弓岡敬二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
弓岡 敬二郎
オリックス・バファローズ コーチ #85
Yumioka keijiro.jpg
2013年7月18日、こまちスタジアムにて
(オリックスコーチ時代)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県姫路市
生年月日 (1958-06-28) 1958年6月28日(59歳)
身長
体重
172 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 1980年 ドラフト3位
初出場 1981年4月6日
最終出場 1991年10月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • オリックス・ブルーウェーブ
    オリックス・バファローズ (1992 - 2002, 2006 - 2013)
  • 愛媛マンダリンパイレーツ (2014 - 2016)
  • オリックス・バファローズ (2017 - )

弓岡 敬二郎(ゆみおか けいじろう、1958年6月28日 - )は、兵庫県姫路市出身の元プロ野球選手内野手)、プロ野球監督

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

東洋大姫路高校では1974年に、1年生ながら一番打者、遊撃手として夏の全国高校野球選手権大会に出場。3回戦に進むが平安高に敗退[1]。新チームとなり同年の秋季近畿大会県予選では投手として活躍し本大会に進む。しかし1回戦で東山高に大敗し春の選抜出場を逸した。その後は内野手に戻るが、翌1975年夏の甲子園県予選では準決勝で洲本高に敗れる。

1976年春の選抜高校野球大会に出場。準々決勝で智辯学園のエース山口哲治を打ち崩し、準決勝に進むが小山高に0-1で惜敗[2]。この大会では大会第2号本塁打を放ち、攻守走三拍子揃った遊撃手として注目される。夏の県予選でも決勝に進出するが、上野克二のいた市神港に大敗、甲子園には届かなかった。1年下のチームメートに松本正志宮本賢治の両投手がいた。

1976年のドラフト会議クラウンライターライオンズから3位指名されるが、入団を拒否し、社会人野球新日鐵広畑に進む。1979年都市対抗ではエース藤高俊彦を擁し活躍、翌年の同大会にも神戸製鋼の補強選手として出場した[3]

現役時代[編集]

1980年のドラフト3位で阪急ブレーブスに入団。7年連続ダイヤモンドグラブ賞を獲得していた名ショートストップ大橋穣からポジションを奪い取る形となり、打率は悪いものの新人ながら全試合出場を果たす。1983年には35盗塁をマークし、打率も.260とまずまずの成績を残す。1984年オールスターゲームでは、遊撃手部門でプロ入り同期の石毛宏典西武)を抑えて1位で選出された。チームが5年ぶりにリーグ優勝したこの年に、初の3割を打ちベストナインとダイヤモンドグラブ賞を受賞した。1987年にもゴールデングラブ賞(前シーズンにダイヤモンドグラブ賞より改称)を受賞。小川博文の台頭で1989年から試合数が減り1991年に33歳という若さで引退した。

応援歌は最終年を除き社会人時代の「新日鐵マーチ」の替え歌だった。

指導者として[編集]

引退後、1992年から1994年まではオリックス一軍内野守備・走塁コーチ、1995年から1997年までは二軍内野守備・走塁コーチ、1998年から1999年までは二軍監督、2000年から2002年までは一軍守備・走塁コーチ。2003年からはフロント入りし、2006年から2007年までは二軍守備・走塁コーチ、2008年からは二軍チーフ兼守備・走塁コーチを務めていたが、テリー・コリンズ監督の辞任に伴うコーチ陣の異動で5月22日からチーフコーチ専任となり、2009年から2010年は再び二軍チーフ兼守備・走塁コーチを務めた。2011年からは二軍チーフ総合コーチを務め、2013年からは二軍監督に就任。10月29日に契約満了に伴い、1980年に選手として入団以来33年目での退団が発表された[4]

2014年より、四国アイランドリーグplus愛媛マンダリンパイレーツの監督を務める[5]。初年度は前期は最下位だったが、後期は惜しくも優勝を逃す2位ながら年間勝率2位となり、前期後期を連覇した徳島インディゴソックスとのリーグチャンピオンシップに出場。チームとしてチャンピオンシップ初勝利を挙げ対戦成績タイまで持ち込んだが、最終戦に敗れてチーム初優勝(またリーグ史上初の「年間勝率2位からの総合優勝」)を逃した。2015年は2年目で就任後初となる後期優勝を達成[6]、前期優勝の香川オリーブガイナーズとのリーグチャンピオンシップシップも制して、就任2年目でチームの「悲願」だった年間総合優勝を達成した[7]ベースボール・チャレンジ・リーグ優勝チームの新潟アルビレックス・ベースボール・クラブと対戦したグランドチャンピオンシップも3勝2敗で制し、「独立リーグ日本一」に導いた[8]2016年は前後期と年間総合優勝をすべて達成する「完全優勝」を実現した[9]。リーグでは3球団目で、監督としても3人目(他に西田真二(2回)、島田直也)となる。ベースボール・チャレンジ・リーグ優勝チームの群馬ダイヤモンドペガサスと対戦したグランドチャンピオンシップは初戦から2連勝で王手をかけたが[10]、前年とは逆にそこから3連敗を喫し、史上2チーム目となるシリーズ連覇を逃した[11]。同年10月27日愛媛の監督退任と、オリックスへの復帰(二軍育成統轄コーチ就任)が発表された[12]。退任に際して、愛媛球団は弓岡の背番号77を永久欠番にすることを発表した[13]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1981 阪急
オリックス
130 419 377 42 80 11 4 4 111 30 15 7 21 3 16 0 2 23 11 .212 .246 .294 .541
1982 112 224 194 28 41 8 1 0 51 12 11 5 12 1 15 0 2 11 10 .211 .274 .263 .536
1983 130 539 462 62 120 17 4 5 160 41 35 9 41 5 30 0 1 29 4 .260 .303 .346 .650
1984 125 570 470 72 143 18 5 6 189 45 15 10 49 6 43 0 2 26 12 .304 .361 .402 .763
1985 124 565 478 80 141 17 2 8 186 63 28 3 46 5 35 0 1 28 13 .295 .341 .389 .730
1986 127 520 452 55 115 17 2 6 154 43 12 3 25 2 38 0 3 24 8 .254 .315 .341 .656
1987 127 405 366 37 90 14 0 5 119 22 3 4 18 1 18 2 2 33 7 .246 .284 .325 .609
1988 102 246 216 15 48 5 0 2 59 11 2 2 13 0 16 0 1 17 5 .222 .279 .273 .552
1989 69 36 27 9 3 2 0 0 5 2 2 1 5 1 2 0 1 1 1 .111 .194 .185 .379
1990 70 96 84 21 20 2 1 1 27 4 9 2 7 0 5 0 0 14 1 .238 .281 .321 .602
1991 36 21 18 5 6 2 0 0 8 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 .333 .333 .444 .778
通算:11年 1152 3641 3144 426 807 113 19 37 1069 273 132 46 240 24 218 2 15 206 72 .257 .306 .340 .646
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 阪急(阪急ブレーブス)は、1989年にオリックス(オリックス・ブレーブス)に球団名を変更

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  4. ^ 阪急―オリックスひと筋 弓岡2軍監督が退団 スポーツニッポン 2013年10月29日配信
  5. ^ 新監督就任のお知らせ【チームからのお知らせ】 愛媛マンダリンパイレーツ 2013年11月22日配信
  6. ^ 9連勝 つかんだ栄冠 MP後期優勝 3年ぶり3度目 高知に8―0 - 愛媛新聞 2015年9月13日
  7. ^ 海族王降臨 愛媛MP総合V ナイン奮起 完勝 - 愛媛新聞 2015年9月28日
  8. ^ MP 崖っぷちから3連勝 独立L日本一 5投手力投 打線も粘り - 愛媛新聞 2015年10月14日
  9. ^ 愛媛MP 2年連続2度目の総合優勝! - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2016年9月21日)
  10. ^ “MP独立L連覇王手 9回一挙4点サヨナラ”. 愛媛新聞. (2016年10月3日). https://www.ehime-np.co.jp/article/news201610031615 2016年10月11日閲覧。 
  11. ^ グランドチャンピオンシップ第5戦 試合結果 - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2016年10月10日)
  12. ^ 弓岡敬二郎監督・退任のお知らせ【チームからのお知らせ】 愛媛マンダリンパイレーツ 2016年10月27日配信
  13. ^ 愛媛マンダリンパイレーツ球団初! 弓岡監督の背番号「77」を永久欠番に!!【チームからのお知らせ】 - 愛媛マンダリンパイレーツ(2016年11月21日)

関連項目[編集]