張承 (後漢)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

張 承(ちょう しょう、生没年不詳)は、中国後漢末期の政治家。公先司隸河内郡修武県の人。祖父は張歆(司徒)。父は張延(太尉)。兄は張範[1]。弟は張昭(張昭とは別人)。子は張戩。『三国志』魏書張範伝に付伝する形で紹介されている。

略歴[編集]

張範と共に名を知られた。方正として召し出されて議郎に任命され、後に伊闕都尉へ転任した。董卓が政権を握るとこれに反発し挙兵を図ったが、張昭に諌められたため、官を辞して張範と共に揚州へ逃れた。

張範は袁術に招請されるとそれを拒み、張承を代理の挨拶のために赴かせた。領地の広さ・領民の多さを誇る袁術に対し、張承は「分不相応な真似をされ、時勢に逆らって行動し、民衆に忠誠を断たれたなら、誰が功業を打ち立てられましょう」と批判した。また、曹操袁紹に敵わないと主張した袁術の見識を否定し、曹操を擁護した。このことで袁術が不機嫌になったため、張承は彼のもとを辞去した。

曹操は冀州を平定すると、使者を派遣して張範を迎えさせた。しかし張範が病気であったため、張承が代わって曹操の元へ赴き、諫議大夫に任命された。が藩国として建国された当初、張承は丞相参軍祭酒と趙郡太守を兼任し、教化を大いに行き渡らせた[2]。曹操が西方に軍を向けると参軍事として同行したが、長安で病のため没した[3]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 他にも兄弟がいる可能性がある。
  2. ^ 曹操が魏公就任を辞退した際、その受諾を勧める上奏文に、張承は祭酒として名を連ねている。よって魏建国以前から、張承は参軍祭酒に就任していると分かる。
  3. ^ 曹操の西征を張魯討伐時とすれば、215年になる。