張南

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

張南(ちょうなん)は、


蜀漢の人物[編集]

張 南(ちょう なん、? - 222年)は、中国後漢末期から三国時代の蜀漢の武将。文進。蜀書先主伝・楊戯伝(季漢輔臣賛)・陸遜伝などに散見される。

劉備の荊州時代から仕えた家臣。221年夷陵の戦いに副将として従軍した。しかし翌年、呉軍と戦って大敗し、指揮官の馮習と共に戦死した。

後漢末期の人物[編集]

張 南(ちょう なん、生没年不詳)は、中国後漢末期の人物。武帝紀・袁紹伝に散見される。

当初は袁煕に仕えた。 曹操が袁尚を追って、幽州の袁煕勢力圏まで攻めて来た際、袁煕を裏切って焦触とともに袁兄弟を遼西に追放した。曹操に降伏後、列侯に封じられた。

三国志演義での扱い
小説『三国志演義』では、その後日談が描かれている。
曹操に従って赤壁の戦いに参加。緒戦において、「水軍の心得がある」ということで焦触とともに出陣するが、呉の韓当周泰に敗北し討ち取られている。