弘化谷古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
弘化谷古墳
所属 八女古墳群
所在地 福岡県八女郡広川町広川字弘化谷
位置 北緯33度14分11.9秒
東経130度31分11.4秒
形状 円墳
規模 直径約39m
築造年代 6世紀中頃
埋葬施設 横穴式石室
出土品 耳環、管玉、鉄鏃、土器
指定文化財 昭和53年(1978年)国の史跡
特記事項 装飾古墳
テンプレートを表示

弘化谷古墳(こうかだにこふん)は、福岡県八女郡広川町に所在する円墳である。国の史跡に指定。八女古墳群を構成する1基。

概要[編集]

墳丘直径約39m・高さ約7mを測る2段築成の円墳。周堀・周堤を含めた外径は約55mに達し、当地方では最大の規模を誇る。1970年果樹園造成中に偶然発見された[1]

埋葬施設はやや胴張りのある横穴式石室で、片岩の割石が積み上げられ、内部には埋葬者を安置する石屋形が設置されていた。石屋形の奥壁や側壁には赤や緑色で円文・同心円文・三角文・双脚輪状文・が描かれている[2]。古墳発見時に石室の3分の1は破壊されてしまったが、後に復元整備され、保存施設が建てられ壁画が保護されている[1]

注目されるのは、文様の中に「双脚輪状文」が存在することである。この文様は全国でも4例しか確認されておらず[3]、非常に地域色の強いものである。また、同じく肥後系の内部施設である石屋形の存在も併せて、本古墳の被葬者と肥後地方との強い関わりが考えられる[2]

弘化谷古墳が造営された時期は、石室が単室であるなどの特徴から、八女市の丸山塚古墳よりもやや先行する6世紀中頃と推定されている[2]

現在、隣接する石人山古墳と共に公園として整備されている。石室は春と秋の年2回一般公開されており、またこふんぴあ広川には石室の複製が展示されている[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b 現地説明版
  2. ^ a b c 「岩戸山歴史資料館 展示図録」15頁
  3. ^ 弘化谷古墳以外では熊本県釜尾古墳・横山古墳、福岡県王塚古墳で確認。
  4. ^ こふんぴあ広川 広川町

関連項目[編集]