建武年中行事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

建武年中行事』(けんむねんちゅうぎょうじ)は、後醍醐天皇が著した有職故実書。全3巻。建武元年(1334年)成立とされるが、天皇が吉野へ逃れた延元2年(1337年)成立説(木藤才蔵説)もある。『仮名年中行事』・『和字年中行事』など多くの異名がある。

概要[編集]

後醍醐天皇が、立太子以来20年余りの宮中生活の中で経験した多くの宮中における朝儀公事の内容・作法について記したもので、建武の新政の開始に伴い、朝儀の再興を意図して書かれたと考えられている。

正月の四方拝から年末の追儺・節折までの宮中行事が、月ごとに和文で記述されている。天皇独自の行事などに関する記述もあり、南朝と敵対した北朝においても尊重される(『園太暦』観応2年12月条)など、後世に大きな影響を与えた。

和田英松の注解で『建武年中行事』(校訂解説所功講談社学術文庫、1989年、再版1991年)がある。

参考文献[編集]