建国幼・小・中・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
建国幼・小・中・高等学校
建国幼・小・中・高等学校
過去の名称 建国工業学校・高等女学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人白頭学院
校訓 剛健・精祥・勤倹・相愛・自主
設立年月日 1946年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 特進コース
総合コース(韓国文化専攻・情報専攻・英米文化専攻)
学期 3学期制
高校コード 27570A
所在地 558-0032

北緯34度35分48.9秒 東経135度29分57.6秒 / 北緯34.596917度 東経135.499333度 / 34.596917; 135.499333座標: 北緯34度35分48.9秒 東経135度29分57.6秒 / 北緯34.596917度 東経135.499333度 / 34.596917; 135.499333
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

建国幼・小・中・高等学校(けんこくよう・しょう・ちゅう・こうとうがっこう)は、大阪府大阪市住吉区遠里小野2丁目にある私立幼稚園小学校中学校高等学校

概要[編集]

在日韓国人子弟への民族教育を行うことを前提に建てられたが、学校教育法第1条による認可を受けた「一条校」である。そのため、オールドカマーの在日韓国人だけではなく、日本国籍を取得した者やニューカマー韓国人生徒なども在籍している。

教育[編集]

幼稚園・小学校・中学校・高校を通して、朝鮮語朝鮮の文化カリキュラムに取り入れた民族教育を行っている。朝鮮語の時間を週3~5時間設けるとともに、韓国地理歴史の授業やテコンドーサムルノリなどの朝鮮の文化についての授業も行われる。

他方、学校教育法で定められた「一条校」ゆえ、普段の授業においては日本の検定教科書が使用され、授業も基本的には日本語で行われる(ただし、授業中に朝鮮語でのやりとりがなされることもある)。

併せて、小学校1年から英語教育を導入する、中学校では総合的な学習の時間を用いて日本語・朝鮮語・英語の3ヶ国語の習得を目指す「トリリンガルコース」を設ける、高等学校では英語教育に力を入れた「英米文化コース」を設けるなど、朝鮮語だけではなく英語にも力を入れている。

また、高等学校では「特別進学コース」という大学受験に特化したコースを設けており、民族教育を行う傍らで一定の進学実績を挙げている。指定校推薦もあるが、韓国系の学校という性格から、提携を結ぶ学校には日本の大学同志社大学など)だけでなく、韓国の大学(延世大学校など)も含まれている。

沿革[編集]

  • 1946年(昭和21年) - 建国工業学校・高等女学校(旧制)として設立。
  • 1947年(昭和22年) - 建国中学校に改称。(新教育制度による)
  • 1948年(昭和23年) - 建国高等学校を設立。
  • 1949年(昭和24年) - 建国小学校を設置、文部省(当時)より財団法人認可。
  • 1951年(昭和26年) - 学校法人の認可を受け、一条校となる。
  • 1997年(平成9年) - 建国幼稚園設立。

著名な出身者[編集]

交通・アクセス方法[編集]

関連項目[編集]