延長別日本の道路トンネルの一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

延長別日本の道路トンネルの一覧(えんちょうべつにほんのどうろトンネルのいちらん)とは、日本の道路トンネルを延長別に並べた一覧である。

なお、世界における延長別のトンネルの一覧は延長別トンネルの一覧を、日本における延長別の交通用トンネルの一覧は延長別日本の交通用トンネルの一覧をそれぞれ参照のこと。尚、上下線で別々のトンネルの場合は長い方を記載し、名称が異なる場合は、別々のトンネルとしている。

延長5,000メートル (m) 以上のトンネルは長大トンネルと呼ばれており、水底・ 水際のトンネルと共に、道路法46条3項に基づき危険物積載車両の通行が禁止されている。下記一覧中の「危険物積載車」欄中に「通行不可」とされているトンネルが該当する。

一覧[編集]

名称 都道府県 位置 延長/m 信号機 危険物
積載車
着工 貫通 供用 備考
1 やまて/山手トンネル 13東京都 しゆとこう-首都高速中央環状線
大井JCT高松入口
18,200 通行不可 1992年 2007年 全線開通は2015年3月7日
とうきようかいかん/東京外環トンネル[1] 13東京都 とうきようかいかくかんしよう-東京外かく環状道路
東名JCT大泉JCT
約16,000 未定 未定 2012年 日本初の大深度地下使用の道路トンネル。開通時点では山手トンネルに次ぐ2位となる予定。
2 かんえつ/関越トンネル 10群馬県
新潟県
かんえつ-関越自動車道
水上IC湯沢IC
11,055 通行不可
[2]
1985年 山岳道路トンネルでは日本最長。
3 ひだ/飛騨トンネル 13岐阜県 とうかいほくりく-東海北陸自動車道
飛騨清見IC白川郷IC
10,710 通行不可 2007年 2008年
4 あくあとんねる/アクアトンネル 14神奈川県
千葉県
とうきようわんあくあらいん-東京湾アクアライン
川崎浮島JCT木更津金田IC
9,607 通行不可 1987年 1987年 1997年 水底道路トンネルとしては世界最長
5 くりこ/栗子トンネル 06山形県
福島県
とうほくちゅうおう-東北中央自動車道
福島大笹生IC米沢八幡原IC
8,972 通行不可 2002年 2014年 2017年 無料で通行できる道路トンネルとしては日本最長。
6 えなさん/恵那山トンネル 20長野県
岐阜県
ちゆうおう-中央自動車道
園原IC中津川IC
8,649 通行不可 1967年 1974年 1975年 建設当時日本最長の道路トンネル。
7 たいにしんこうへ/第二新神戸トンネル 28兵庫県 はんしんこうそく32こうしんこうへとんねる-阪神高速32号新神戸トンネル 8,055 通行不可 1988年
8 しんこうへ/新神戸トンネル 28兵庫県 はんしんこうそく32こうしんこうへとんねる-阪神高速32号新神戸トンネル 7,900± 通行不可 1971年 1976年
おおぬま/オオヌマトンネル 01北海道 とうおう-道央自動車道
七飯IC大沼公園IC
7,093 2016年[3] 2023年度予定 地質が軟らかく、難工事になると想定されている。
9 かりさか/雁坂トンネル 11埼玉県
山梨県
/国道140-国道140号 6,625 通行不可 1984年 1994年 1998年 国道のトンネルでは日本最長。原動機付自転車が通行できるトンネルとしても日本最長。
10 ひこ/肥後トンネル 43熊本県 きゆうしゆう-九州自動車道
八代JCT人吉IC
6,340 通行不可 1989年
11 かくとう/加久藤トンネル 43熊本県
宮崎県
きゆうしゆう-九州自動車道
人吉ICえびのIC
6,255 通行不可 1995年
12 あつみ/あつみトンネル 06山形県 にほんかい-日本海東北自動車道
あつみ温泉ICいらがわIC
6,022 通行不可 2005年 2010年 2012年
13 はかまこし/袴腰トンネル 16富山県 とうかいほくりく-東海北陸自動車道
五箇山IC福光IC
5,939 通行不可 2000年
14 よこはまきた/横浜北トンネル 14神奈川県 /しゆとこう-首都高速神奈川7号横浜北線
岸谷生麦出入口新横浜出入口
5,900[4] 通行不可 2017年
15 みのお/箕面トンネル 27大阪府 /国道423-国道423号箕面有料道路 5,623 通行不可 2007年
16 はんな/阪奈トンネル 27大阪府
奈良県
たい2はんな-第二阪奈有料道路
西石切ランプ壱分ランプ
5,578 通行不可 1986年 1997年
17 かんふうさん/寒風山トンネル 39高知県
愛媛県
/国道194-国道194号 5,432 通行不可 1981年 1996年 1999年 無料で通れる一般道路の道路トンネルとしては日本最長。歩行者・軽車両および自転車が通行できるトンネルとしても日本最長。
18 かんてん/関電トンネル 20長野県
富山県
かんてん-関電トンネル電気バス 5,400 1958年 立山黒部アルペンルート構成路線の一つ。開通から2018年まではトロリーバスが運行。
一般車両通行不可。
19 たるとうけ/樽峠トンネル 19山梨県
静岡県
ちゆうふおうたん-中部横断自動車道
新清水JCT富沢IC
4,999[5][6] 2019年 危険物積載車両が通行可能な供用中トンネルとしては現時点で最長。
あらしまたいに/荒島第二トンネル 18福井県  おおのあふらさかとうろ-大野油坂道路
勝原IC~下山IC
4,998[7]
しんくさかい/新区界トンネル 03岩手県 /国道106号-国道106号(宮古盛岡横断道路) 4,998[8] 2014年 2017年 2020年度供用予定
20 みのお/箕面トンネル 27大阪府 しんめいしんこうそくとうろ-新名神高速道路
茨木千提寺IC箕面とどろみIC
4,997[9] 2013年[10] 2016年 2017年
あおくすれ/青崩トンネル 22静岡県 さんえんなんしん-三遠南信自動車道
水窪IC~南信濃IC
4,990 2019年[11]
21 とか/利賀トンネル 16富山県 とかたむこうしようとうろ-利賀ダム工事用道路 4,982[12] 将来は国道471号の利賀バイパスに転用される予定。
22 えりもおうこん/えりも黄金トンネル 01北海道 /国道336-国道336号(黄金道路) 4,941 2006年 2009年 2011年 既存の宇遠別トンネルと接続。現時点では北海道最長。
きふやまかた/岐阜山県第一トンネル 21岐阜県 とうかいかんしよう-東海環状自動車道
山県IC岐阜IC
4,931[13] 2018年
23 おおよろき/大万木トンネル 34広島県
島根県
まつえ-松江自動車道
高野IC雲南吉田IC
4,878 2008年 2011年 2013年
24 ささゆり/ささゆりトンネル 21岐阜県 のうひおうたん-濃飛横断自動車道
金山IC - 下呂IC
4,877 2012年
いのはえ/猪八重トンネル 45宮崎県 ひかしきゆうしゆうしとうしやとう-東九州自動車道
日南北郷IC日南東郷IC
4,854 2008年 2013年
25 ほくさつ/北薩トンネル 46鹿児島県 ほくさつおうたんとうろ-北薩横断道路
きららIC中屋敷IC
4,850 2009年 2013年 2018年
かんむりやまとうけにこう/冠山峠2号トンネル 21岐阜県
福井県
/国道417-国道417号 4,834[14] 2014年 2024年
あおふなやま/青橅山トンネル 02青森県 /国道103-国道103号 4,810
26 ささこ/笹子トンネル 19山梨県 ちゆうおう-中央自動車道
大月JCT勝沼IC
4,784 1975年 1977年
おとなか/音中トンネル 01北海道 おといねつふはいはす-音威子府バイパス
音威子府IC中川IC
4,686[15] 2010年
27 あわか/粟ヶ岳トンネル 22静岡県 たい2とうめい-新東名高速道路
島田金谷IC森掛川IC
4,662 1997年 2007年 2012年
28 たらか/タラガトンネル 21岐阜県 /国道256-国道256号 4,571 2000年 2005年 2007年
29 こしらす/子不知トンネル 15新潟県 ほくりく-北陸自動車道
親不知IC糸魚川IC
4,557 1988年
30 ふしかわ/富士川トンネル 22静岡県 たい2とうめい-新東名高速道路
新富士IC新清水IC
4,503 2005年 2012年
31 さんえん/三遠トンネル 22静岡県 さんえんなんしん-三遠南信自動車道
渋川寺野IC鳳来峡IC
4,525 2005年 2012年
32 こりかみね/五里ヶ峯トンネル 20長野県 しようしんえつ-上信越自動車道
坂城IC更埴JCT
4,518 1996年
はかせ/博士トンネル 09福島県 こくとう401-国道401号(博士峠バイパス) 4,503[16] 2018年[16]
仮称不明 29奈良県 けいなわ-京奈和自動車道
奈良北IC奈良IC
4,500[17]
33 しんせんにん/新仙人トンネル 03岩手県 /国道283-国道283号 4,492 2007年
34 いふしやま/猪臥山トンネル 21岐阜県 きふけんとう90岐阜県道90号古川清見線 4,475 2002年 都道府県道で日本最長のトンネル
35 はつふうさん/八風山トンネル 10群馬県
長野県
しようしんえつ-上信越自動車道
碓氷軽井沢IC佐久IC
4,471 1993年
36 こんへえ/権兵衛トンネル 20長野県 /国道361-国道361号 4,467 1993年 2003年 2006年
37 せんしよう/釧勝トンネル 01北海道 とうとう-道東自動車道
本別IC白糠IC
4,460 2007年 2015年
38 さなけやま/猿投山トンネル 23愛知県 とうかいかんしよう-東海環状自動車道
豊田藤岡ICせと赤津IC
4,434 2004年 2005年
39 あほう/安房トンネル 20長野県
岐阜県
あほうとうけとうろ-安房峠道路
中ノ湯IC平湯IC
4,370 1995年 1997年
40 おとり/小鳥トンネル 21岐阜県 たかやまきよみとうろ-高山清見道路
飛騨清見IC・JCT高山西IC
4,346 2000年 2003年 2004年
41 こうし/甲子トンネル 39福島県 /国道289-国道289号 4,345 2008年
42 ほへつ/穂別トンネル 01北海道 とうとう-道東自動車道
むかわ穂別IC占冠IC
4,318 2006年 2010年 2011年
43 ささかみね/笹ヶ峰トンネル 39高知県
愛媛県
/こうち高知自動車道
新宮IC大豊IC
4,307 1992年
44 あみのこ/網野子トンネル 46鹿児島県 こくとう58-国道58号
網野子峠
4,243 2003年 2012年 2015年 [18]
45 のつか/野塚トンネル 01北海道 こくとう236-国道236号
野塚峠
4,232 1968年

脚注[編集]

  1. ^ 東京外環トンネル施工等検討委員会 とりまとめ (PDF)”. 国土交通省東京外かく環状国道事務所 (2014年6月16日). 2014年7月15日閲覧。
  2. ^ 柏崎刈羽原子力発電所等に核燃料を供給するための車両は通行可能。
  3. ^ “道縦貫道七飯ー大沼間が16年度着工へ-総工費730億円”. 北海道建設新聞. (2014年5月29日). オリジナルの2014年7月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140714230458/http://e-kensin.net/news/article/8128.html 2014年7月15日閲覧。 
  4. ^ 首都高速道路株式会社 神奈川建設局 調査・環境課
  5. ^ 中部横断道県境を見学 静岡、山梨両県民「樽峠トンネル」歩く」『静岡新聞』静岡新聞社、2018年3月26日。2019年3月3日閲覧。, オリジナルの2019-03-03時点によるアーカイブ。
  6. ^ “中部横断自動車道(新清水JCT~増穂IC間)連絡調整会議(第3回)の開催結果について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 国土交通省関東地方整備局, (2018年7月5日), p. 16, オリジナルの2019年3月3日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20190303150748/http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000705295.pdf 2019年3月3日閲覧。 
  7. ^ 大野市 (2011年7月25日). “おおの議会だより 12頁”. 2012年9月23日閲覧。
  8. ^ 鹿島建設. “新区界トンネル工事”. 2016年10月10日閲覧。
  9. ^ 西日本高速道路株式会社. “お客さまの声 関西-14-6 「新名神高速道路 箕面トンネル東工事、佐保川橋工事」”. 2017年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月18日閲覧。
  10. ^ 西日本高速道路株式会社関西支社 新名神大阪西事務所 (2013年2月). “ハイウェイ新名神大阪西 広報誌 第23号”. 2017年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月30日閲覧。
  11. ^ 青崩峠トンネル着工」『読売新聞』読売新聞社、2019年3月17日。2019年10月4日閲覧。
  12. ^ 国土交通省 北陸地方整備局/利賀ダム工事事務所 (2010年). “花崗岩山岳地帯におけるトンネルコスト縮減方策について”. 2012年9月18日閲覧。
  13. ^ 東海環状自動車道 岐阜山県第一トンネル着工 平成30年6月”. 山県市 (2018年6月19日). 2018年12月7日閲覧。
  14. ^ H28.10.31 現在 冠山峠2号トンネル(仮称)の掘削進捗は49.5%です。 (PDF)”. 国土交通省近畿地方整備局 福井河川国道事務所 (2016年10月31日). 2016年12月5日閲覧。
  15. ^ 掘削難航の40号音中トンネルが強度対策で随意契約”. 北海道建設新聞社 (2014年9月10日). 2016年12月5日閲覧。
  16. ^ a b 【博士峠の交通難回避へ】福島県管理、最長のトンネル工事着工 鹿島JV・戸田JV”. 建設通信新聞DIGITAL. 公式ブログ. 日刊建設通信新聞社 (2018年11月22日). 2018年11月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月22日閲覧。
  17. ^ 平成30年度新規事業候補箇所説明資料 (PDF)”. 国土交通省近畿地方整備局. 2018年6月6日閲覧。
  18. ^ http://www.pref.kagoshima.jp/ah04/infra/kotu/seibi/aminokotunnel-kantuu.html

関連項目[編集]