弘一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
弘一
1880年10月23日—1942年10月13日
Shutong li.jpg
弘一
幼名 李成蹊
李息霜、李岸、李良
法名 演音
晩晴老人
法号 弘一
尊称 弘一法師
生地 清の旗 天津
没地 中華民国の旗 中華民国 福建省泉州
宗派 律宗
了悟和尚
印光大師
弟子 豊子愷
夏丏尊

弘一(こういつ、1880年10月23日—1942年10月13日)は、中華民国詩人禅僧音楽教育者、芸術教育者。本名は李叔同。又名は李息霜、李岸、李良、譜名は文涛、幼名は成蹊、学名は広侯、字は息霜、別号は漱筒。法名は演音、号は弘一と晩晴老人[1][2]仏教徒には「重興南山律宗第十一代祖師」と崇められたという。

略歴[編集]

李叔同の故居。

1880年、天津に生まれる。祖父は李鋭、父の李世珍は吏部主事。李叔同の親は敬虔な仏教徒だった。

1884年(光緒10年)、5歳の時、李叔同の父親は病気で亡くなった。

1885年、李叔同は啓蒙教育を受け始めた。

1887年、常雲荘に師事。李叔同は四書五経金石書道を勉強し始めてから。

1895年、16歳の時、輔仁書院に入学。

1897年(光緒23年)、18歳の時、日本に出国する前に李叔同は母の命令で17歳のときに茶商の娘・兪氏と結婚し子供も3人(1人は夭折)いて。李叔同はピアノを1台買って、音楽作曲を始めた。李叔同は戊戌の変法を支持する。後、城南文社に入った。

1899年(光緒25年)、城南草堂に移り、袁希濂、許幻園、蔡小香、張小楼と並んで「天涯五友」と称される。画家任伯年と上海書画公会を創設。

1901年、南洋公学(現在の西安交通大学上海交通大学の前身)経済特科班に入学、蔡元培に師事。

1903年、と許幻園、黄炎培等人は上海で「滬学会」を設立する。

1905年、李叔同の母親は病気で亡くなった。

1906年、日本の上野美術学校に留学して西洋画を学び、革命活動に関わった。(前期)文芸協会に参加した。秋、芸術団体「春柳社」を創立した。随鴎吟社に入った。

弘一の塔。

1907年(光緒三十三年)、春柳社が2月に『茶花女』(椿姫)、6月に『黒奴籲天録』(アンクルトムの小屋)を上演し、大成功した。この公演が、中国話劇の起点とされる。

1908年(光緒三十四年)、春柳社退社。

1911年、李叔同に日本留学中には日本女性・葉子(映画では雪子)と恋に落ちて結婚し彼女を伴って帰国している。在学中、同級生柏木正賢と仲良く、帰国して後書簡でお互いに画作の研究を行う。同年、李叔同は直隷高等工業学堂で図画教師を務めている。

1912年、城東女学教員、李叔同は文学と音楽の授業をして。南社に入った。

1914年、西泠印社に入った。と呉昌碩「楽石社」を設立する。

1915年、南京高等師範学校図画と音楽教員。寧社を設立する。

1918年、39歳で浙江省杭州の虎跑寺にて出家得度。了悟和尚に師事。9月、杭州の霊隠寺比丘戒を受ける。

1919年、井亭庵に住した。玉泉清漣寺に移り、その後は杭州虎跑に定慧寺を建てて隠居したが、その後も霊隠寺を学ぶ。

1920年の春季、玉泉寺に住した。6月、衢州蓮花寺[要曖昧さ回避]に移り。

1921年3月、温州慶福寺に住した。

1924年4月、三藏寺に住した。5月、普陀山印光大師に師事。

1925年、寧波七塔寺、杭州彌陀寺、定慧寺などで仏教を学ぶ。

1926年、杭州招賢寺に住した。

1927年、杭州常寂光寺に住した。7月、本来寺に移り。

1929年、廈門南普陀寺の閩南仏学院に住した。

1930年、泉州承天寺、慈溪金仙寺、温州慶福寺に仏法を宣揚する。

1931年、寧波法界寺鎮海伏龍寺を遊学、弘一は律宗帰依する。

1933年、妙釈寺、開元寺、承天寺に仏法を宣揚する。

1934年、弘一は廈門南普陀寺の閩南仏学院で律宗教師をしている。

1935年、泉州開元寺、淨峰寺、承天寺に仏法を宣揚する。

1936年、弘一は泉州草庵で療養する。後、南普陀寺に住した。

1938年、承天寺、梅石書院、開元寺、清塵堂、漳州南山寺に仏法を宣揚する。後、温陵養老院に移り。

1939年4月、蓬壺毗峰普済寺に住した。

1940年10月、南安霊應寺に仏法を宣揚する。

1941年、晋江福林寺、泉州百原寺、開元寺に仏法を宣揚する。

1942年、泉州不二祠温陵養老院晩晴室にて示寂。

作品[編集]

音楽[編集]

  • 『祖国歌』
  • 『我の国』
  • 『哀祖国』
  • 『大中華』
  • 『幽居』
  • 『春遊』
  • 『早秋』
  • 『西湖』
  • 『送別』
  • 『落花』
  • 『悲秋』
  • 『晩鐘』
  • 『月』

[編集]

書道[編集]

弘一の書道の早期生まれ変わること魏碑、筆勢変化に富んでいる、逸宕ひらめき。後期は自成型一体、朴野清淡。

著名な作品[編集]

送別(日本語での題は『旅愁』。)
原文 書き下し文 通釈
長亭外、古道邊、  長亭の外(はづれ)、古道の邊(あたり) 町外(はず)れの、古びた道(には)。
芳草碧連天。 芳草碧(みどり)天に連なる。 草花の緑が、地の果てまで続いている。
晩風拂柳笛聲殘、 晩風は柳を拂(はら)ひ笛聲殘(すた)りて, 夕方に吹く風がヤナギの条(えだ)を払うかのように揺らして、笛の音はだんだんと消えて行き。
夕陽山外山。  夕陽は山外の山。 夕日が奥山に(沈もうとしている)。
天之涯、地之角、  天の涯(はて)、地の角(すみ)に, 天の涯(はて)、地の果て(にて)。
知交半零落。  知交半(なか)ば零落す。 友人も、もう半ばは死んで亡くなっていよう。
一觚濁酒盡餘歡、  一觚(こ)の 濁酒餘歡を盡(つく)せど, 一杯の濁醪(どぶろく)で、最後の名残の楽しみを尽くそう。
今宵別夢寒。  今宵別夢寒からん。 今夜は、別れを告げた後の眠りなので、寒々としていよう。

 

脚注[編集]