弓町本郷教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
弓町本郷教会

弓町本郷教会(ゆみちょうほんごうきょうかい)は、東京都文京区本郷にある日本基督教団教会である。

沿革[編集]

1886年4月、日本基督伝道会社の第9年回で日本組合基督教会を組織することになった。それを機に、それまで伝道をしてこなかった東京で伝道をすることになり、伝道者8名を派遣した。安中教会の牧師であった海老名弾正も東京に行き加わった。

1886年10月10日、本郷湯島神田明神坂上の大名屋敷で伝道を初め、西片町(現、日本基督教団駒込教会)、春木町、森川町などで集会を始めた。1887年海老名は熊本に帰り、義兄の横井時雄(横井小楠の長男)が牧師になる。

1891年に本郷東竹町に会堂を建設する。海老名弾正、横井時雄、押川方義らにより基督教同志会を結成して、伝道に取り組む。しかし、横井が同志社に移動する。横井が同志社に行ったことで、組合教会の反対する勢力が出て教会が混乱したので、一旦教会を解散する。

海老名弾正が教会を再建する、ライオンの小林富次郎が転会したことで、教勢は上昇した。小林は終生海老名を支えることになった。1898年4月、本郷大火により会堂を消失する。

1901年4月、本郷壱岐坂に会堂を建設する。1903年に日本組合基督教会に加入する。1923年、関東大震災により再び会堂が焼失する。1927年12月、本郷弓町に中村鎮の設計により現在の会堂ができる。

1941年、日本基督教団の創立と共に、教団に加入する。その際、弓町本郷教会に改称する。

歴代牧師[編集]

著名な会員[編集]

参考文献[編集]

  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年