弦楽四重奏曲第78番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

弦楽四重奏曲第78番変ロ長調op.76-4は、オーストリアの作曲家、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンによって、1797年に作曲された弦楽四重奏曲である。第1楽章の冒頭が太陽が昇ってくる様子を連想させるので、「日の出」という副題で呼ばれることが多い。

作曲の経緯については、「エルデーディ四重奏曲」の項を参照のこと。

構成[編集]

  • 第1楽章 Allegro con spirito
ソナタ形式
  • 第2楽章 Adagio
  • 第3楽章 Menuet: Allegro
  • 第4楽章 Finale: Allegro ma non troppo
快活な主題をもった三部形式

関連項目[編集]