弦楽四重奏曲第14番 (ショスタコーヴィチ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

弦楽四重奏曲第14番嬰ヘ長調Op.142は、旧ソ連の作曲家、ショスタコーヴィチの書いた弦楽四重奏曲である。1973年に作曲された。12, 13番と短調の曲であったが、この曲は後期の曲の中では明るい曲想を持つ。ベートーヴェン弦楽四重奏団のチェリスト セルゲイ・シリンスキーに献呈されている。

初演[編集]

1973年11月12日レニングラードでベートーヴェン弦楽四重奏団によって初演された。

曲の構成[編集]

  • 第1楽章 アレグレット
  • 第2楽章 アダージョ
  • 第3楽章 アレグレット - アダージョ

演奏時間は約25分程度。

編成[編集]

参考文献[編集]

  • 全音楽譜出版社の総譜および付属解説
ドミートリイ・ショスタコーヴィチ弦楽四重奏曲
第1番 - 第2番 - 第3番 - 第4番 - 第5番 - 第6番 - 第7番 - 第8番 - 第9番 - 第10番 - 第11番 - 第12番 - 第13番 - 第14番 - 第15番