弥永和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
やなが かずこ
弥永 和子
プロフィール
本名 大塚 和子(旧姓は弥永[1]
(おおつか かずこ[2][3]
性別 女性
出生地 日本の旗 日本 福岡県[2]
死没地 日本の旗 日本
生年月日 (1947-04-14) 1947年4月14日
没年月日 (2014-11-01) 2014年11月1日(67歳没)
血液型 O型[4]
職業 女優声優
事務所 81プロデュース[5]
配偶者 大塚芳忠[6]
公称サイズ([7]時点)
身長 / 体重 156 cm / 49 kg
活動
活動期間 1960年代 - 2014年
ジャンル テレビドラマアニメ吹き替え
声優:テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

弥永 和子(やなが かずこ、1947年4月14日[2] - 2014年11月1日[6])は、日本女優声優81プロデュースに所属していた[5]福岡県出身[2]

略歴[編集]

福岡県立浮羽高等学校(現:福岡県立浮羽究真館高等学校)卒業[8]1963年の第11期東映ニューフェイスに合格し、東映へ入社。同期には堀田真三島ひろ子がいる。その後、文学座第10期研究生を経て[2]同人舎プロダクション[9]賢プロダクション[10]江崎プロダクション[11]81プロデュースに所属していた[2]

2014年11月1日、敗血症のため死去[6]。67歳没。

人物[編集]

洋画吹き替えではシガニー・ウィーバージェイミー・リー・カーティススーザン・サランドンを多く担当していた。

夫は声優大塚芳忠[6]。『特捜刑事マイアミヴァイス』『フルハウス』『ジャッキー・ブラウン』には夫婦で声の出演をしている。

趣味・特技はゴルフ[5]

後任[編集]

弥永の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 動機
  • 表裏源内蛙合戦
  • 珍訳聖書
  • マリリンモンロー

テレビアニメ[編集]

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1988年

1990年

1994年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2003年

2004年

2008年

2011年

OVA[編集]

1985年
1986年
1988年
1990年
1992年
1994年
1996年
1999年
2002年
2006年
2009年
  • TO(タチアナ)

劇場アニメ[編集]

1973年

1979年

1983年

1984年

1991年

ゲーム[編集]

1998年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2007年

2008年

2010年

2011年

2013年

ドラマCD[編集]

1995年

吹き替え[編集]

女優[編集]

洋画[編集]

海外ドラマ[編集]

海外アニメ[編集]

人形劇[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『'89 芸能手帳タレント名簿録』連合通信社・音楽専科社、1989年、244頁。
  2. ^ a b c d e f 『日本タレント名鑑2004』VIPタイムズ社、2004年、753頁。ISBN 978-4990124229。
  3. ^ 『声優名鑑』、298頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  4. ^ “弥永和子”. Excite News. エキサイト株式会社. https://www.excite.co.jp/news/dictionary/person/3755430/ 2020年1月14日閲覧。 
  5. ^ a b c 弥永和子 - 81プロデュースの公式サイト
  6. ^ a b c d “弥永和子さん 敗血症で死去”. デイリースポーツ (デイリースポーツ). (2014年11月4日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/11/04/0007475303.shtml 2014年11月4日閲覧。 
  7. ^ 『日本タレント名鑑(2014年版)』VIPタイムズ社、2014年1月30日、757頁。ISBN 978-4-904674-05-5。
  8. ^ 『日本タレント名鑑(2005年版)』VIPタイムズ社、2005年4月1日、729頁。ISBN 978-4-9901242-3-6。
  9. ^ 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、107頁。
  10. ^ 『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』近代映画社、1985年、165頁。
  11. ^ 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、553頁。ISBN 4-87376-160-3。
  12. ^ ブロッカー軍団IVマシーンブラスター”. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。
  13. ^ “ブレーメン4 地獄の中の天使たち”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/58.html 2016年5月3日閲覧。 
  14. ^ 装甲騎兵ボトムズ”. メディア芸術データベース. 2017年2月11日閲覧。
  15. ^ Z.O.E Dolores, i”. メディア芸術データベース. 2017年1月27日閲覧。
  16. ^ コール オブ デューティ ゴースト[吹き替え版] 主要キャスト”. コール オブ デューティ ゴースト オフィシャルサイト. 2014年1月20日閲覧。
  17. ^ アバター”. 日曜洋画劇場. 2016年7月21日閲覧。
  18. ^ 新・猿の惑星”. WOWOW (2016年6月24日). 2016年7月25日閲覧。