張陽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
張 陽
生誕 1951年8月
中華人民共和国の旗 中国 河北省武強県
死没 2017年11月23日(2017-11-23)(66歳)
中華人民共和国の旗 中華人民共和国 北京市
所属組織 中国人民解放軍陸軍
軍歴 1968年 - 2017年
最終階級 上将
テンプレートを表示
張陽
職業: 軍人
各種表記
繁体字 張陽
簡体字 张阳
拼音 Zhāng Yáng
和名表記: ちょう よう
発音転記: ジャン ヤン
テンプレートを表示

張 陽(ちょう よう、1951年8月 - 2017年11月23日)は、中華人民共和国の軍人。階級は上将

広州軍区政治委員、中国共産党中央軍事委員会委員、国家中央軍事委員会委員、中国人民解放軍総政治部主任、中央軍委政治工作部主任を歴任。胡錦濤派として知られ、続く習近平政権の“お目付け役”として期待されていたとする見方がある[1]

経歴[編集]

出身地は河北省武強県[2]国防大学基本係、中国共産党党校行政管理専門を卒業[2]

1996年、第163師団政治委員に任命。2000年、広州軍区第42軍集団政治部主任に任命され、2002に軍集団政治委員に昇格する[2]

2003年2月28日、全国人民代表大会代表に選出された。

2004年12月、広州軍区政治部主任[2]、および中国共産党広州軍区委員会常務委員に任命。

2006年7月、中将に昇格。

2007年9月、広州軍区政治委員[2]、および党広州軍区委員会書記に任命。

2007年10月、第17回党大会において中央委員会委員に選出された[3]。2010年7月、上将に昇格[2]

2012年10月、中国人民解放軍総政治部主任に任命。

2012年11月、第18回党大会において中央委員会委員に選出され[4]、11月15日の第18期党中央委員会第1回総会において党中央軍事委員会委員に再選出された[5]

2013年2月、解放軍代表として第12期全人代代表に選出され[6]、3月15日の第12期全人代第1回会議において中華人民共和国中央軍事委員会委員に選出された[7]

2016年1月、総政治部が改組されて党中央軍事委員会政治工作部が新設され、引き続き政治工作部主任に任命された[2]

2017年8月30日、郭伯雄徐才厚関連の規律違反の疑いにより拘束される[8]。同年11月23日に自宅で首吊り自殺を図り死亡した[9][10]

2018年10月16日、中共中央は張の党籍を剥奪すると決定した[11]

脚注[編集]

  1. ^ 中国軍元高官が自殺 規律違反で調査中 習氏の軍掌握影響も 産経ニュース 2017年11月28日
  2. ^ a b c d e f g 原総政治部主任張陽上将任新組建的軍委政治工作部主任」 『澎湃新聞』 2016年01月11日 (中国語)
  3. ^ 中国共产党第十七届中央委员会委员名单 (中国語)
  4. ^ 中国共产党第十八届中央委员会委员名单 (中国語)
  5. ^ 中国共产党第十八届中央委员会第一次全体会议公报 (中国語)
  6. ^ 全国人民代表大会常务委员会公告〔十一届〕第四十七号 (中国語)
  7. ^ 中华人民共和国全国人民代表大会公告[十二届]第四号 (中国語)
  8. ^ 中国、胡錦濤派の軍首脳2人を拘束 規律違反の疑いで 産経ニュース 2017年9月1日
  9. ^ “张阳自杀身亡”. 新华网. (2017年11月28日). http://news.xinhuanet.com/politics/2017-11/28/c_1122023059.htm 2017年11月28日閲覧。 
  10. ^ “中国で軍の前政治工作トップが自殺=汚職で調査中”. 時事通信. (2017年11月28日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2017112800628&g=int 2017年11月28日閲覧。 
  11. ^ 中共中央决定给予房峰辉、张阳开除党籍处分 (中国語)
 Flag of the Chinese Communist Party.svg 中国共産党
先代:
総政治部より改組
中央軍委政治工作部主任
2016年 - 2017年
次代:
苗華
People's Liberation Army Flag of the People's Republic of China.svg 中国人民解放軍
先代:
李継耐
中国人民解放軍総政治部主任
2012年 - 2016年
次代:
政治工作部に改組
先代:
楊德清
広州軍区政治委員
2007年 - 2012年
次代:
魏亮