弓長起浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
弓長 起浩
基本情報
出身地 大分県東国東郡国東町(現:国東市
生年月日 (1967-07-05) 1967年7月5日(51歳)
身長
体重
178 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1991年 ドラフト3位
初出場 1992年4月16日
最終出場 2002年8月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

弓長 起浩(ゆみなが たつひろ、1967年7月5日 - )は、大分県東国東郡国東町(現:国東市)出身の元プロ野球選手投手)。左投左打。現役時代は阪神タイガースでプレーした。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

国東高校から亜細亜大学へ進学。東都大学リーグで通算17試合に登板し3勝3敗。熊谷組を経て1991年ドラフト3位阪神タイガースに入団。

プロ入り後[編集]

1992年(1年目)から中継ぎ投手としてフル回転し、以降も中継ぎとして1990年代の阪神を支えた。

1995年に発生した阪神・淡路大震災では同僚の南牟礼豊蔵とともに被災地に出向き、炊き出しやゴミ捨てに入ったりして被災者を助けた。

1998年には57試合に登板し、防御率1.69、セ・リーグの最多登板を達成した。

2002年オフに戦力外通告を受け、自由契約となりそのまま現役引退。1軍登板全試合がリリーフによるものである。

引退後[編集]

鳥取県でスポーツトレーナーとしての勉強を始めた様子が山陰地方紙で伝えられ、イチロー大塚晶則山本昌なども通っている鳥取のスポーツジムに勤務していた。

2013年広島県広島市安芸区にて「弓長起浩整体院」を開業。広島東洋カープの若手選手なども来院している。

2016年学生野球資格回復研修を受講した上で、翌2017年2月7日に日本学生野球協会より学生野球資格回復の適性認定を受けたことにより、学生野球選手への指導が可能となった[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1992 阪神 51 0 0 0 0 4 1 4 -- .800 324 80.0 56 4 35 3 3 55 1 0 15 12 1.35 1.14
1993 54 0 0 0 0 5 3 0 -- .625 258 56.2 60 5 32 5 3 27 1 0 31 25 3.97 1.62
1994 54 0 0 0 0 1 1 3 -- .500 303 69.2 64 2 32 4 4 45 1 0 36 34 4.39 1.38
1995 33 0 0 0 0 1 1 0 -- .500 128 28.2 27 2 16 2 3 17 2 0 12 11 3.45 1.50
1996 23 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 106 23.2 28 1 6 0 2 15 1 0 9 6 2.28 1.44
1997 59 0 0 0 0 4 0 0 -- 1.000 257 55.2 67 7 28 7 1 40 4 0 32 27 4.37 1.71
1998 57 0 0 0 0 1 3 0 -- .250 219 48.0 47 2 27 3 5 42 3 1 13 9 1.69 1.54
1999 11 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 22 3.2 9 0 2 0 0 2 1 0 5 4 9.82 3.00
2000 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 39 9.0 10 4 5 0 0 3 0 0 5 5 5.00 1.67
2001 44 0 0 0 0 1 3 0 -- .250 146 31.2 34 4 21 1 3 24 2 0 16 15 4.26 1.74
2002 9 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 19 5.0 3 0 2 0 0 3 0 0 2 2 3.60 1.00
通算:11年 400 0 0 0 0 17 13 7 -- .567 1821 411.2 405 31 206 25 24 273 16 1 176 150 3.28 1.48
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

  • 初登板:1992年4月16日、対横浜大洋ホエールズ3回戦(阪神甲子園球場)、9回表に3番手で救援登板・完了、1回無失点
  • 初奪三振:同上、9回表に盛田幸妃から
  • 初セーブ:1992年7月12日、対中日ドラゴンズ15回戦(ナゴヤ球場)、8回裏1死に2番手で救援登板・完了、1回2/3を無失点
  • 初勝利:1992年8月15日、対中日ドラゴンズ19回戦(ナゴヤ球場)、9回裏に3番手で救援登板、1回1/3を無失点

背番号[編集]

  • 14 (1992年 - 2000年)
  • 38 (2001年 - 2002年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 元ヤクルト宮本慎也氏ら132人が学生野球資格回復 - 大学・社会人”. 日刊スポーツ (2017年2月8日). 2017年2月8日閲覧。

関連項目[編集]