引幕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

引幕(ひきまく)とは、舞台などで、左右に引いて開閉するのこと。歌舞伎定式幕もまた、引幕の一種である。

歌舞伎舞台の正面には少しを引いたが垂れ下がっており、これが右手に引かれると芝居が始まり、左手に閉じると芝居が終わることを意味していた。これが引幕であり、歌舞伎狂言ではこの幕がことのほか尊ばれ、明治初年に引幕の使用が認められていたのは東京で10座に限られていたという。引幕のうち三色に彩色したものを特に定式幕という。

関連項目[編集]