弓削島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
弓削島
弓削島中心部(佐島より撮影)
弓削島中心部(佐島より撮影)
座標 北緯34度16分7秒 東経133度12分59.8秒 / 北緯34.26861度 東経133.216611度 / 34.26861; 133.216611座標: 北緯34度16分7秒 東経133度12分59.8秒 / 北緯34.26861度 東経133.216611度 / 34.26861; 133.216611
面積 8.61 km²
最高標高 325 m
最高峰 三山
所在海域 瀬戸内海
所属諸島 上島諸島
所属国・地域 日本愛媛県
地図
弓削島の位置(愛媛県内)
弓削島
テンプレートを表示
しまなみ交流館
シーサイドモールゆげ

弓削島(ゆげしま)は、愛媛県北東部に位置する離島である。芸予諸島の中の上島諸島に属する。越智郡弓削町を経て、平成の合併により現在は上島町に属し、町役場がある。

属島として佐島百貫島、京ノ小島がある。島の中央やや南側に石灰山(せっかいやま)と呼ばれる標高210mの山があり、島のランドマークになっている。高台に石灰石鉱山跡がある。

因島の南に位置しており島の中心部には上島町役場が、周辺にはそれぞれ愛媛県立弓削高等学校弓削商船高等専門学校がある。

歴史[編集]

古墳時代
  • 久司山古墳
中世
  • 平安時代末期頃に荘園としての形が成立されたとされ、後白河法皇の荘園であったが、鎌倉時代になり長講堂に寄進され長講堂領となった。後に東寺(京都)に寄進され、同寺の荘園として塩を献上していた。以後、室町時代まで続いた。
弓削島荘は「塩の荘園」として歴史的にも知られている。1981年(昭和56年)7月、学習院大学に在学中の皇太子明仁親王今上天皇)が、「中世の荘園制度」をテーマに、来町(島)、弓削神社・顆成寺・高浜八幡神社・大森神社・革泉寺・伝十・狩尾を見学し、研究を深めた。
こうした製塩文化を発掘継承していこうと、島内の住民で2007年に「弓削塩文化を伝える会」が発足している。

行政[編集]

  • 上島町役場と町議会があり、町政の中心地である。町営のCATVがある。

経済[編集]

産業[編集]

  • 主要産業は、農林業、漁業が中心である。
漁業 (小型定置網漁、海苔養殖など) マダイコウイカ、ウマヅラハギ、タチウオなど

主要企業[編集]

交通[編集]

弓削島を含む上島地域の交通の中心は因島(広島県)で、定期船は主に因島へ航行している。

航路[編集]

下記の他、弓削汽船弓削港 - 土生港長崎桟橋(因島)航路を1日19往復運航していたが、上島架橋の影響もあり2015年9月末で廃止となった。

  • 上島町営フェリー(ニューうおしま)
豊島 通過便がある。

バス[編集]

名所・名産[編集]

  • 名所
  • 名産
    • 弓削塩
    • 弓削海苔
    • 八朔(はっさく)
  • 祭り・イベント
    • おさかな朝市 ゴールデンウィークに開催、弓削漁協主催
    • かみじまふるさと夜市 8月第1土曜日開催、ステージイベントや打上花火が行われる 上島町商工会主催

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]