式守伊之助 (9代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

9代 式守 伊之助(きゅうだい しきもり いのすけ、1854年6月 - 1910年6月28日)は、大相撲立行司。本名は水戸部→刀根福造。出身地は現在の栃木県下都賀郡藤岡町

人物[編集]

初めは力士志望だったが、行司に転向した。6代式守伊之助に師事し、1971年3月場所で式守竹二郎の名で初めて番付に載った。その後、初代式守錦之助に改め、2代式守錦太夫から4代式守与太夫を経て、1898年5月に9代伊之助襲名した。声や態度も凛然としていた行司だった。1910年6月28日死去。享年56。16代伊之助は彼の養子である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]