結果(平成24年度事業継続箇所) (PDF)”. 国土交通省 九州地方整備局. 2017年4月10日閲覧。
  3. ^ a b E10東九州自動車道(延岡南道路) 通行料金の変更について”. 西日本高速道路株式会社・宮崎県・延岡市 (2020年1月17日). 2020年1月17日閲覧。
  4. ^ a b c 事業認可について 別紙5 一般国道10号延岡南道路 (PDF)”. 西日本高速道路 (2018年3月30日). 2019年8月27日閲覧。
  5. ^ a b c d e f E10 東九州自動車道(延岡南道路)の通行料金が変わります 令和2年3月30日~”. 西日本高速道路. 2020年1月22日閲覧。

関連項目[編集]