延辺朝鮮族自治州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中華人民共和国 吉林省 延辺朝鮮族自治州
長白瀑布
長白瀑布
略称:延辺州、延辺
旧称:間島
吉林省中の延辺州の位置
吉林省中の延辺州の位置
簡体字 延边朝鲜族自治州
繁体字 延邊朝鮮族自治州
拼音 Yánbiān Cháoxiǎnzú Zìzhìzhōu
カタカナ転写 中:イェンピェン
朝:ヨンビョン
朝鮮語 연변 조선족 자치주
朝鮮語ローマ字転写 Yǒnbyǒn Chosǒnjok Chach'iju(M-R式)
Yeonbyeon Joseonjok Jachiju(RR式)
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
吉林
行政級別 自治州
建置 1952年
改制 1955年
州委書記 張安順
州長 李景浩
面積
総面積 43,474 km²
海抜 2,691 (白頭山) m
人口
総人口(2009) 218.7 万人
経済
GDP(2008) 379.6億元
一人あたりGDP 17,374元
電話番号 0433
郵便番号 133000
ナンバープレート 吉H
行政区画代碼 222400
市花 金達莱
公式ウェブサイト http://www.yanbian.gov.cn/

延辺朝鮮族自治州(えんぺんちょうせんぞくじちしゅう)は、中華人民共和国吉林省に位置する朝鮮族自治州。州人民政府所在地は延吉市現在、全人口のうち漢族が59%を占め、朝鮮族の割合は39%に低下している。[要出典]

様々な場所で漢字ハングルが併用されており、地元の延辺朝鮮語では漢字の朝鮮語音に従って연변と表記され、北朝鮮でも同様の表記がされる。一方、韓国では漢字の韓国語音表記を採用せず、中国語音を音写した옌볜と表記される。[1]

地理[編集]

自治州の南西部に白頭山が聳え、この山から流れ出る豆満江を境にして朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)咸鏡北道と接する。東はロシア沿海地方、北は黒竜江省牡丹江市と接する。西は同じ吉林省の吉林市通化市と接している。

白頭山は満州民族にとっても朝鮮族にとっても聖なる山とされている火山である。

全体に山がちの地形で、豆満江流域にわずかに平地が開けている。

歴史[編集]

古代の高句麗渤海の故地であり、とくに敦化市には渤海初期の都城・東牟山があった。渤海の壁画古墳として名高い六頂山貞恵公主墓(敦化市)はこの時代の遺跡である。渤海の都はその後、上京竜泉府(黒竜江省牡丹江市)に遷ったが、自治州内には東京龍原府(琿春市)、中京顕徳府(和龍市)が置かれていた。渤海滅亡後は女真の領域となり、代には建州衛が置かれた。

代に入るとこの地は支配者である満州族の聖地と見なされ一般人の出入りが禁じられた。そのため人口密度が極端に低い状態が続き、そこへ貧困から当地に密入国する朝鮮族が増え不法に定住を始める。清代後期に延吉庁と琿春庁が置かれ、満州国時代には間島省が設置された。

中華人民共和国が成立すると、1949年に吉林省延辺専区が設けられ、1952年に「延辺朝鮮族自治区」となり、1955年には「延辺朝鮮族自治州」となった。1958年に敦化県(当時)が併合された。文化大革命期には州長であった朱徳海(朝鮮族)が「地方民族主義の金持ち」として紅衛兵に迫害され死亡した。

行政区画[編集]

6県級市・2県を管轄する。

延辺朝鮮族自治州の地図

年表[編集]

延辺専区[編集]

延辺朝鮮族自治区[編集]

  • 1953年5月4日 - 延吉県の一部が分立し、延吉市が発足。(1市5県)
  • 1955年8月30日 - 延辺朝鮮族自治区が延辺朝鮮族自治州に降格。

延辺朝鮮族自治州[編集]

  • 1958年10月 - 延吉県の一部が延吉市に編入。(1市5県)
  • 1958年10月23日 - 敦化県を編入。(1市6県)
  • 1960年3月15日 - 延吉県の一部が延吉市に編入。(1市6県)
  • 1960年8月27日 - 琿春県の一部が黒龍江省牡丹江専区東寧県に編入。(1市6県)
  • 1965年3月27日 - 延吉県・汪清県のそれぞれ一部が合併し、図們市が発足。(2市6県)
  • 1982年12月9日 - 延吉県の一部が延吉市・図們市に分割編入。(2市6県)
  • 1983年3月24日 - 延吉県が竜井県に改称。(2市6県)
  • 1985年2月11日 - 敦化県が市制施行し、敦化市となる。(3市5県)
  • 1988年4月2日 - 竜井県の一部が図們市に編入。(3市5県)
  • 1988年5月25日 (5市3県)
    • 琿春県が市制施行し、琿春市となる。
    • 竜井県が市制施行し、竜井市となる。
  • 1991年4月29日 - 琿春市の一部が図們市に編入。(5市3県)
  • 1991年10月25日 - 図們市の一部が汪清県に編入。(5市3県)
  • 1993年7月5日 - 和竜県が市制施行し、和竜市となる。(6市2県)
  • 2009年1月4日 - 竜井市の一部が延吉市に編入。(6市2県)

経済[編集]

延吉市は木材の生産地で、鉱物資源が豊富なことでも知られる。ロシア北朝鮮国境に近い琿春市は国境開放都市に指定されている。

1992年の中国と大韓民国(韓国)の国交樹立以降は、自治州には韓国からの直接投資が急増し、中国の辺境地域としては最も高い経済成長を達成している。

2003年の生産総額(GDP)は対前年比10.1%増の171.5億人民元、一人当たり生産総額は7841元であった。産業構造は第一次産業14.2%、第二次産業46.5%、第三次産業39.3%となっている。対外貿易輸出は対前年比28.8%増の2.8億米ドル、輸入は5.3%増の1.3億米ドルであった。 韓国、日本等へ出稼ぎに出ている人が多くいる。1980年以後に生まれた人(80後)の中にはエリートが多く、3言語が話せる人が多くいる。

交通[編集]

航空[編集]

道路[編集]

鉄道[編集]

教育[編集]

史跡・観光地等[編集]

延吉

  • 青年湖公園 プルハト河そばにある延吉市民の憩いの場。
  • 延吉人民公園 延吉神社、加藤神社があり西山公園と呼ばれた。延吉神社末社「加藤神社」は1941年8月11日に地鎮祭を行い、熊本本妙寺にある尊像を写した清正公と金官、日遥上人の御木像を宝物殿内に安置していた。
  • 延辺大学 関東軍第1方面軍第3軍司令部があった。終戦時の司令官、村上啓作は戦後、シベリアに抑留され、1948年9月に収容所で病死した。
  • 西市場 延吉を代表する市場で、生鮮食品、雑貨、北朝鮮から輸入した海産物などが並ぶ。
  • 狗肉街
  • 帽子山(帽児山) 延吉市街からよく見え、延吉の日本人は「かぶと山」とも呼んでいた。
  • チンダルレ(つつじ)広場
  • 延辺州博物館
  • 延吉監獄抗日闘争紀念碑 現在の延吉劇場。1946年6月、収監されていた溥儀夫人・婉容満州国皇后 ・40歳) が亡くなった場所とされる。
  • 延吉捕虜収容所 延吉には日本の敗戦後、東満および朝鮮北部から多くの日本人捕虜が集められシベリアに抑留された。

龍井

  • 旧間島日本総領事館 1909年11月2日、日本は間島日本総領事館を龍井に設置。鈴木要太郎が代理総領事。初代総領事は永滝久吉。放火で何度も焼け、現在の建物は1922年11月の火災で焼け落ちた後、1926年5月に新たに竣工したもの。
  • 琵岩山一松亭 琵岩山(495m)には一松亭と呼ばれる老松が生え、多くの朝鮮族が暮らす龍井のシンボルとなっていた。現在は観光地として整備されている。
  • 尹東柱之墓 龍井郊外の丘 (旧東山教会墓地内)に位置する。尹東柱が韓国の国民詩人になっていることは、延辺では長く知られておらず、 早稲田大学大村益夫教授が1985年5月14日、尹東柱の実弟尹一柱に書いてもらった地図をたよりに40年ぶりに場所を確認した。「尹東柱という詩人についても、延辺の文学者たちはまったくその存在を知らず、その作品も知らなかった。東柱の親戚たちも数多く延辺に生活しているが、東柱が韓国で国民的詩人として人々の尊敬を受けているとは夢想だにしなかったようだ」(大村益夫「尹東柱の事跡について」『朝鮮学報』)
  • 尹東柱生家 韓国の国民詩人、尹東柱の生家(復元)。尹東柱は、彼の祖父が1900年頃に建てた朝鮮族伝統構造からなる明東村の家に生まれた。尹東柱が恩真中学校に転校になると家族は龍井に移り住み、それまで住んでいた家は人手に渡った。生家の瓦には太極模様と無窮花、十字架が浮き彫りにされていたが、文化大革命時期に十字架模様が問題となり、模様はすべて砥ぎ落とすように命令され、監視が疎かになったこともあり瓦は数枚残された。1981年には空家に、翌年には撤去され、近隣の民家を建築するのに廃材が活用された。残された瓦は2002年、延辺テレビを通じて韓国の延世大学に寄贈された。
  • 三・一三反日義士陵 1919年3月13日、延吉駐屯軍の弾圧で亡くなった反日デモ「三・一三運動」参加者14人の墓。
  • 龍井地名起源之井泉 文化大革命中に破壊され、その後、復元された。
  • 延辺東方熊楽園
  • 奪取十五萬円事件遺址 1920年1月4日、間島国民会の林国楨、尹俊熙らが朝鮮銀行会寧支店に輸送中の騎馬隊を襲撃し15万円を強奪した現場。
  • 開山屯口岸 龍井市開山屯鎮と咸鏡北道穏成郡三峰区(三峰口岸)を結ぶ橋。

図們

  • ソ連紅軍烈士紀念碑
  • 図們口岸図們国境大橋
  • 鳳梧洞反日戦跡 1920年6月4日~7日、日本軍南陽守備隊と新民団が衝突した鳳梧洞戦闘(鳳梧洞大捷)の現場。

琿春

  • 龍源公園
  • 琿春中露互市貿易区 2001年2月、国務院の批准を経て設立され、2001年12月より試験的に開かれる。2005年6月に長春海関により正式に批准。
  • 長嶺子口岸(琿春口岸)
  • 張鼓峰事件展覧館
  • 圏河口岸(図們江大橋)
  • 防川三カ国国境
  • 沙坨子口岸
  • 八連城遺跡 東京龍原府と推定され、半拉城とも呼ばれる。鳥山喜一が最初に東京龍原府の跡と推定。考古学者、斉藤優が琿春に駐屯した際、軍務として発掘調査を行い、大路や塔をもつ寺院跡、石仏等を発見した。

和龍

  • 仙景台
  • 青山里大捷記念碑 2001年8月、青山里戦闘80周年を記念し和龍市龍城面青山村に建てられた。塔の下側部分には当時の戦闘の様子が描かれている。
  • 長白山(白頭山)
  • 古城里口岸 和龍市崇善鎮古城里と両江道延社郡大紅面三長里(三長口岸)を結ぶ。1994年10月北朝鮮が労働力を、中国が資材を出して現在の橋を完成させ1995年9月15日に正式に開通した。長さ77m、総投資額は140万元。豆満江にかかっている橋としては一番上流にあり、両江道と延辺を結ぶ唯一の橋。
  • 南坪口岸 和龍市徳化鎮南坪と咸鏡北道茂山郡七星里(茂山口岸)を結ぶ橋。
  • 大倧敎三宗師墓域(反日志士墓域)- 和龍県龍城郷清湖村に位置する羅喆、徐一金教献の3人の墓。

安図

  • 双目峰辺境公務通道 

敦化

  • 正覚寺
  • 北山公園

汪清

  • 満天星
  • 伊田(助男)小学遺址

延辺州愛国主義教育基地[編集]

  • 延辺革命烈士陵園
  • 延辺軍隊退職幹部休養所
  • 延辺歴史博物館
  • 朱徳海同志紀念碑
  • 敦化陳翰章紀念碑
  • 琿春防川歩哨所(防川三カ国国境)
  • 琿春龍虎石碑
  • 龍井日本駐偽間島省総領事館旧址
  • 龍井朝鮮族民俗博物館
  • 長白山自然保護区
  • 開山屯化学繊維漿廠
  • 駐延吉部隊董存瑞烈士の生涯展覧室

マスコミ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 韓国では同じ漢字文化圏である中国、台湾、香港、日本、ベトナムの地名・人名を表記する際、原語音を音写したものを使用するため。

関連文献[編集]

  • 李明「旧間島日本総領事館の建築に関する調査研究」、『日本建築学会技術報告集』第14巻第28号、日本建築学会、2008年、 613-616頁、 doi:10.3130/aijt.14.613

関連項目[編集]