建築物環境衛生管理基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

建築物環境衛生管理基準(けんちくぶつかんきょうえいせいかんりきじゅん)とは、環境衛生上、良好な状態に維持をするのに必要な措置のことである。建築物における衛生的環境の確保に関する法律4条により、特定建築物管理権原者は、空気環境測定、給水排水管理、清掃、ねずみ・こん虫の防除、その他環境衛生上の維持管理に努めなければならない。従って、特定建築物管理権原者は、基準遵守義務者となる。

基準の特徴[編集]

  • 環境衛生上、良好な状態を目標にしている。
    • 一般の衛生上の基準は、最低許容限度の基準であるのに対し、建築物環境衛生基準は、それより高い基準を求めている。
    • さらに、基準に従っていないからと言って、行政処分や罰則の適用はない。全般的な状況を見て、初めて改善命令や使用制限が適用される。

基準の性格[編集]

  • 建築物を統一の基準で管理可能。
  • 人為的な制御が可能な基準。
  • 建築物全体に及ぶ基準。

基準の内容[編集]

空気環境調整[編集]

  • 中央管理方式限定。
  • 2箇月以内に1回。
  • ホルムアルデヒド調査は特定建築物建築時、大規模改修時、建物使用開始時の最初に到来する測定期間。(6月1日9月30日
  • 測定点は、各階ごとに一箇所以上を選択。その中央部から75cm~150cmの位置。

測定に必要な資格[編集]

  • 建築物環境衛生管理技術者(所有ビルごとに自社で選任(原則))
  • 選任可能な建築物環境衛生管理技術者のいる建築物空気環境測定業者、建築物環境衛生総合管理業者(外部委託
    • 資格者の監視指導の下であれば無資格者でも測定可能。評価は建築物環境衛生管理技術者が行う。

空気調和設備の測定内容[編集]

機械調和設備の測定内容[編集]

  • 浮遊粉塵の量
  • 一酸化炭素の含有率
  • 二酸化炭素の含有率
  • 気流

空気調和設備の汚染防止[編集]

冷却塔・加湿装置[編集]

  • 水質検査
  • 汚れの状況調査(1ヶ月以内に1回)
  • 定期点検
  • 冷却塔の水管、加湿装置の清掃(1年以内に1回)

排水受け[編集]

  • 定期点検、清掃(使用開始時、使用期間中は1ヶ月に1回)

給排水の管理[編集]

給水管理[編集]

  • 遊離残留塩素の測定(7日以内に1回)
  • 水質基準に関する水質検査(6ヶ月以内に1回)
    • 水道法第4条の規定に従う。
  • 貯水槽清掃(1年以内に1回)

排水管理[編集]

  • 設備清掃(6ヶ月以内に1回)

清掃、ねずみ・こん虫の防除[編集]

清掃[編集]

  • 日常清掃
  • 統一的な清掃(6ヶ月以内に1回)

ねずみ・こん虫の防除[編集]

関連項目[編集]

  • 建築物環境衛生維持管理要領
  • 建築物における維持管理マニュアル