弘前バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般国道
Japanese National Route Sign 0007.svg
弘前バイパス
路線延長 10.2km
制定年 1969年
開通年 1977年
起点 青森県弘前市堀越河合
終点 青森県南津軽郡藤崎町藤崎
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0102.svg国道102号
Japanese National Route Sign 0339.svg国道339号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

弘前バイパス(ひろさきバイパス)は、青森県弘前市堀越を起点に、南津軽郡藤崎町境の平川橋に至る国道7号バイパス道路である。

弘前市津賀野付近

概要[編集]

起点で石川バイパスと、終点で藤崎町で常盤バイパスと接続する。また、弘前市高田で国道102号黒石バイパスに接続し、黒石市十和田湖方面にアクセスする。

全線4車線である。また、一部の主要道路とは立体交差されている。

弘前市津賀野から堅田の区間の沿道には、ソメイヨシノ366本が植えられ、弘前さくら祭期間(開花状況で変動あり)中は、夜間には桜のライトアップが行われる。読売新聞社選定の「新・日本街路樹100景」(1994年)のひとつに選定されている[1]

路線データ[編集]

  • 全長:10.16km
  • 起点:青森県弘前市堀越河合
  • 終点:青森県南津軽郡藤崎町藤崎
  • 規格:第3種1級
  • 道路幅員:23.5m(一部暫定13.0m)
  • 車線数:4車線(一部暫定2車線

沿革[編集]

  • 1969年度 - 事業化。
  • 1970年度 - 用地買収に着手。
  • 1971年度 - 着工。
  • 1977年まで - 全線暫定2車線で供用開始。
  • 2004年11月18日 - 藤崎町・地内 (0.74km) 4車線化拡幅完成。
  • 2007年3月31日 - 弘前市門外 - 弘前市豊田二丁目間 (1.3km) 4車線化拡幅完成。
  • 2011年4月25日 - 弘前市門外 - 弘前市堀越 (1.3Km) 4車線化拡幅完成。

路線状況[編集]

地理[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 浅井建爾『道と路がわかる辞典』日本実業出版社、2001年11月10日、初版、127頁。ISBN 4-534-03315-X。

関連項目[編集]