張宗之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

張 宗之(ちょう そうし、428年 - 496年)は、北魏宦官は益宗。本貫河南郡鞏県

経歴[編集]

張孟舒の子として生まれた。緱氏県の宗文邕が伊闕で反乱を計画し、張孟舒らを脅して従わせた。宗文邕が敗れると、張孟舒は逃亡し、宗之は魏軍に捕らえられて都の平城に連行され、腐刑を受けた。忠実さを評価されて、抜擢されて侍御中散となり、鞏県侯の爵位を受けた。右将軍・中常侍となり、儀曹尚書と庫部尚書を歴任し、中秘書を兼ね、爵位を彭城公に進めた。次いで散騎常侍・寧西将軍・東雍州刺史として出向した。後に入朝して内都大官となり、さらに散騎常侍・鎮東将軍・冀州刺史に任じられた。492年太和16年)、爵位を降格されて侯とされた。496年(太和20年)、死去した。享年は69。建節将軍・懐州刺史の位を追贈された。は敬といった。

伝記資料[編集]