張廷孟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
張廷孟
Photos surrender Japan WWII cropped.jpg
日本の降伏文書調印式に参加する張廷孟(右一番目)
生誕 1908年11月15日[1]
清の旗 山東省青島市
死没 (1973-05-05) 1973年5月5日(64歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所属組織 Republic of China Air Forces Flag (1937).svg 中華民国空軍
最終階級 空軍中将
テンプレートを表示

張 廷孟(ちょう ていもう / チャン・ティンメン、张廷孟)は、中華民国空軍軍人は紹孔。

経歴[編集]

嶗山の漢河村出身。本籍は即墨区[2][3]1925年1月、黄埔軍官学校第3期歩兵科入学。同期にのち空軍副司令となる毛邦初

1926年12月、広東航空学校第2期卒業。半年後、ソ連ボリソグレプスクロシア語版の第2航空学校(現V・P・チカロフ名称ボリソグレプスク航空乗組員訓練航空センターロシア語版)に留学[3]

1929年6月、中央陸軍軍官学校航空班飛行教官[4]

1930年1月20日、軍政部航空第2隊隊長[5]中原大戦に参加。

1932年7月16日、軍政部航空第6隊隊長[6]

1933年7月18日、軍政部航空第4隊隊長[7]

1935年9月7日、空軍中校[8]

1936年10月、空軍第2大隊長[9]

1937年7月、天津支隊指揮官[10]。しかし日本軍の攻撃を抑えることは出来ず、7月30日に天津は占領される。8月5日、上海警備のため信陽[11]、続いて広徳への移駐を命じられる。8月14日、副隊長の孫桐崗主導で上海の日本軍陣地への爆撃が行われるが、租界内の民間人を多数巻き添えにする失態を犯した。

1937年11月、空軍前敵総指揮部轟炸司令[12]。翌年3月の前敵総指揮部解体以降はソ連空軍志願隊との連絡業務や参謀職に就いていたと思われるが、実質的に左遷であったようで、4月29日の漢口鬼王空戦時点では張廷孟より後に第1大隊長になった邢剷非にすら反論できない立場であった[13][14]

1938年5月、空軍第1路司令官[15]

1940年12月5日、空軍上校[16]

1941年4月、空軍総指揮部参謀長[17]

1943年2月、航空委員会主席参事[18]。同年、空軍第1路司令[19]。11月5日、桂林にて成立した中美空軍混合團中方司令(美方司令はウィンスロー・キャロル・モース大佐)[20]

1945年9月9日、南京の中央軍官学校大礼堂にて行われた中国戦区における日本の降伏調印式に空軍代表として参加[21]。9月14日、台北松山飛行場に赴き、台湾における機材接収業務の準備を行う[22]

1946年9月、第1軍区司令官[23]

1948年3月1日、空軍総司令部諮議室主席諮議官[24]

1948年9月22日、空軍少将[25]

台湾に退避後は中華民国総統府戦略顧問などを務めた。軍を退役後はアメリカに移住。

その他[編集]

当時志願隊の政治委員であったアンドレイ・リトフ大隊政治委員(のち空軍上級大将)は、回想録「五洋の騎士」(ロシア語: Рыцари пятого океана)で、華北出身で第2航空学校を卒業し、ロシア語が話せる「チャン大佐」(полковник Чжан)なる人物が共同作戦を行うため志願隊に出向して来たと述べており、張廷孟の事と思われる。

東洋人では珍しく長身かつスマートな体格とされ、国際第14大隊のパイロットと交渉するなど志願隊のサポートに全力を尽くす反面、夜間着陸ではリトフにしがみ付いていたり、麻薬の蔓延るスラム街に憤ったリトフにあきらめ気味な言葉を返すなど[26]、親切だがどこか小役人的なコメディリリーフ的人物として描かれている。

栄典[編集]

出典[編集]

  1. ^ 陸海空軍軍官佐任官名簿 Part3 (PDF)” (中国語). 臺灣華文電子書庫. pp. 136. 2018年2月27日閲覧。
  2. ^ 衣復恩. “我的回憶 (PDF)” (中国語). 立青文教基金會. 2017年11月16日閲覧。
  3. ^ a b c 現役軍官資績簿 第三冊 (PDF)” (中国語). 臺灣華文電子書庫. pp. 82. 2018年5月21日閲覧。
  4. ^ 国民党中央航空学校教育系统与管理体制述略 (PDF)” (中国語). pp. 56. 2017年11月17日閲覧。
  5. ^ 国民政府広報第374号 (PDF)” (中国語). 中華民国政府官職資料庫. 2017年10月26日閲覧。
  6. ^ 国民政府広報洛字第14号 (PDF)” (中国語). 中華民国政府官職資料庫. 2017年10月26日閲覧。
  7. ^ 国民政府広報第1186号 (PDF)” (中国語). 中華民国政府官職資料庫. 2017年10月26日閲覧。
  8. ^ 国民政府広報第1840号 (PDF)” (中国語). 中華民国政府官職資料庫. 2017年10月26日閲覧。
  9. ^ 盧(1974)、p.66
  10. ^ 盧(1974)、p.93
  11. ^ 王德中. “抗战初期的华北空中战场 (PDF)” (中国語). 《抗日战争研究》1995年第2期. 2017年10月27日閲覧。
  12. ^ 盧(1974)、p.185
  13. ^ 何邦立 (2015). 筧橋精神 ―空軍抗日戰爭初期血淚史. 國家書店. pp. 132. 
  14. ^ 中山雅洋『中国的天空〈上〉―沈黙の航空戦史』大日本絵画、2007年、333頁。
  15. ^ 盧(1974)、p.204
  16. ^ 国民政府広報 渝字第316号 (PDF)” (中国語). 政府広報資訊網. 2017年10月26日閲覧。
  17. ^ 盧(1974)、p.247
  18. ^ 盧(1974)、p.260
  19. ^ 盧(1974)、p.267
  20. ^ 马毓福. “抗日战争期间的中美空军混合团 (PDF)” (中国語). 军事历史 1996年第3期. 2017年10月27日閲覧。
  21. ^ 盧(1974)、p.278
  22. ^ 臺灣文献季刊 66卷第3期 (PDF)” (中国語). 國史館臺灣文獻館. 2017年10月27日閲覧。
  23. ^ 盧(1974)、p.288
  24. ^ 国民政府職官年表 (PDF)” (中国語). 中央研究院近代史研究所. pp. 176. 2017年10月26日閲覧。
  25. ^ 総統府広報第107号 (PDF)” (中国語). 政府広報資訊網. 2017年10月26日閲覧。
  26. ^ Рытов А.Г. Рыцари пятого океана” (ロシア語). Военная Литература. 2017年10月27日閲覧。
  27. ^ 国民政府広報渝字第698号 (PDF)” (中国語). 政府広報資訊網. 2017年10月26日閲覧。
  28. ^ 国民政府広報渝字第701号 (PDF)” (中国語). 政府広報資訊網. 2017年10月26日閲覧。
  29. ^ 国民政府広報渝字第828号 (PDF)” (中国語). 政府広報資訊網. 2017年10月26日閲覧。

参考文献[編集]

  • 盧克彰編著『空軍建軍史話』空軍總部政治作戰部、1974年。
軍職
先代:
欧陽璋
航空第2隊長
第3代:1930.1.20 - 1932.7.16
次代:
石邦藩
先代:
黃毓沛
航空第6隊長
第3代:1932.7.16 - 1933.7.17
次代:
金雯
先代:
楊鶴霄
航空第4隊長
第3代:1933.7.17 - 1936.10?
次代:
王振五?
先代:
なし
航空第2大隊長
初代:1936.10 - 1938.3
次代:
金雯
先代:
楊鶴霄
空軍第1路司令官
初代:1938.5 - 1939?
第7代:1943.6 - 1946.9?
次代:
なし