弘化郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

弘化郡(こうか-ぐん)は中国にかつて存在した郡。

『隋書』や『寰宇記』によれば西魏の時代に設置されたとされる。しかし『北周志』には化政郡と記録され、また北魏献文帝の諱が「弘」であったことより西魏において皇帝諱と重複する「弘化」を郡名に使用することはありえないとする考証もある。『揚州大都督長史王公神道碑』[1]の記録に従い、郡制が施行されたのは周末隋初であったと考えられる。隋朝が成立するとまもなく廃止されている。

下部行政区画[編集]

  • 巖緑県
  • 寧朔県
  • 代名県 - 『隋書』や『元和志』に記載無し。

注釈[編集]

  1. ^ 高祖明遠、雍州大中正弘化郡守司金上士銀青光禄大夫

参考文献[編集]

  • 施和金 『中国行政区画通史 隋代巻』 復旦大学出版社 (2009年)

関連項目[編集]