延岡道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般国道自動車専用道路(A')
(無料)
延岡道路
NOBEOKA ROAD
Japanese National Route Sign 0010.svg E10 延岡道路
国道10号バイパス
路線延長 20.6 km
開通年 2005年
起点 宮崎県延岡市北川町大字長井字上迫
終点 宮崎県延岡市伊形町
接続する
主な道路
(記法)
記事参照
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

延岡道路(のべおかどうろ)は、宮崎県延岡市を通る延長20.6kmの国道10号バイパスである。全線が東九州自動車道に並行する一般国道自動車専用道路である。2005年(平成17年)4月23日に延岡JCT - 延岡南IC間7.8kmが開通し、この区間は無料で通行できる。延岡IC - 北川IC間12.8kmも2012年(平成24年)12月15日に開通した。

延岡IC/JCT - 北川IC間が開通してからは、同路線は「東九州自動車道」(または「東九州道」)という営業路線名で案内されている。(ただし、標識によっては法定路線名通りの「延岡道路」で案内されているものもある)

概要[編集]

延岡JCT/IC(宮崎方面からの分岐点)
大分方面延伸前の標識
  • 起点:宮崎県延岡市北川町大字長井字上迫
  • 終点:宮崎県延岡市伊形町
  • 全長:20.6km
  • 規格:第1種第2級
  • 道路幅員:23.5m
  • 車線数:暫定2車線(完成4車線)
  • 車線幅員:3.5m
  • 設計速度:100km/h

沿革[編集]

  • 1994年10月6日:都市計画決定。
  • 1994年度:事業化。
  • 2005年4月23日:延岡IC - 延岡南IC間(7.8km)暫定2車線で供用開始。
  • 2011年2月3日 :東九州自動車道新設工事(大分県佐伯市大字上岡から宮崎県延岡市北川町長井まで)並びにこれに伴う二級河川及び市道付替工事について国土交通大臣より土地収用法に基づく事業認定が公示される[1]
  • 2012年12月15日:北川IC - 延岡IC間開通により、延岡道路の全線供用開始。
  • 2013年度:延岡IC - 新宇和田トンネル間の1500m区間において、「追い越し車線」の形で4車線化工事に着工[2]

インターチェンジなど[編集]

主なトンネル・橋梁[編集]

  • はゆま大橋 : 594m
  • 北川トンネル : 630m
  • 的野トンネル : 479m
  • 須佐トンネル : 245m
  • すさ大橋 : 452m
  • 差木野トンネル : 934m
  • 大峡トンネル : 704m
  • 桜ヶ丘トンネル : 1,141m
  • 祝子トンネル : 1,925m
  • 新宇和田トンネル : 1,504m
  • 延岡若あゆ大橋 : 735m
  • 三須トンネル : 658m
  • 寺畑谷第一トンネル : 676m
  • 寺畑谷第二トンネル : 633m
  • 屋敷内第一トンネル : 79m
  • 屋敷内第二トンネル : 322m
  • 石田トンネル : 397m

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国土交通省告示第八十二号 (PDF) - 国土交通省 平成二十三年二月三日
  2. ^ 4車線化へ - 国道10号延岡道路(夕刊デイリー 2015年1月27日1面)

参考[編集]

関連項目[編集]