建初 (成漢)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

建初(けんしょ)は、五胡十六国時代成漢の君主李特及び李流の治世で使用された元号。303年 - 304年9月。

元年2月に李特は死没するが、李流により元号はそのまま使用された。『晋書』及び『魏書』では302年に建初と改元したと記録されているが、『資治通鑑』及び『太平御覧』には303年の改元とあり、一般に後者を採用している。

西暦・干支との対照表[編集]

建初 元年 2年
西暦 303年 304年
干支 癸亥 甲子

参考文献[編集]

  • 『中国歴代年号考』李崇智(中華書局 2004年)

関連項目[編集]


前の元号:
中国の元号
成漢
次の元号:
建興
魏晋南北朝元号

三国の元号
黄初  太和  青龍  景初  正始  嘉平  正元  甘露  景元  咸熙
蜀漢章武 
建興  延熙  景耀  炎興
黄武 
黄龍  嘉禾  赤烏  太元  神鳳  建興  五鳳  太平  永安  元興  甘露  宝鼎  建衡  鳳凰  天冊  天璽  天紀
の元号
西晋泰始 
咸寧  太康  太熙  永熙  永平  元康  永康  永寧  太安  永安  建武  永安  永興  光熙  永嘉  建興
東晋建武 
大興  永昌  太寧  咸和  咸康  建元  永和  升平  隆和  興寧  太和  咸安  寧康  太元  隆安  元興  隆安  大亨  元興  永始  天康  義熙  元熙
五胡十六国の元号
前趙元熙 
永鳳  河瑞  光興  嘉平  建元  麟嘉  漢昌  光初
成漢建初 
建興  晏平  玉衡  玉恒  漢興  太和  嘉寧
前涼建興 
和平  建興  升平
後趙太和 
建平  延熙  建武  太寧  青龍  永寧
冉魏永興
前燕元璽 
光寿  建熙
前秦皇始 
寿光  永興  甘露  建元  太安  太初  延初
後秦白雀 
建初  皇初  弘始  永和
後燕燕元 
建興  永康  建平  長楽  光始  建始
翟魏建光 
定鼎
西燕燕興 
更始  昌平  建明  建平  建武  中興
西秦建義 
太初  更始  永康  建弘  永弘
後涼太安 
麟嘉  龍飛  承康  咸宁  神鼎
南涼太初 
建和  弘昌  嘉平
南燕燕平 
建平  太上
西涼庚子 
建初  嘉興  永建
龍昇 
鳳翔  昌武  真興  承光  勝光
北燕正始 
太平  太興
北涼神璽 
天璽  永安  玄始  承玄  義和  承和
建国
南北朝の元号
永初 
景平  元嘉  孝建  大明  永光  景和  泰始  泰予  元徽  昇明
建元 
永明  隆昌  延興  建武  永泰  永元  中興

天監  普通  大通  中大通  大同  中大同  太清  大宝  天正  太始  承聖< 天成  紹泰  太平  天啓
後梁大定  天保  広運

永定  天嘉  天康  光大  太建  至徳  禎明
北魏登国 
皇始  天興  天賜  永興  神瑞  泰常  始光  神䴥  延和  太延  太平真君  正平  承平  興安  興光  太安  和平  天安  皇興  延興  承明  太和  景明  正始  永平  延昌  熙平  神亀  正光  孝昌  武泰  建義  永安  建明  普泰  中興  太昌  永興  永熙
東魏天平 
元象  興和  武定
西魏大統
北斉天保 
乾明  皇建  太寧  河清  天統  武平  隆化  徳昌  承光  武平
北周武成 
保定  天和  建徳  宣政  大成  大象  大定
柔然永康 
太平  太安  始平  建昌